fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

RESTAURANTE CASA NANA@烏丸通寺之内上ル

2023
03
京都は色々な国の人が観光に来られるので、東京や大阪ほどではないのですが色々な国のお料理が食べられるのが利点。久々にスペイン料理、それもバスク地方の料理を食べるのなんてどうよ!と相方に提案し、昨年6月にオープンしたお店の予約を入れたわけで。

CASA NANA_2307_01

お店は、地下鉄今出川駅と鞍馬口駅の丁度中央付近、烏丸通寺之内上ル にあります。店名は「RESTAURANTE CASA NANA」、レストランでは無く、スペイン風に発音すると「レスタウランテ」のようですな。店内に。

CASA NANA_2307_02

ランチは¥2750(税込み)のコースが中心のお店。夜はアラカルトも可能で、こちらが前菜系。〆のパエリアはあさりで、ハーフサイズ¥1600がチョイスできる仕組み

CASA NANA_2307_03

メインとデザートがこちら。骨付きの牛ロース1.5ポンド(680g)の炭火焼「チュレタ」¥8000が一押しメニューだと思うのですが、カップルで注文するのは少々勇気が必要。魚はなにが食べられるのか気になったので、マダムに確認すると、今日は鮭の良いのが入ってますよ~とのことで、魚料理を食べて、〆にパエリア!ということにするわけで。

CASA NANA_2307_05

相方はグラスカヴァ¥700、私はスペインの微発泡ワイン「チャコリ」を呑んでみたいー!ということに。¥800なり。

雰囲気写真コミなのですが、店内は、4名テーブルが×2、2名テーブルが×5、全18席と言うこじんまりスペース。とはいえ、ゆったり設えてある空間。4人テーブルが一段高い位置にセットされているのですが、そちらに着席。当日は4人テーブルは我々カップルと3人組おじさんグループ、女性カップルが2組、というような状況でした。この規模をスマート且つにこやかにテーブル内に目配せするマダム、それにシェフの2人で回しておられるわけで。

すぐそばに同志社大学があるので、そちら方面から呑みに来ている人が多そうな予感ですな。

CASA NANA_2307_06

で、本日のピンチョス5種盛りは¥1200なり。右からオリーブと唐辛子酢漬けとオイルサーディン、生ハム乗っけパン、玉子焼き、海老のガーリックマヨ乗っけパン、鶏レバーペーストカナッペ、というような布陣。気に入ったものは¥300で追加可能なのだ。

速攻で初めのアルコールが無くなったので、

CASA NANA_2307_07

シッカリ目の白はありませんかねえ?とボトルをお願いし、こちらのスペイン白、「Marqués de Riscal Limousin 2021」を。ベルデホ種100%。想像以上にしっかり目だったのですが、後程出てくる鮭にピッタリな¥4800なり。 ボトルはそんなに種類はなさそうなのですが、¥2500からありますので、気軽に呑めるのが嬉しい。

CASA NANA_2307_08

生ハムサラダは¥1400なり。結構厚切りなのですが、切りたてなので塩辛くなくこれまたパン劇消化系。

CASA NANA_2307_09

速攻でパンを!とお願いするのですが、こういうソフトバゲット系のパンでした。

CASA NANA_2307_10

で、本日の魚料理はさきほどおねがいした鮭。¥2500ですが二皿に分けてサーブしてくれるのだ。

CASA NANA_2307_11

軽いクリームソースという鉄板な味付けで、火入れも皮はパリッと!身は中心部はまだ半レアぐらいの感じで美味しいですな。ボリュームも全然納得。

で、次はちょっと変わった肉メニューをお願いしたわけで。

CASA NANA_2307_12

牛のタルタルで¥2000なり。完全に生ではなくて、塊肉の表面を炙って、その後にピクルスなどと一緒に刻んであるような感じですな。これまたパンと相思相愛!の一品。一応バゲットの薄切りが4枚ほど付いているのですが、多分足らない!と言う予感がしたので(汗)、鮭を注文する際に追加をお願いしているわけで。

CASA NANA_2307_13

炙ってあるので、ほの温いぐらいの温度コントロール。しかし、ボリュームはメインでも通用しそうなほど申し分なし。ほんのり効いたガーリックが食欲をソソるのだ。

で、〆は予定通りこちら。

CASA NANA_2307_15

あさりのパエリアハーフサイズは¥1600なり。貝だしが効いたあっさりとした塩味なのも、〆に丁度いい感じ。レモンを絞り込むと三倍旨いですな。いやー大充実!

CASA NANA_2307_16

小鉢にこれぐらいの量で4杯分。バリバリっとしたおこげと出しを吸ったお米のコントラストが旨いのだ。相方も美味しさに負けて(汗)ペロッと完食。レモンのおかげでさっぱり夏向きのお味なのが嬉しい。 

で、お腹も結構いい感じなのですが、折角なので久々にこれを食べたくない?と提案すると、もちのろんでOKなのだ。

CASA NANA_2307_14

デザート用に、辛口のシェリー酒グラス¥800をお願いし、準備も万端。

CASA NANA_2307_17

ババーンと登場、バスク風チーズケーキ。コンビニメニューにも取り入れられて、すっかり市場に定着したケーキなのですが、このクリーミーさと程よい酸が、やっぱり間違いなく旨いわけで。¥700ですが、サイズはかなり大ぶりなので、2人で1個ぐらいでイイ感じなのではないかと。

以上で、泡グラス2、白ボトル1、シェリー酒グラス1としっかり目に吞んで、〆て¥17100(PayPay支払い)でした。全然納得。材料は同じでも調理法を変えたお料理を季節により出しておられるようなので、人数を集めたほうが幸せそうな予感ですな。非常にまったりできて、良かった!です。こちらも、また4名ぐらいで来たいなあと妄想中。お勧めいたしま~す。



◆RESTAURANTE CASA NANA (レスタウランテ カーサ ナナ)
住所:京都市上京区相国寺門前町647-8
営業時間: 11:30〜15:00/18:00〜21:30 火休・水不定休
TEL:050-5600-6638
関連記事

0 Comments

Add your comment