fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Lilla (リッラ)@名古屋 東区泉

2023
26
夏休みネタその12、名古屋ネタラストのその4です。
お昼は軽めに現地系中華料理にしたのですが、夜は今回のメーンイベントで一か月前に予約を入れているイタリアンにいくぞ!ということに。ちょっと早めに栄まで出てきて、そこから地下街をお土産物が無いか探しつつ、ふらふらと久屋大通駅まで。泉一丁目西交差点から竹平通を上がると3分ほどでお店に到着。

Lilla_2308_01.jpg

近隣はビジネス街で、ぽつぽつと良さそうな飲食店が点在する地域。やってきたお店の名前は「Lilla」 (リッラ)、イタリア語で「ライラック」の花を指すようです。食べログでは「隠れ家で堪能するイタリアンをあなたへ」となっているのですが、美味しそうな波動が感じられる佇まいで、とくに隠れてはいない一店。

Lilla_2308_02.jpg

ライラックは通常花びらが4枚なのですが、花びらが5枚あるライラックを見つけると幸せになると言われていて、四葉のクローバーと同じようにイタリアではラッキーアイテムのようです。こういう風にお店の小さな看板に花を活けてあるのもお洒落なのだ。店内に。

Lilla_2308_03.jpg

お店はこじんまりとした17席。奥にテーブル席に案内される。また、ネット予約で席を押さえたのでお料理は¥8800(税込み)でお願いしていて・・・

Lilla_2308_04.jpg

テーブルに今日のメニューがセットされておりました。アルコール類は・・・

Lilla_2308_05.jpg

こちらですが、ワインメニューは別に40種類以上ありそうなものがスタンバっていて、最低ラインが¥6000ぐらいから、という状況。とりあえず・・・

Lilla_2308_06.jpg

こちらの泡を。伊フリウリのスプマンテ「 Blanc de Blanc Metodo Classico Rosa Bosco」を。シャルドネ100%でしっかり濃ゆめ。良いですな~と喜んでいると・・・

Lilla_2308_07.jpg

一品目登場。ふんわりと薄切り生ハムの下には、クリーミーなモッツアレラブッラータ、、酸味と甘みのバランスが良い白桃という鉄板な組み合わせ。塩味も程よく美味しいですな。

Lilla_2308_08.jpg

二品目は、こういう丸いガラスボールに入って登場。グラスの一番下はトウモロコシピュレで作ったパンナコッタ、その上にトマトソースが掛けてあり、上には三重県産鮪と、北海道産帆立をそれぞれ角切り(生)にして合わせてある一品。スプーンで適宜混ぜつつ頂くのですが、鮪と帆立の、トマト・トウモロコシのフレッシュな感じのソースとの調和が美味しいのだ。

シェフは、和食店や名古屋、岐阜、三重などのイタリア料理店での修行の後、2019年5月にここで独立開業されたようなのですが、センスあるよねえとニッコリ。当日は奥様と、フロア担当のお若いお兄さんの3名体制でした。

Lilla_2308_09.jpg

パンも当然自家製。生姜の香りをほんわり感じる、ふわふわ系フォカッチャ。お皿のソース掃除に丁度いい感じで美味しい。

Lilla_2308_10.jpg

白ボトルが欲しかったのでお願いすると、シェフ自らプレゼンしてくれました。結局、右から二本目の伊ウンブリア「CHIORRI ETESIA Pinot Grigio Umbria I.G.T.」をお願いするのだ。ピノ・グリージョ100%。味の組み立てはしっかりした感じなのですがなめらかで吞みやすい感じでニッコリ。確か¥7000ぐらいではなかったかと。

Lilla_2308_11.jpg

三品目に魚料理が出てくる進行。魚介類は三重県産に拘ってチョイスされているようです。オオモンハタのバターソテーなのですが、皮が果てし無くパリッパリ、身はまだホンノリとレア感が残る見事な火入れ。下にはバジルとジャガイモピュレを合わせたポテっとしたソースが敷いてあり、おかひじき・揚げ茄子・フルーツトマトが付け合わせ。久々にこんな旨い魚料理が頂けた!と嬉しくなった一皿でした。自分的には本日一がこちら。

Lilla_2308_12.jpg

この後パスタが二種類続く進行。パスタ1皿目は自家製のタリアテッレ。焼き鮎の解し身としんなりと火が入った青ネギのオイルソースがパスタに絶妙に絡む!という、鉄板的に旨いものが登場。 京都のイタリアン店でも類似のメニューを出しているお店を何軒か思いつくのですが、全然負けていないのだ。

更に!

Lilla_2308_13.jpg

二品目は、甘いブランドジャガイモ「インカのめざめ」を使った柔らかめのニョッキなのですが、サマーポルチーニ茸をこれでもか!とてんこ盛りで合わせた一品。卸したての黒胡椒の香りがポイントなのですが、歯ごたえの良いポルチーニ茸のほうがニョッキより量が多め!という過去食べたことが無いレシピでした。ポルチーニ茸好きな相方の圧倒的本日一がこちら。

Lilla_2308_14.jpg

我々より先にカウンター席にお若いカップルが入られていて、この辺りにお帰りになられたのでパチリ。テーブルは4つあるのですが結局19:00には満席という人気度。

Lilla_2308_15.jpg

肉料理は、北海道旭川産「神楽牛」のトモサンカク。トモサンカクとは、牛の後脚付け根にある「シンタマ」と呼ばれているもも肉の一部で赤身なのですが、税込み¥8800コースでこの量が出てくるか!という驚きのあるサイズ感でした。 添えてあるのは万願寺、それにミニ人参のソテーで、粒マスタード入りバルサミコソースと共に。

Lilla_2308_16.jpg

デザートは、香り高い抹茶をこれまた驚くほどしっかり振りかけた抹茶ティラミス。最後まで大充実。

Lilla_2308_17.jpg

食後のお茶を頂いて、大満足の1時間50分。で、泡グラス2の白ボトル1と呑み量は我々的には標準的量で、〆て¥28000ほどでした。ま、お安くはないのですが、この内容なので全然納得価格ですな。(ランチは、更にお得!との噂です)
使う食材の特性にストレートに合わせた、実直なお料理で好感度大。1人で料理をこなしておられるのに、お料理がテンポよく出てくるのが良いですな。また近所に近寄ったら行ってみたい一軒に。御馳走様でした、名古屋訪問時はぜひ。




◆Lilla (リッラ)
住所:愛知県名古屋市東区泉1-1-22
営業時間:11:30〜14:30(LO13:00)、18:00〜22:00(LO20:00) 月休・火ランチ休
TEL:050-5597-1465


Lilla_2308_18.jpg

食後は腹ごなしがてら、久屋大通公園を南下。なんだか綺麗に整備されて公園内にお洒落なカフェやレストランが出来ているのに驚きつつ、栄まで。

Lilla_2308_19.jpg

久々にやってきた、中部電力 MIRAI TOWER。旧名古屋テレビ塔なのですが。2021年に施設命名権を中部電力に販売した模様ですな。周りがとても賑やかなので近づいてみると・・・

Lilla_2308_20.jpg

タワー直下にもビアガーデンが出来ていて、なんだかとても盛況でした。夏向けで良いですなあ。栄からは伏見まで一駅地下鉄で移動し・・

Lilla_2308_22.jpg

再びホテルに帰ってきたのが21:00チョイ過ぎで、温泉に入りに行って速攻でぐったり。就寝23:00とまたまた健全な夜でした。次の日の朝の三重経由で帰る途中ネタに続きます~。

 
関連記事

0 Comments

Add your comment