fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

平和酒店とVENTOTTO@23/7/1和歌山ドライブ(3)

2023
07
先週の和歌山ドライブネタその3です。
中野BC株式会社を後にして、お次は和歌山市内にあるお気に入り酒店を目指すのですが、ちょっと予定よりもテンポよく進行しているので時間調整にマリーナシティ→新和歌浦経由で30分ほどかけてやってきたのがこちら。

和歌山ツアー3_2307_01

やってきたのは南海和歌山市駅に隣接するショッピングモール、キーノ和歌山2F。こちらにあるのは海南市の酒蔵、平和酒造の直販店、「平和酒店」なり。 キーノ和歌山が完成した2020年6月から、年末年始にGW、夏休みに帰省するたびに買い物に来ているお気に入り。もう7、8回は来ていますかね。

和歌山ツアー3_2307_02

まだまだ新しい建物でお洒落ですな。こちらで平和酒造ブランドのお酒はあらかた購入可能です。平和酒造では日本酒はもちろん、最近3種のどぶろくがラインナップに加わり、梅酒などの果樹酒が豊富で、クラフトビールも6種類ほどスタンバっていて、何を買おうかなあと悩むのが楽しいのですが・・・

和歌山ツアー3_2307_03

店内に有料試飲バーが併設されているので、そちらで味見して決めようということに。

和歌山ツアー3_2307_04

で、「平和どぶろく 弐ノ濁」と紀土の限定モノ「純米吟醸 杜氏資格保有者シリーズ#4」を頂くのだ。バー担当のおねえさんは平和酒造の社員さんであろうかと思うのですが、お酒の説明も詳しくて丁寧。いつも感心しております。#4は海の国和歌山の魚料理用食中酒として、呑み飽きないサッパリした傾向を狙っている模様。美味しいです。

和歌山ツアー3_2307_05

YKPさんはこちらのクラフトビールをお好きなようで、来るのが楽しみだったとのこと。パイナップル果汁入りとか紀州の山椒入りなど色々面白いフレーバーのビールがあり、どういう料理に合わせると良いかな!と考えるのも面白いのだ。(結局全種買われていたので結構な荷物に汗)

和歌山ツアー3_2307_06

平和酒造の日本酒ラインナップで「紀土」の上位ブランドに「無量山」があり、その純米吟醸がお酒グランプリで金賞をとっているので過去色々な人にお土産にしているのですが、そういえば純米は呑んだ事が無いなあ!と思ったので、そちらも試飲。基本、紀土より厚みのある芳醇な味を目指しているようなのですが、実は結構呑みやすいのですな。

和歌山ツアー3_2307_07

で、全員しこたまお酒を購入し、にっこり。(ハンドルキーパーの相方は、お土産にクラフトビールを4つも買ってもらい、ご機嫌に) 最後の遠足ポイントに向かおうということに。

和歌山ツアー3_2307_08

やってきたのはキーノ和歌山から車で3分ほどにある和歌山市の中心街、12番丁。実は今回のツアーで個人的に一番楽しみにしていたのがこちら、VENTOTTO( ヴェントット)なる青果商が経営しているフルーツパーラー。

2021年6月にオープンしたお店なのですが、最近甘いもの情報はまったくリサーチしていなかったので見落としていたお店。で、今回のドライブツアーでどこぞでスイーツを食べようと思いつき、見つけ出したわけで。現在ランチ時は30分刻みで予約を受け付けていて、当然予約優先のようなので、ゆっくり目の時間帯なら大丈夫だろうと16:00狙いでやってきたのだ。お向かいがコインPAなので便利ですな。

和歌山ツアー3_2307_15

和歌山市中心部を南北に分ける市堀川の南側に隣接していて、想像したより断然お洒落で大きな箱でビックリ。16:00ごろでお店には半数ほどのお客様が。奥にある席をキープしてからカウンターで注文する方式なのだ。窓際のテーブルを確保し、さあ、何を食べましょうかと言うことに。

和歌山ツアー3_2307_09

果物の入荷状況でメニューが頻繁に変わるので、メニューはポラロイドカメラの写真をカウンターに張り付けてある合理的且つお洒落な方式。御覧のように結構良いお値段なのですが、説得力のあるボリューム感!がウリ。他のテーブルの上に乗っているスイーツに目を奪われつつ、登場を待つわけで。

和歌山ツアー3_2307_11

で、まずはMDRさん注文「桃まるごとパフェ」¥1900(以下全て、税別価格。珈琲は別料金で¥300です。)なり。いやー、このビジュアルは笑っちゃいますな。どうやればここまでつるんと綺麗に皮が剥けるのか謎!なのですが、更に謎なのは、こんなに綺麗に球形に整った状態で底がくりぬかれていて、ちゃんと種も抜いてあるのだ。その空洞にアイスクリームを詰めてあるのが更にお洒落。流石にこのままでは食べにくい!ので、先に桃はお皿に下ろしてナイフとフォークで切って頂くのですが、大大大大満足。

和歌山ツアー3_2307_12

相方とFKPさんは「無花果のパフェタルト」¥1800を注文。こちらも無花果てんこ盛り。タルト台の上には生クリームとカスタードクリーム、アイスクリームがと言う布陣。

更に!

和歌山ツアー3_2307_13

折角なので、映えそうなのをお願いしようと私注文「シャインマスカットのタルトプレート」¥2900!を注文。あとはシェアして食べるべし!なのですが、贅沢ですが美味しいですな。流石果物屋さん!と言う感想。
食べているうちに再び満席近くになる16:00過ぎ。とはいえ席間もゆったりで、いい感じのカフェタイムになりました。

和歌山ツアー3_2307_17

レジで支払いしていると、レジ脇に御覧のフルーツサンドイッチやドーナツなども販売していて、しっかり買って帰るお二人(笑) 報告に寄りますと、焼き芋サンドイッチはスイートポテトサンドのようで超美味しかった模様。

実はめっけもん広場の近くに和歌山では一番有名なフルーツパーラー「観音山フルーツパーラー」があるのですが、そちらも並ぶのでどうしようかなあ!と考えて、試しにこちらにきて大正解!でした。また夏休みに甥っ子夫婦と食べに来ている気がします~。



◆ヴェントット(VENTOTTO)
住所:和歌山県和歌山市十二番丁9 リヴァージュ十二番丁ビル 1F
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:00)
TEL:073-488-5726



で、和歌山発17:00少々過ぎで一路京都に戻るのだ。
こういう日帰りドライブツアーも、今年3回目なのですが、次回は奈良、三重あたり(また鰻か・・・汗)で作戦検討中。「郊外型わざわざ行くレストラン」で、何か良いネタがありましたらお教えください~。
関連記事

0 Comments

Add your comment