fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

みくり桑でミニ宴会(4)@西院

2023
15
こちらのネタを書いた際に、1か月先の予約を入れておいたお気に入りフライ物割烹、「みくり桑」。食材の仕入れでお料理ラインナップが頻繁に変更されるのと、種類も豊富なので2人では食べられないほどの種類食べたいね!と4人集めることにしたのだ。
もう4回目の訪問なのですが、御店主に「炭火焼で、何か魚系の美味しいものお願いしますね!」と前々日の予約確認の際、電話でお願いしておいて、やってきた土曜日の18:00チョイ前。

みくり桑_2302_01

またまた直前まで壬生のはなの湯でだらだらしていたのですが、徒歩15分ほどで到着。ご店主に本日はよろしくお願いいたします!ということに。当日は、二階席に小さいお子様を含む一族郎党グループ客が1組、もう一組4人組ぐらいが入っているので、カウンターは空席営業で満席です!という状況。いやはや、ディナー使いでも知る人ぞ知るお店になっておりますなあ。時間通りに、お誘いしたお二人も到着し、ゆるゆるとスタート!なのだ。

みくり桑_2302_03

で、当日メニューがこちら。二品、メニューに無い隠し玉をお願いしているので、作戦会議の後、今日はしっかり食べましょう!と、7品ほどを先行注文。

みくり桑_2302_04

お酒メニューはこちら。概ね普段のラインナップなのですが、メニューには無いものもあったような(今回、4人なので非常に色々な種類のお酒を呑んだので、写真を忘れている状況)

みくり桑_2302_05

で、いつものように瓶ビール(スーパードライ)からゆるゆるとスタートなり。多分、今年2回目ですな、こういう場を月に1回ぐらいは持ちたいなあ!と思いつつ。

みくり桑_2302_06

突き出しは、銀杏、それに丸いのは薄焼き玉子でくるんだばら寿司。小鉢の中にはあさり山椒煮をクリームチーズと合えたものという、間違いなく呑める一品が。それなら!と・・・

みくり桑_2302_07

各自、1種類づつ頂いたような。結局日本酒はこれともう1杯ぐらいで、あとは好きなモノを!と言う作戦。久々のメンバーだったので、話が超弾み、且つ二階のお客様が居るのでお料理の進行は超ゆったりペース。吞みながら、なんだか超ゆったりさせてもらいました。

みくり桑_2302_08

で、早速2回目のカンパーイ!というわけで。グラスがお洒落ですが、多分120ccぐらいではないかと。自分の呑んでいる分は覚えていて、私は京丹後は白杉酒造謹製「白木久 ブラック・レーベル ブリリアント 純米吟醸 無濾過生原酒 」を呑んだような。

みくり桑_2302_09

お料理一品目から、皆のハートを鷲掴みされた「但馬牛100%ミンチカツ」なり。御店主に今から捏ねるので、小さいの4つでも大きいの2つでもどちらでも!ということだったので、大きめでお願いしたのですが、これが大大大正解。いやはや、ちゃんと火は入っているのに超レア感のある、過去食べたことが無い柔らかさ、ジューシーさ。全員、ウマー!以外の言葉は無いのだ。

みくり桑_2302_10

で、更に揚げ物系から、「でっかい海老フライ」なり。箸で持ち上げると、ちょっと驚くほどの重量感で身がパンパンに詰まっていることが分かりますな。

みくり桑_2302_11

お刺身用の豆皿に乗せるとちょっと面白い絵に。小皿を出して頂いて齧り付くのですが、ぐりぐりんの歯を弾き返すような食感&海老味濃厚!で美味しい。¥1400/匹なのですが、全然大納得。

みくり桑_2302_13

牡蛎のエスカルゴバターなり。これも非常に大きな身でブリブリとした食感。バター味濃厚なのですが、これも日本酒でも全然合いそうなお味でした。んで、更に!

みくり桑_2302_14

この流れで、鰻の白焼きが出てくるのは面白いですなあ。結構大きめサイズ。

みくり桑_2302_15

皮目だけしっかり目に塩をし、身には味を乗せずに山葵で頂く趣向。非常に肉厚で脂の乗った良い鰻で皮はパリパリ、身はしっとりと。更に・・・

みくり桑_2302_22

蒲焼きもスタンバイ。正に割烹で食べるフレッシュなタレのあっさりした鰻と言う感じですな。アテ的には先の白焼きのほうが呑めるかも!と思いつつ、これも美味しく頂きました。いやー、ウマ! で、このあたりで既に入店1時間30分が経過。

