fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

長崎ちゃんぽん 楓林@椥辻

2023
29
なんだか麺類気分だなあということになった日曜日ランチ時。気分的にはラーメン以外のもの!ということで、ネットを彷徨っていたら山科区の椥辻にイイ感じの街中華のお店を発見。ちょっと電車で行くには面倒な場所で、駐車場完備!ということで、それなら行こうということに。

楓林_2308_01

お店の名前は「長崎ちゃんぽん 楓林」。店名のようにチャンポンや皿うどんだけではなく、エビチリや炒め物系など結構色々やられている街中華店なのだ。京阪バス山科営業所の近く、岩屋神社前交差点の東側すぐ。確かにお店の前に4台分PAが確保されていました。開店時間を20分ほど回った時間帯。店内に。

楓林_2308_02

全体的に赤い感じの昭和感バリバリ系街中華店。我々と同年代ぐらいのご夫婦で回されている模様ですな。2人掛けテーブルが2に4人掛けが1つ、カウンター席が8席ほどのこじんまり店。2人テーブルに入れてもらう。テーブル席に御高齢カップルが1組、皿うどんを食べておられて、カウンターの端っこで常連らしきおじさんが1人冷麺を啜っている状況でした。

楓林_2308_04

ランチメニューはこういう感じで、チャンポンに餃子に白ご飯!など炭水化物をバリバリ摂取できるセット物が色々と。お値段もお手頃価格なのだ。我々的にはちょっとセット以外のものも食べたいなあ!ということで・・・

楓林_2308_05

もう1枚のアラカルトメニューも確認。ご飯物はよいので、ちょっとオカズと餃子を食べたい!ので「ニラ玉炒め」¥980に「餃子」¥380×2人前を注文し、麺類は「チャンポン大」¥1100をシェアするとイイ感じなのでは!という作戦。

楓林_2308_06

お休みですので、いつものパターンに突入。お料理の待ち時間でほっこりビールを飲んでいると、どんどんお客様がやってきて、あっという間に全テーブルが埋まるのだ。近隣に飲食店がない地域なのですが、想像以上に人気でした。

楓林_2308_08

先に「餃子」¥380が1人前だけ登場。こういうちょっと厚めの羽根がついていて、バリバリと歯ごたえ良好系。

楓林_2308_09

小ぶりですが皮はむちむちで、ニンニク控えめな餡も良い感じ。餃子の平均点は楽々クリア!という。気に入りました。

楓林_2308_07

同時に出てきた「ニラ玉炒め」は、鍋肌で焦げた醤油の香りも香しく、白ご飯がバンバン進みそう。如何にも街中華!的なヒネリの無いお味なのですが、野菜類しゃきしゃきで、期待通り美味しい。
で、更に餃子が出てきたので、前の餃子の皿と合体させ、テーブルの空間を確保し(2人テーブルなので・・) チャンポンの登場を待つわけで。

楓林_2308_10

ババーンと登場「チャンポン大」¥1100なり。豚肉にちくわにかまぼこ、浅利のむき身にイカ、キャベツにモヤシに人参、わすれちゃいけないキクラゲ!と長崎ちゃんぽんでは定番の具材がしっかり入っていますな。味付けは、現地のさっぱり系チャンポン店を踏襲した感じで、そんなに重すぎない設定。長崎ではダシが豚骨シッカリ!なお店は超濃厚なのですが、ま、そこまで濃くはされていない感じ。

楓林_2308_11

女将さんが、唐辛子をどうぞ~と持ってきてくれるのですが、2種類ありまして、多分どちらかはニンニクチップ入りではないかと。辛いのは好きなので・・・・

楓林_2308_12

たっぷり入れると美味しいのだ。麺は正にチャンポン麺。若干柔らかめでダシをしっかり吸っていて、ボリュームは超納得レベル。いやはや、シミジミ旨いですな。 今回頼んだメニューは、どれも平均レベルは楽々クリアという印象。

店内に漂う昭和の空気感を含め、なんだか好きな一軒。車で来やすいのでまたスーパー銭湯がらみで立ち寄ることになると思われるのだ。次回は、エビチリとカレーラーメンを食べる予定~。




◆長崎ちゃんぽん 楓林
住所:京都市山科区大宅古海道町67-14
営業時間:11:30~14:00(LO) 17:00~21:00(LO) 木休
TEL:075-581-1140

関連記事

0 Comments

Add your comment