fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

膳部 香蔵@鞍馬口

2023
21
特に用事の無い休日。相方は鞍馬口近くで和雑貨のバザーがあるのだ!と和服でお出かけ準備。
それならワタシはスパ銭でだらだらしよう!ということにしたのですが、そういえば鞍馬口近くのカレー屋が気になっていたのを思い出し、ランチは鞍馬口で!ということにしたのですな。雨がそぼ降る日でやってきた鞍馬口。

香蔵_2304_01

地下鉄鞍馬口駅から北西に200mぐらいですかね。お店の名前は「膳部 香蔵」と書いてカシワベ コウゾウ、なるカッチリした名前のカレー兼洋食店。

香蔵_2304_05

外に出ている看板は本日の日替わり。こういう定食類が今どき¥1000アンダーでしっかり頂ける学生さんが喜びそうな一軒。で、店内に。

香蔵_2304_02

イイ感じで年季が入った落ち着いた感じの店内。お姉さんが1人で客捌き中ですが、奥にキッチンがあるので2人で回されている模様ですな。詳細情報は不明なのですが、食べログによると2009年には存在していたお店のようです。たまたまInstagramで書いておられる人がいて、旨そうなカレーだなあ!と思ったのを覚えていたわけで。

香蔵_2304_04

が、カレーメニューも豊富で悩み甲斐がある豊富さ。一番高いカツカレーでも¥1100という、安全安心学生さん向け価格設定。裏返しますと・・・

香蔵_2304_03

ハンバーグやフライ物系定食類も、一番高いハンバーグ・エビフライ定食が¥1100なのだ。ま、今日はカレーだよ!と狙ってきているので、相方は海老のドライカレー¥800を、私は日替わりのチキンチリトマトカレー¥800に唐揚げ3個トッピングで+¥150を注文。

香蔵_2304_07

ランチビールはなんとなんと¥400!、グラスの赤が¥300!という有りえないビックリ設定。オムレツサンドなどもあるので、喫茶店使いもできるのですが諸物価高騰のおり、頑張っておられるなあ~と店内をきょろきょろ。

香蔵_2304_06

キッチン前カウンターはちょっとしたバーコーナー的になっていて、PayPayも完備している模様。そうしているうちに近所の学生さんが集まりだし、賑やかになる店内。

香蔵_2304_08

で、ゆったりと時が流れる店内でアルコールを頂きつつ、着席後16分近くお待ちしましたかね。まずは私のチキンチリトマトカレー¥800唐揚げ乗っけ版が登場。ご飯は雑穀と白ご飯がチョイスできるようなので雑穀でお願いしました。

香蔵_2304_09

いやー、このおかず系しっかり乗っけカレーが¥800とは、これまたビックリですなあ。胸肉で下味がしっかり染み込んで、ちょっと竜田揚げっぽいクリスプ且つジューシーな上出来唐揚げは付けるべき!と思いつつ。
で、肝心のカレーですが、ご覧の様にトマトをしっかり使った酸味と辛味のバランスがよいカレーでした。辛さも程よく、文句無しですな。。今風なスパイスカレーじゃないのですが、これは間違いなく美味しいよね!と言う感想。

香蔵_2304_10

で、これも他店では見かけない一品だなあ!と思った海老のドライカレー¥800なり。調理中に奥からフライパンで炒め揚げているジャージャー音が鳴り響いていたので、炒飯のような作り方だと思うのですが・・・

香蔵_2304_11

同じ2辛なのですが、チキンチリトマトカレーよりパンチのある辛味で生姜の風味が食欲をそそりますな。相方は久々にこういうのを食べたね!と大満足だった模様です。これも美味しいと思います~。相方と、こういうお店こそ家の近所に一軒欲しいよねえ!とイケ一致を見たお気に入り度。(メニュー豊富でお安く、お酒も呑めるので汗)

で、帰りにお酒2種付きで¥2500ピッタリ!と言うお支払いに再びビックリし、お店を後にしたわけで。近隣の学生さんには認知されている一軒なのですが、また鞍馬口近隣に立ち寄る際は思い出しそう。御馳走様でした。また来ます~。



◆膳部 香蔵
住所:京都市北区小山下総町31
営業時間:11:30-15:30(Lo15:00) 18:00-20:30(Lo20:00) 日休
TEL:090-6398-5741
関連記事

0 Comments

Add your comment