fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

めっけもん広場と総本家めはりや@23/7/1和歌山ドライブ(1)

2023
05
6月に段どった滋賀ドライブが面白かったので、またまたFB友お二人をお誘いし「今度は、和歌山まで桃を買いに行くドライブなんでどうですか?」ということに。 ワタシの出身地で実家もある、勝手知ったる和歌山市周辺ですので、アルコール成分多めの大人向けドライブコースを組んだわけで。 3本ほど和歌山ネタが続きます~。

和歌山ツアー1_2307_01

今回の主目的地、和歌山県紀の川市にある巨大農産物直売所「めっけもん広場」は、西日本最大の桃生産地「桃山町」に近く、桃のシーズンは桃を買い求めに来る人で大人気。桃山町では様々な品種の桃が栽培されていて、早生品種は6月初旬から、白凰などの人気品種は7月ごろからお盆前までのおよそ2か月半ほどが桃シーズン。

通常9:00オープンなのですが、6月中旬から7月中旬ごろのハイシーズンは8:30オープンに。流石に京都からオープン時間狙いで桃を買いに行くのはちょっとしんどいなあ!ということで、10:00前到着狙いで竹田駅に集合したのが朝8:00。当日はあいにくの雨模様の中、第二京阪→近畿自動車道→阪和自動車道→京奈和自動車道を通って、紀ノ川ICを目指すのだ。

和歌山ツアー1_2307_02

で、途中でトイレ休憩をはさみつつ、第一チェックポイント「めっけもん広場」に到着したのが9:45。京奈和自動車道が紀ノ川ICまで繋がったおかげでスムーズに。この季節、お昼前には大混雑するのですが、まだ第二駐車場にするっと駐車可能なタイミング(ま、雨だったということもありそうですな)

和歌山ツアー1_2307_03

既に第一波のお客様は帰りだしているタイミングで、意外に空いている店内。桃を宅急便で送るレジ前は結構大行列なのですが、慣れておられる人が多いようで回転も良好。 で、野菜類が安い&あまりスーパーで見かけないものがあるので、楽しいのだ。

和歌山ツアー1_2307_04

今回の目的はとりあえず桃!なのですが、買いに来ている人は皆さん箱買いで、多い人は10箱以上カートに積んで買われている状況。白鳳の9個入り箱が¥1900前後ぐらいで、パレット単位でどんどん商品が入ってくるのですが、凄い勢いで掃けていくのを見るのが結構楽しい。京都市内の半額ほどと言う感覚。

和歌山ツアー1_2307_05

我々は桃は実家から近々送られてくる予定(滝汗)なので、直ぐ食べるのを4つだけ購入し、後は野菜類をてんこ盛りで¥5000分ほど。あと、めっけもんに来たら湯がきたての蒟蒻、それにこの高砂あられの「牛蒡味」は忘れてはいけないのだ。いやー、全員テンション上がりまくりで買い物三昧。

和歌山ツアー1_2307_06

川向うの桃山町にある酒蔵「九重雜賀」の日本酒もありますので、お好きな方はぜひ。(試飲コーナーがあれば間違いなく買うのになあ、と思いつつ・・・・汗)

で、1時間少々ほどで買い物は完了し、そろそろお腹も減ったので次のスポットへ移動することに。 駐車場を出ようとすると、駐車場前には入庫待ちの車列がずらっと出来ていて、やっぱりめっけもん広場は、桃の季節は大人気だなあと思いつつ、和歌山市内に移動。小ぶりだった雨も一応止んで、ドライブ日和に。

和歌山ツアー1_2307_07

やってきたのは、JR和歌山駅東口近くにある和食店、「総本家めはりや」なり。今回は、ランチはあまり気合を入れず、この後酒蔵巡り!と言う作戦。とはいえ、和歌山らしいものと考えて、こちらにやってきたわけで。我々はこのネタ以来の二回目の訪問。11:00オープンで20分すぎぐらいだったのですが、30席ほどある店内は既に6割ほど埋まっている状況。想像以上に人気ですな。

和歌山ツアー1_2307_08

で、メニューを確認。紀南の郷土料理、名物「めはり寿司」が有名なお店。ランチはそのセット物が色々とあるのですな。私はめはり寿司が4つも入っている!めはり定食を。相方はめはり寿司が2個でおでんと串カツが付いているお試しセットを。ご一緒したお二人はめはり寿司3個入りの串カツ定食を注文。