みくり桑_2302_16

ころんと可愛らしいサイズのコロッケは、蟹と蟹味噌のクリームコロッケなり。

みくり桑_2302_17

蟹味が非常に濃厚なのにくどくない味付け。衣はサックリ、中はとろとろ。二口ぐらいでぱっくりと。

みくり桑_2302_18

再び、海鮮系の炭火焼に。入店した時に御店主から「小さい目の河豚の白子が3腹あるので、西京味噌に漬けてあるけど、食べられます?」と確認され、速攻で食べます!食べます!ということに。味噌につけてあるので少々水分が抜けて更に濃厚度合いが増すのですな。これまた乙な味で美味しい。
で、通常なら日本酒!なのですが、記憶をたどると、グラスビール→日本酒→レモンチューハイ→再び日本酒→白ワイングラスとチャンポンの極みで進行中。白ワインでも全然OK!でした。

みくり桑_2302_19

4人ともネタ在庫が豊富なのでおしゃべりは尽きないのですが、いつもお世話になっているDRMさんの靴が京都ならでは!系だったり。

みくり桑_2302_20

前回、自家製の固く干し固めていないフレッシュ感のあるカラスミを頂いて、これは旨いであろう!と注文したカラスミ餅。明太子のような粒粒感で旨味の方向性は同じだと思うのですが、味濃度は一段濃い感じで餅に激しく合う!のですな。

みくり桑_2302_21

もうお料理はラストですかね?と確認したら、これが伝票に残っていたのだ。みくり桑のスペシャリテの超レアなヘレカツ。当日は兵庫県養父市のブランド豚、「八鹿(ようか)豚」を採用。
相変わらず、ギリギリの火入れなのですが非常に柔らかく、レア豚好きなら無条件に旨い!と言いそうなお味ですな。自家製トンカツソースとともに。

で、ヘレカツで〆になるかなあ!と予想していたら、やっぱり〆はお願いしようと意見一致。で、またまたこれで〆たのだ。

みくり桑_2302_24

4人で一皿だったので四切れに切り分けてくれたカツサンド¥1600なり。お値段は仕入れ連動変動制のようですな。しかし、このボリューム感!

みくり桑_2302_25

これも自家製のトマト味しっかり系トンカツソースと一緒にカツを挟んでいるのですが、一切れで大大大大大満足!。 甘酸っぱいソースと超肉厚ロースカツのハーモニーにうっとり。

以上で結局22:00チョイ前までのんびりさせて頂いた4時間一本勝負!という超だらだら呑み。少なくとも4人で20杯超、25杯近く呑んでいるのではないかと思われるのですが¥14000/人!という大大大大大納得価格でビックリ。この内容なので全然OK!と言う感想。
揚げ物が間違いないのですが、前回食べた鰤が超旨かったので、焼いた魚も間違いないであろう!と思ったのですが大正解でした。また機会を作って、4人ぐらいでのんびりやりたいと思います。挑戦者求む!なのだ。




◆みくり桑
住所:京都市右京区西院西高田町2-4
営業時間:11:30〜14:00 LO13:30 17:30〜23:00 LO22:30 水休
TEL:080-4984-0390


関連記事

3 Comments

YKP  

真剣においしかったです!

ステキな会をありがとうございました!!どのお料理も美味しくって早くも自分の今年1位?が確定してしまいそうでびっくりですw
(次回は海老にタルタルつけてみたいです〜)

メニューに載ってなかったお酒は、白杉酒造 光芒だったような?(私も写真撮り忘れちゃいました・・)

2023/02/15 (Wed) 23:02 | EDIT | REPLY |   

suika_cotaro  

いやー、よかったですよねえ!

うかっとコメントが付いているのをまた見落としておりました、すみません~。

そもそもレギュラーメニューも美味しいものばかりなのに、人数を集めると普段と違うお料理を提案してくれるお店は楽しいですよねえ。
和割烹系の人気店で同じくらいの満足度のお店なら、もうちょっと予算上積みが必要でしょうな。また、こういうのを企みますのでぜひ! 次回はとりあえず鰻ですな。

とはいえ、エビフライにタルタルは欲しいですね!

2023/02/21 (Tue) 21:08 | EDIT | REPLY |   

YKP  

震えてます笑

エビは塩でも十分に美味しかったですが、自家製タルタルに引かれますので、ぜひ!!

鰻は久しぶりすぎて震えました。もう次回の鰻に備えて身震いしております 笑

私もそろそろ会の主催を再開かしらーーとも思案中ですので、とりあえず、4月の試験を乗り切ったらいろいろ計画いたしますっ!

2023/02/23 (Thu) 20:27 | EDIT | REPLY |   

Add your comment