fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

tomarico@三室戸

2023
24
そろそろ平等院の藤が見ごろとの情報で、それなら週末は藤見だね!と意見一致。
で、以前から宇治方面に出かけるときに行こう!と狙っていたお店があるので、3日ほど前にランチ予約し、平等院での藤見のあと、うきうきとやってきた京阪宇治線の三室戸駅。

tomarico_2304_01.jpg

で、ご紹介するのは三室戸駅から南に5分ほどの位置に出来たイタリアン、tomarico(トマリコ)なるお店。12:00予約だったのですが、朝から平等院、三室戸寺を回った時点で11:30の開店時間に間に合いそうだったので、時間を繰り上げてもらいお店に。

tomarico_2304_02.jpg

休日のランチメニューはパスタ5種からチョイスできるプリフィックスが¥2640。が、メインの牛ランプ肉のタリアータが¥1800で付けられるのですが、これが非常~に内容が良い!ので気合シッカリ目でご紹介することに。

tomarico_2304_03.jpg

カウンター席が7席、4人テーブル席が1席のこじんまり店内。オーナーシェフご夫婦がお二人で回されています。昨年11月オープンで、ピカピカのフライパンやすっきり片付いたキッチンを見ると、それだけで信頼できてしまうわけで。

tomarico_2304_04.jpg

で、朝9:30前には平等院に到着し、ウロウロ歩き回ってお腹も激ヘリ&喉も乾いているので、2人とも泡グラス¥690をまず頂いたのですが、2人とも写真を押さえる前に速攻で呑んでしまい(滝汗)、二杯目がワタシが濃い目の白¥880、相方がさっぱり目の白¥690をお願いしたのですな。と・・・

tomarico_2304_06.jpg

まずはお決まりの前菜が登場。奥は久御山産の濃厚なトマトのマリネ、手前がソフトサラミ、中央が山口産天然のシマアジカルパッチョ、花ズッキーニのフリットでアンチョビとモッツアレラを詰めたもの、一番手前の丸いのが自家製のシューなのですが、生地にグリエールチーズを練り込んだチーズの旨味が乗ったもの、というワイン呑みなら嬉しくなるラインナップ。 食材は地元産野菜に拘っておられるのですが、ガッツリ母の味系!ではなくお洒落な路線ですな。

tomarico_2304_05.jpg

で、我々の前に1組、我々が入って速攻でカップルが3組になり、結局12:30には全て予約客で埋まるのですが、シェフが1人でお料理を準備しているのが、ほぼ隠し事なく進行するのを見ているのが楽しい。イル・パッパラルドに11年も居られたようです。

tomarico_2304_07.jpg

店内は旨そうな香りで大大大大充満!という状況。喉が鳴りますな。

tomarico_2304_08.jpg

1人にパスタ1皿なので、2種類違うのをお願いし、当然シェアする作戦。こちらは私チョイスの兵庫産蛍烏賊と有機ほうれん草のトマトパスタ。具材はこれぐらいケチらないでしっかり入れると値打ちありますな。イカの旨味、半端なく濃厚。いやー、これはカフェ飯じゃ頂けないレベルだわ!とニッコリな相方。

tomarico_2304_09.jpg

パスタは生麺を採用されているのですが、若干太目で超むちむちしていて旨いので、お聞きすると淡路島産で送ってもらっているのです~!とシェフ。超ウマなのですが、お肉系パスタが更にその上を突き抜けるレベルで美味しいのだ。

tomarico_2304_10.jpg

それがこちら。対馬鹿のボロネーゼは¥330加算メニューですが、これはボロネーゼ好きなら絶対食べておいた方が良い一皿。これも具材量がもう有りえないてんこ盛りレベル。

tomarico_2304_11.jpg

鹿肉なのですが、全然クセが無いのですなあ。ひたすら旨味のみ!という。いやー、表現する能力は無いのですが、旨味は強いのに塩分は程よい感じで、もう大盛りでも全然大丈夫!とお伝えしたい。たまたま見た目が似た感じの2種をチョイスしたのですが、次回はショートパスタやリゾットもお願いしたい!ですな。

tomarico_2304_12.jpg

パンは自家製のフカフカホカホカ系フォカッチャで、パスタソースを根こそぎ頂くのに大活躍。宇治らしく、ほうじ茶を練り込んだ香ばしいものでした。(のちほど、1つお代わりしました汗)

tomarico_2304_13.jpg

お次のお肉用に赤ワインもグラスで2杯。これは良いお店だよねえ!と相方とささやきあっていると、いいタイミングでメイン料理も登場。

tomarico_2304_14.jpg

熟成黒毛和牛ランプ肉のタリアータで+¥1800の加算メニュー。120gぐらいは確実にありそうな感じ。この火入れですから、ま、お肉好きから超ニッコリでしょうな。お隣のお姉さんカップルはこれを2人前注文して、キャーキャーと喜んでおられました。

tomarico_2304_15.jpg

抜かりなく、ドルチェ3種盛りも登場。奥はマチェドニア(フルーツカクテル)、左手は抹茶ジェラート、右手はほうじ茶味のティラミスという、宇治らしい間違いない布陣。珈琲と一緒に頂けるのも嬉しい。いやはや大大大大満足!

tomarico_2304_16.jpg

で、泡2、白2、赤2というしっかり昼酒ランチで¥12000チョイ割れ、と言う大大大大納得な内容でした。で、これは夜にも来ないと!と相方がトイレで席を外している間に、夜メニューを見せて頂くのだ。いやー、これはそそりますなあ。近日またお邪魔している気がします。御馳走様でした。




◆tomarico(トマリコ)
住所:京都府宇治市莵道車田1
営業時間:11:30~15:00 18:00~22:00 第二火休・水休
TEL:0774-39-7476



関連記事

0 Comments

Add your comment