和歌山ツアー1_2307_09

で、めはり寿司とは何か?を書いておきますと、名前の様な寿司ではなくて、高菜漬でご飯をくるんだ巨大オニギリ。昔は、農作業のお昼ご飯用に麦飯をソフトボール程の大きさに握った握り飯で、食べるときに大口でほうばると目も見開くので、目を見開く寿司「めはり寿司」と呼ばれているそうです。紀南方面では結構メジャーな一品。

現在は標準版のめはり寿司のアレンジメニューで、名古屋の影響を受けていそうな海老天入りと、唐辛子を利かせた旨辛味があり、更に夏の間は、梅干しと大葉入りの「夏のめはり」がスタンバっておりました。

和歌山ツアー1_2307_10

とりあえず、お休みですのでいつものごとくカンパーイ!ということで。ハンドルキーパーの相方はノンアルビール、3人はクラフトビール¥750を。いやー、極楽極楽!

和歌山ツアー1_2307_11

とりあえず海の国和歌山ですので、魚系なモノ!ということで鮪のお造り¥1500を注文。なんだかちょっとお洒落な盛り付けになっておりました。で、突っついていると定食がババーンと登場。¥1500とかいいお値段なので、これがまたボリュームしっかりでした。

和歌山ツアー1_2307_12

相方注文のお試しセット。多分、女性にはめはり寿司のボリュームがなかなか凄いので、この2個セットが一番オススメですな。相方は1つは「夏のめはり」に変更し、さっぱりしていていいわー!とご満悦。おでんに味噌ダレが掛かっているのは和歌山市内ではあまり見かけないよねえと言いつつ。

和歌山ツアー1_2307_13

付いてくるわかめの味噌汁が何気に超ハイレベル。わかめ、肉厚ぶりぶり!で超ウマ。(相方が、これはうまい!と喜んでいたので、ちょっと味見させてもらいました汗) で、更に・・・

和歌山ツアー1_2307_17

で、こちらが串カツセット。串カツ&ビールは何気に嬉しい組み合わせ。ニッコリですな。
とはいえー、めはり寿司1個のご飯量はコンビニおにぎり1個分近くあるので、3個は女性には厳しかったようで、MDRさんは1つお持ち帰りに。

和歌山ツアー1_2307_14

こちらがワタシ注文めはり定食。なぜかとろろが付いているのが謎!なのですが、お味は悪くないです。あー、豚汁も、煮砕けた大根や人参、牛蒡の風味が効いていて、お金が取れる良い味付けだなあとホッコリ。

和歌山ツアー1_2307_16

可愛らしいめざしですが、これまた良いお味。

和歌山ツアー1_2307_15

めはりは2つ海老天バージョン、2つはノーマル版でお願いしました。いやはや、ちょっと想像を超えるお腹パンパン!加減でした。欠点というと野沢菜が歯で噛み切りにくいので、女性には半分に切って出すとウケそうな予感ですな。(断面が見えると、より映えそうな予感・・・汗)

お連れしたお二人には、美味しかった&過去食べたことがないものを食べられた!という感想を頂いたので、良しとしましょう。支払い時にちょっとアクシデントがあったのですが、無事丸く収まって良かったです。御馳走様でした~。



◆総本家めはりや 和歌山店
住所:和歌山県和歌山市太田2-14-9 太田ビル 103
営業時間:[火~金]11:00~15:00 17:00~23:00(L.O22:30) 
      [土・祝日]11:00~23:00(L.O22:30)
      [日・休業日前日]11:00~21:30 (L.O21:00) 月休
TEL:073-488-4655




和歌山ツアー2_2307_01

で、ランチの後は更に買い物三昧!ということで、酒蔵巡りに移動するわけで。その2に続きます~。
関連記事

2 Comments

さやか姫  

こんにちわ

マグロの作りの入れ物いいね💓

2023/07/06 (Thu) 08:24 | EDIT | REPLY |   

スイカ小太郎。  

郷土料理店ですが、料理人さんは意外にお若そうな感じですな。

2023/07/06 (Thu) 22:50 | EDIT | REPLY |   

Add your comment