fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

TADKA2でディナー(4)@押小路麩屋町東入

2023
28
昨年初訪問で気に入ったお店12軒をこのマトメネタに書いてあるのですが、その中でも特に気に入ったのが、TADKA2。南インド料理を出すお店、TADKA(タルカ)が押小路高倉西入にある本店をランチ専用店に変更し、南インドからシェフを召喚してディナー専門の2号店を出したのだ。

で、スパイス料理好きの我々は訪問一発でめちゃ気に入って、TADKA2でディナー会をやりましょう!と昨年FB友に宣言。が、他のネタも同時進行で仕込んでいる関係で、この半年やるやる詐欺状態に(汗)。ようやく調整をつけまして、メニューのうち気になる3品ほどは行く前に食べておきたい!ということで、予約取りついでに4回目の訪問!ということに。3日前ほどに予約したのですが、既に19:00ぐらいの良い時間帯は満席。で、オープン時間の17:30から2時間ならOK!ということでお願いしたのだ。

TADKA4_2306_03.jpg

で、壬生のスーパー銭湯で昼からダラダラしていた日で、エレベーターでTADKA2のドア前に到着したのがオープン時間5分ほど前。時間通りオープンのようで、ドアの前のベンチに座って待っていたら、あと2組ほどオープン時間予約のお客様が。予約順のようで2組目に店内に入れてもらったわけで。

TADKA4_2306_04.jpg

で、入り口そばの席に着席。カップルなら入り口側のほうが静かなので良い鴨ですな。

TADKA4_2306_05.jpg

レギュラーメニューは前々回ネタから大きくは変わっていない模様なので省略します~。こちらは季節代わり系。食べたことが無い前菜があったのでお願いしようということに。

TADKA4_2306_06.jpg

で、相方はレモネードのような「生搾りレモンソーダ」にウオッカを足したカクテルを。私は白グラスをお願いし、伊シチリアから「Sicilia Munir 2021 Valdibella」なるビオを。カタラット100%なり。ソムリエールのお姉さんがこのお店のワインをチョイスされていると思うのですが、スパイシーな料理がこういうコクのあるビオと見事に調和する!という発見があるお味。

TADKA4_2306_07.jpg

前菜その1は本日のメニューから「マトン コーラ ウルンダイ」、マトンのミンチの揚げ団子¥1280なり。こういう過去食べたことが無いスパイス系アテが色々揃っているわけで。

TADKA4_2306_08.jpg

割りましたの図。これまた何のスパイスが効いている!と言いにくい複合的なカレー味。つなぎに豆粉とか使っているのですかねえ。ホコホコした食感でジューシーなミンチ感は極少。とりあえず、珍しいものを食べたという充実感がありますな。

TADKA4_2306_09.jpg

今回絶対食べておこうと狙っていた一品。「ナッラカラム グッドゥ」で茹で玉子のスパイス炒め¥820。最近、スパイスカレー店のカレー付け合わせに茹で玉子をスパイスソースに漬け込んだのを出すお店がありますが、それのTADKA版。漬けてあるのではなく、粗びきスパイスとギー(バターオイル)で茹で玉子を炒めてあるのですが、しっかりスパイスが効いていて旨しですな。 実はそんなに過激に辛いお料理は無いカレー店なのですが、その中では比較的辛めの設定。とりあえずビオワインのアテとして超ハマるお味。

TADKA4_2306_11.jpg

野菜も喰っておこうと、サラダ系からコサンパリサラダ¥650なり。初体験!だと思ったら初回にコースを食べたときに食べておりました。キャベツや人参などの生野菜をムング豆とココナッツで和えたサラダ。とにかく刻んだココナッツの歯ごたえが特徴的。間違いなくお通じにはよさそうな(滝汗)

TADKA4_2306_12.jpg

で、ワインの追加を。いやーめっちゃウメー!と思ったオレンジワインで、「 Naranja 2021 Cacique Maravilla」なり。Moscatel de Alejandria (モスカテル・デ・アレハンドリア) なるブドウが90%でチリ産!なのですが、こういうのがあるのですなあ。見かけたら速買いでOK!だと思ったお気に入り。

TADKA4_2306_17.jpg

相方も白をお願いし、仏アルザスから「Marc Kreydenweiss Lerchenberg Pinot Gris 2020」を。自然派系から打って変わって綺麗な感じで美味しいのだ。

初めに注文したお料理がここまでで、ディナー会をする前に確認しておきたいドーサ(インド版クレープ)があるので、それを注文。

TADKA4_2306_13.jpg

意外に短時間で出てきた「マドゥライ マトン カリドーサ」で¥1500なり。マトンのカレーを玉子と一緒に厚めのドーサ生地に埋め込んで焼き上げてあるお好み焼的な一品。

TADKA4_2306_14.jpg

ドーサにはいつものごとく、酸っぱいサラサラカレーの「サンバール」、それにチャトニ2種類(ココナッツとトマト)が付属しているので、添えつつ頂くわけで。薄焼きのドーサよりは小ぶりですが、断然肉厚なのでムチムチした食感になり、これまた食べ応えあり。これも一口目は全然穏やかな辛さなのですが、食べるに従って辛さが蓄積されていく味付けで、辛いもの好きでも満足感のある食後化感。もう一品カレーを食べよう!と思っていたのに、これで結構お腹がいっぱいになるのだ。

が、今回メニューに初めて見つけた、これを食べておかなければ!と思ったわけで。

TADKA4_2306_19.jpg

〆に温かいインド風おぜんざいみたいなのも美味しいっちゃ美味しいのですが、やっぱり呑んだ後には冷たいものが欲しくなるわけで。五条のマニアックアイスクリーム店「ピカロアイス」謹製のバニラアイス入りデザートを発見。当然食べるでしょう。

TADKA4_2306_15.jpg

相方は、その「ジガルタンダ」(ミルクアイス入り)を。やっぱり、吞んだ後の〆はアイスクリーム系が嬉しいですな。
ワタシは最後に軽めのを!とお願いし、これまたビオで伊プーリア「Puglia Teres Fatalone 2021」を。プリミティーヴォ100%のロゼですが、色合いよりはしっかりした感じで美味しかったような。

以上で〆て、カクテル1、グラス白3、ロゼ1と比較的軽めの¥10000割れコースなのですが、予約が目的なのでソムリエールさんにお願いし、通常予約は1か月先までの分しか受け付けておられないので、一応仮予約をお願いしたわけで。貸し切りは25名以上、7人以上の場合は¥5500コースになるそうなので、こじんまり目で席のみ確保。また確定したらお声掛けすると思います~。また来ます!



◆TADKA2
住所:京都市中京区押小路通御幸町西入橘町612 バインオークアイイナ2F
営業時間:17:30~22:00(21:00L.O.) 日月休
TEL:075-746-2337

関連記事

0 Comments

Add your comment