fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

川新うなぎセンター@三重県松阪市

2023
14
コロナ渦中、三重県が2時間以内で車移動可能な近場であることが分かり、第二名神で遠出するのが楽しくなったのですが、そのおかげで三重県内鰻屋さん回りも我が食べ歩きテーマの1つに。で、久々に新しいお店を開拓しよう!ということに。

今回のきっかけは、我がFB友に、休日鰻ランチ&買い物で三重ドライブなんてどうですか!とお誘いしたので、その移動時間の把握を兼ねて三重ドライブということに。本番は1週間後で、鰻店は4人で予約可能な松阪市内のお店で既に予約済。(基本、三重の鰻屋さんは予約OKのお店の方が少ないですな・・)で、そちら迄の移動時間をチェックし、今回は、別のお店に行こう!ということに。で、やってきたのがこちら。

川新_2303_01

松阪市鎌田町にある鰻店、「川新うなぎセンター」なるお店。看板には「うなぎ 川新」と表記されていて、どちらが正解なのか不明。松阪駅から北に700mほどの住宅街のど真ん中にあるのですが、なんだかのどかな立地。お店の前に大きな桜の木が2本。その前が駐車場になっていて15台ぐらいは余裕で停められそう。11:00開店で10分ほど前に到着したのですが、既にPA内の車で待っているお客さん2組、という状況。

川新_2303_02

で、定刻に開店し、店内に。先に待たれているうちのお一人は、お持ち帰りの方らしく、オープン時は2組だけのゆったり営業中。が、次々にお持ち帰りのお客さんがやってくるのですな。

川新_2303_03

諸物価高騰で、色々と値上がり中ですが、こちらも4月から価格改定を予定されている模様ですな。小上がりにカウンター、テーブル席など計43席という中サイズ店。奥のテーブル席に陣取るのだ。

川新_2303_05

メニューはこんな感じで、白焼きは無いようなのですが、うざく、うまきが付いたセットが非常にお得。が、今日はうまきはできないんです~!と済まなさそうにお店のお姉さん。(玉子もなんだか値上がり中ですし・・・)で、相方は並定食¥2970のご飯少な目&でうざくをチョイス、私は鰻重特¥3410をお願いすることに。

川新_2303_06

裏面はお酒類。ドライブ中ですので2人ともノンアルビール¥430をお願いするのだ。と、相方がめざとく、この張り紙を発見。

川新_2303_07

もちろん、肝焼きは外せない2人。在庫もあるようでニッコリ。暫しお料理を待っていると・・・

川新_2303_08

お酒を注文される方にはサービスでお出しするんですよ!と、この小鉢が登場。「かみしも」というそうで、このお店のように、鰻を定寸カットして、何切れか単位で鰻丼を出しているお店でたまに出会うのですが、鰻をカットした際に出るしっぽ、それに頭の下のヒレの周りの身をしっかり目にタレで合えてある、正に鰻そのもの!なのだ。三重的にしっかり濃厚なタレで、粉山椒必須!という。

川新_2303_09

注文を受けてから鰻を割いて焼くので、出てくるまで30分ぐらいは覚悟!なのですが、その間の時間つなぎに素晴らしいサービスですな。これだけで一合は軽く呑めそうでした。

川新_2303_11

で、かみしもをつついていると、いい感じで肝焼きが登場。一度串を打って焼き、串を抜いて並べて出てくるタイプ。なんと10匹分!という。火入れは穏やかでこれまた美味しい。お値段不明なのですが、多分¥800はしないと思います。

川新_2303_12

注文後27分で、相方の並定食がばばーんと登場。この沢庵の出し方がなんだか昭和感満載で良いですなあ。

川新_2303_13

蒲焼はしっかり4切れ入り。これでご飯少ない目なのですが、女性なら量的には十二分にしっかり量。肝吸いとしっかり量のうざく付きで、お得感もあるのだ。三重の鰻の蒲焼は、タレの醤油味が濃厚で甘味も強いものが多いので、酸っぱい味付けのうざくが、全体をいい感じに調整する役回り、と言う印象。

川新_2303_14

間髪入れず、私の鰻重特!も登場。では、開けますよ!

川新_2303_15

鰻は愛知三河一色産。この照り!いやー、たまらんですな。粉山椒が良く合うしっかり味。皮はしっかり火が入り、バリっとした食感で脂はかなり落とす焼き方でしょうな。身はふっくら&しっとり。しかし、このタレ濃度は京都ではほぼお目に掛かれない味付けだよねえ、と言う感想。

川新_2303_17

で、鰻の時には出しているご飯断面図がこちら。鰻の面積はかなり大きめですが、厚みは標準サイズでしょう。ご飯にもしっかりタレが浸透しているので、辛いのが苦手な人は敬遠されそう。我々は三重らしくて美味しい!と言う感想。量的も大大大大大満足。

川新_2303_16

肝吸いも白髪ねぎの風味が乗った、どちらかと言うと明瞭な旨味で美味しい。いやー全方位体制で我々の好みでした。にっこり。

で、支払い時に¥7000チョイほどだったので、この内容でこの量でこのお味なので何の不満があろうかという。松阪市内にはこういう鰻屋さんが10軒近くありそうなのですが、また順繰りに回る予定です。御馳走様でした、次週の鰻店も超楽しみです!




◆川新うなぎセンター
住所:三重県松阪市鎌田町 260-1
営業時間:11:00~L.O14:30 16:30~L.O20:00 火休
TEL:050-5570-7462


川新_2303_18

で、風呂に入りに来るついでにやってきた次週の目的地、VISON。今回は、三重大学とロート製薬の共同研究結果の薬草湯に入れる「本草湯」が目的でしたが、食べ物に思い入れのある人間には面白いスポットがVISON内に色々とありますので、次週が楽しみです~。

関連記事

0 Comments

Add your comment