fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

亀の井ホテル 彦根@滋賀県彦根市

2023
19
義母様リクエストの滋賀彦根ツアー、その2です。
義母様が亀の井ホテルグループの会員なので、4月にリニューアルしたホテルのパンフレットが送られてきたのが今回の滋賀ツアー企画のきっかけ。が、丁度コロナ明けで滋賀県民割りが発表された直後で、あれよあれよとパンフで連絡があった会員特別価格部屋は速攻で埋まってしまい、義母様から折角なので連れて行って~とリクエストがあったから。

で、ホテル予約サイトで検索すると、食事つきの部屋の週末価格は1人¥30000近くするじゃん!ということが判明。それならば!と同じお部屋、同じ食事で五千円以上お安い、日曜泊で1か月ほど前に予約を入れたわけで。某じゃらんポイントが超溜まっていたので久々に全額投入。

亀の井_2306_21

で、お昼の蕎麦ランチの後、彦根城を散策。亀の井ホテル 彦根にやってきたのは16:00ごろ。

亀の井_2306_01

この4月に客室も全面改装し、リニューアルオープンしたばかり。古風な外観に似合わず、なかなか今風でお洒落なロビー。

亀の井_2306_03

もともとカンポの宿だったらしいのですが、ロビーも全面改装しお洒落に生まれ変わっている模様でした。で、ロビーの奥に無料のドリンクサービス(お茶やジュースなどのノンアル系)と共に・・・

亀の井_2306_02

こういう、最近あちこちで見かけるカード式のディスペンサーが置いてあり、有料ですがワインや日本酒を頂ける趣向なのが、なんというか我々向きというか。なにせホテルの周辺500mにはお店類がなにも無い!ので、ついついこういうのにお世話になる訳で(汗)

亀の井_2306_04

義母様と義姉様は琵琶湖が眺められるお風呂付の部屋に、我々はお風呂無しの一階のお部屋に、と言う作戦。で、六階の最上階に天然温泉の展望風呂があり、ま、ひとっぷろ浴びてからディナー!ということに。

亀の井_2306_05

で、ディナーは二階にある会場に移動。40席ほどですかねえ。団体客用と二室に分かれているようです。で、こちらが当日のメニュー。「玄宮」なるコースが標準的な夜コースのようです。場所柄、近江牛コースが一押しなのですが、¥一万/人ほどコストアップになるので、今回はこのような感じでゆるゆるとスタート。

亀の井_2306_07

可愛らしい小鮎の一夜干しを固形燃料であぶりつつ・・・

亀の井_2306_06

突き出しの鰻ざくを突っついているとまずはビール登場で・・・

亀の井_2306_08

身内の会でも、この写真を押さえるのは定石化しております(滝汗)。めずらしくもエビスでした。

亀の井_2306_09

刺身は鯛に鮪、鱧のおとしという、この季節の定番で・・・

亀の井_2306_10

日本酒は、滋賀県産を中心に10種類以上あったのではないかと(写真大失念) で、先週はこのお酒の酒蔵に行ってきたんですよ!と、母上様に報告しつつ、金亀の純米吟醸酒から。

亀の井_2306_11

ソフトシェルクラブのアーモンド揚げ(半身)が登場して、

亀の井_2306_12

冷たい椀物で、抹茶素麺。上に焼き穴子ととろろ。 で、日本酒は冷酒一合もOKなので、「笑四季 センセーション 黒」、「松の司 純米吟醸」と進行したと記憶。

亀の井_2306_13

で、近江牛の塩しゃぶ的な鍋が登場。ちょっと塩ラーメンの出汁的な旨味のある出汁で、これがなかなか良いお味でした。

亀の井_2306_14

文句無し、本日一がこちらで・・・

亀の井_2306_15

〆には、肉寿司二貫と焼き鯖寿司二貫、それに琵琶湖産のしじみの赤出しという鉄板!な組み合わせ。甘いものはミニアップルパイとフルーツ(写真大失念!)という構成。

相方と、これはコース¥9000(税込み)ぐらいかなあ!と値踏みしつつ(滝汗)、特筆すべき事項は特に思いつかないのですが、バランスよく、濃すぎない食べやすい味付け。ボリュームも小食の年配者でもついついお箸が伸びてしまう感じで、良かったよ!と好評でした。 で、食後は再びゆったり温泉に入りに行き(サウナがあったら言うことなしなのですが・・・)、寝心地の良いゆったりベットで爆睡の就寝。

亀の井_2306_16

が、我々的には朝御飯が更に良い感じだったのだ。同じ会場ですが、朝は琵琶湖を見下ろす眺望が良いですな。

亀の井_2306_17

カバーを外しましたよ!の図。こういう小鉢にちまちまと盛り付けてあるのが朝からなんだかうれしい。メニュー名を書き写すのが面倒なので・・・

亀の井_2306_19

こちらをどうぞ。この順番で食べてくださいね~というガイドまで書いてある丁寧さ。

亀の井_2306_18

添えてある、結構しっかり量のおぼろ豆腐はお醤油をかけても、こちらのクコの実や蓮の実が入った豚骨薬膳スープで温めても、という趣向。

亀の井_2306_22

見たことが無いお醤油だったのでパチリ。朝からしっかりお代わりまでしてしまい、大大大満足(不満点を1つ挙げると、朝御飯には海苔が欲しいいい~、だけかな)でした。

で、ホテル出発9:00過ぎ。午前中にちょっとだけ観光して、早めに撤収する作戦。滋賀ツアーネタ、ラストのその3!に続きます。
関連記事

0 Comments

Add your comment