fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

創作料理 壮樹@木屋町四条

2023
24
またまたTwitter方面からの情報で、木屋町四条にある創作料理系お洒落居酒屋さんの料理写真にビビビ!ときて、速攻で予約を入れたのがテレワーク業務完了後の水曜日夜18:30。次の日は天皇誕生日でお休みなので、ゆったりさせてもらうおうとやってきたわけで。

壮樹_2302_01

お店の名前は「創作料理 壮樹」(そうじゅ)。場所は木屋町四条を100mほど上がったところ。木屋町通に面した路面店でこういうファサードですので、それなりにお高そう!に見えるのですが、なかなかどうして使い勝手良好店だとの情報。わくわくと店内に。

壮樹_2302_02

入り口から入って小上がり座卓席が3つ。奥側にキッチンとカウンター席が6つ。奥に4人掛けテーブル席が1つというこじんまり空間。2020年4月というコロナ第一波真っただ中ぐらいに開店されたお若いお店なのだ。入店時は小上がりに3人組が1組だけで我々が2組目。カウンター席の端っこに入れてもらう。なかなか雰囲気のある感じですな。

壮樹_2302_03

予約時間よりちょっと早かったので、相方が登場するまでサッポロ生ビール¥500(以下、税込み価格)を頂きつつ、まわりをきょろきょろと観察。スタッフ含め、皆さんお若いですな。カウンター内に3名、ホール担当2名で運営中。

壮樹_2302_04

メニューはA4サイズ両面にごらんの密度でびっしり。和洋中韓、ある種脈略無く、美味しいものは色々と出しましょう!というような方針だとお見受けしました。

壮樹_2302_05

いやはやしかし!なんだか壮観。メニューを検討していると相方が登場し、これは超悩むよねということに。こういう選べないときは「お店のオススメ」に乗っかるのが王道なので、先に盛り合わせでお刺身をお願いし、オススメ系を中心にオーダーする。

壮樹_2302_06

暫しの後、盛り合わせでお願いしたお刺身がババーンと登場。奥ら時計回りで、皮をさっと炙った鰆、カンパチ、鯛に鮪が各4貫。盛り込みも綺麗ですし、どのお刺身も平均点は楽々クリア!これは程よいエージングとにっこり。これはちょっとした割烹レベルですな。このお料理を見て、これはそれなりな支払いになるよなあ!と思ったのですが、居酒屋さんのように帰りに伝票がちゃんともらえる、界隈のお店では珍しい形態で、こちらが¥4000なりでした。全然納得の質、量。

で、更にこれは凄いやとビックリしたのが・・・

壮樹_2302_08

今日は良い雲子がありますよ~とのことで、相方リクエストで天ぷらに。これも驚くほどのとろけ具合。結構京都市内の色々なお店で食べるのですが、ほぼ最上クラスのさっくり、トロトロさでした。超絶旨!

壮樹_2302_07

これは日本酒にスイッチ!ということに。通常ラインナップは、玉川、酔鯨、杜氏鑑、刈穂で一合¥900ぐらいという良心的価格設定なのですが、アルコールサーブ担当のお姉さんに「これ以外になにかあります?」と確認し、限定モノに弱い我々は、こちらをチョイス。愛知は山忠本家酒造「義侠 磨き60 純米生原酒 特A山田錦」なり。いやー辛口の旨口ですな。ウマー!な¥1200/合でした。

壮樹_2302_10

で、どこででもポテサラ食べる家族ですので、メニューにそういうのは無いか!と確認するのですが、ずばりポテサラはないようなので、こちらの「クリームポテコロサラダ」¥1000を注文したのですが、これが超当たり!

壮樹_2302_11

水菜やベビーリーフの上に、揚げたての熱々クリームポテトコロッケと温泉玉子、更にフリーズドライなのか素揚げなのかカリカリの野菜チップが乗っていて、良くマゼマゼして頂く趣向なのですが、アツ冷たいお料理でこれが美味しい。オススメいたします。

壮樹_2302_09

で、高知の「酔鯨」¥850にスイッチし・・・

壮樹_2302_12

人気№2!と書いてあった、デミグラスミンチカツ¥1200がババーンと登場。ちゃんと4等分にしてくれているのだ。野菜のピュレ感が強めの甘口且つビター感控えめ軽やか系デミグラスソースが肝なのですが、これも確かに人気があるでしょうな。相方共々ニッコリ。

壮樹_2302_13

更に人気№1!のプリプリエビマヨは一本単位で注文でき、¥700/1本なり。

壮樹_2302_14

そのまま食べられる皮付海老を揚げてあるのですが、たしかに非常~にプリプリ。サイズも御覧の通り。あなたがマヨラーなら、間違いのない逸品。

壮樹_2302_15

で、先ほど義侠を見せて貰った時、一緒に見せて貰った高知は西岡酒造店謹製「久礼(くれ) 特別純米 手詰直汲み 無濾過生原酒」¥1200/合を追加注文。これも辛口なのに味は濃い目。荒走りのようなのですが、なんと18°!もある危険な一品。

このあたりで入店1時間30分経過。次の日が祭日の平日ということもあるのですが、びっちり満席!で恐れ入るのですな。こういう若い人が好きそうなメニュー編成なので、客層はほぼ40代ぐらいかな?と言う感じで、わいわいと想像以上に賑やかな店内なのだ。

壮樹_2302_16

更に人気№3!の帆立とズッキーニのバター醤油焼で¥2200なり。帆立貝柱がかなり巨大サイズですが、大味では無く期待通りに味密度が超濃厚。それを濃すぎないレベルでさっとバター醤油焼にしてあるので、旨くないわけがない!(二重否定)なわけで。いやはや、これもオススメですなあ。

壮樹_2302_18

そろそろお腹も良い感じになっていたので、魅惑の〆メニューを確認。が、相方はご飯物や麺類がもういいかなあ?ということなので、それなら!と先ほどから、キッチン内で何個も揚げられて旨そうな香りを店内に振りまいているアレ!で〆ようと意見一致。

壮樹_2302_17

キーマカレーの春巻き¥1200なり。サクサクの春巻きの皮の中には、ミンチ肉のカレー餡がぎゅうぎゅう詰め。そんなに辛くしていない味付けですが、これまた非常~に美味しいですな。なんだか良い〆になりました。

以上で〆て、生ビール1にハイボール1、日本酒3合とそれなりに吞んで、〆て¥17000チョイでした。ま、場所が場所だけにこの設えなら全然想定範囲内。いやー旨かった! 気が付いたら、注文したお料理7種類中、揚げ物5種類!と言う結果だったのですが(滝汗)、お料理にメリハリがありつつも、外れメニューがまったく無いのが凄いです。

最近、新しい発見や気づきが色々とあるので、意識的にこういう若い人がやられているお店に狙ってやってきているのですが、期待通りに面白いお店でした。間違いなく、また思い出したら再訪すると思います~。御馳走様!




◆創作料理 壮樹 (Creative cuisine SOJU)
住所:京都市中京区四条木屋町上ル鍋屋町217 弥栄ビル 1F
営業時間:17:00~24:00 不定休
TEL:075-744-1660
関連記事

0 Comments

Add your comment