fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

麺屋 希楽夢(きらむ)@宇治田原町

2023
03
特に用事の無い日曜日。宇治田原に郊外型ラーメン店が出来た!との情報。丁度その周辺で行ってみたいお店があったので、今日のランチはラーメンだ~と家を飛び出た10:00チョイ過ぎ。お盆を既に3週間ほど経過しているのに35℃越え予報の馬鹿暑い中なので、ドライブがてらということで。

きらむ_2308_01

宇治川ラインから国道307号線を通って、40分足らずで宇治田原に到着。新名神高速道路が八幡京田辺から大津まで延伸工事中。かなり出来上がってきたなあ!と感心しつつ、お店前のPA到着したのが開店10分前の10:50!。こういう辺鄙な場所なので、駐車場は当然完備。お店前に5台分ほど、その隣の大きな駐車場に10台分弱ほど停められそうでした。

きらむ_2308_02

お店の名前は、「麺屋 希楽夢(きらむ)」、なんでもご店主は豚骨こってり系で超有名なラーメン店、木津川の「無鉄砲」ご出身で、元々愛知県知多郡にお店を構えておられたのですが、今回宇治田原に移転されたわけで。元々「天下一品」が入っていた物件のようです。

きらむ_2308_04

既にお店の入り口前に設けられた屋根付きのウエイティング場所にはグループ客を中心に9名ほど座って待たれていて、その後に続くのだ。我々が4組目でした。メニューが置いてあるので・・・

きらむ_2308_03

待ち時間に何を注文するか確認。ラーメンは塩・醤油・白湯の3種。特に限定モノ等も無いシンプルな構成。相方は珍しく醤油がいい!と即断即決。私は塩かなあ、白湯がいいかなぁと悩んでいると・・・

きらむ_2308_06

裏面にお店のこだわりが書いてあるのですが、こちらは鶏出汁と魚介、野菜類を使ったスッキリ塩・醤油スープが売り。どちらかというと塩推しかな。 最近、寄る年波で超絶濃厚系豚骨ラーメンは少々苦手になりつつあるのですが(微泣)、事前リサーチで判明していたので、それなら行ってみようと!となったのですな。で、時間通りに入り口に暖簾が掛けられて、本日の営業がスタート!したわけで。

きらむ_2308_05

入り口入って直ぐに食券販売機が。先に並ばれていたお客さんから順に食券購入されている間に、ウエイティング場所をパチリ。今日みたいな日差しが超暑い日はこういう屋根付きがありがたいのだ。

きらむ_2308_07

入店すると、慣れるまでは白湯らーめんは提供休止中だったのでがっくり~。行った日には未提供だったのですが、お店のInstagramによると、ラーメン大(麺1.5玉)は9月から提供開始されたようです。

きらむ_2308_08

キッチンに向かうカウンター席が8席ほど、2人掛けテーブル2に4人掛けが1つかな・・・全体が良くわからないのですが、ざっとそれぐらいの席数。テーブル・椅子も良いのをお使いで重厚感あり。オープンが7/29で、胡蝶蘭の鉢植えがずらり。2人用テーブル席に入れてもらう。

きらむ_2308_09

テーブル上に置いてある味変アイテムは黒胡椒、黒七味、それにお店のロゴが印刷された長野善光寺前「八幡屋礒五郎」謹製の七味がスタンバイ。珍しくビールを注文しないで(汗)お料理を待つわけで。

きらむ_2308_10

で、着席12分で、私注文の「特製しおらーめん」¥1250が登場。いやー、これはチャーシュー類しっかり盛りですなあ。隠れておりますが温玉1個、レアバラチャーシューが3枚、肩ロースチャーシューが2枚、海苔3枚にメンマ、刻み葱、という布陣。ま、このボリューム感!

きらむ_2308_11

麺は北海道小麦粉を使った自家製麺。かなり細いストレート麺、全粒粉のようですが、しこしこと腰しっかり系でお気に入りですな。
魚介出汁の主張を鶏出汁が側面支援する!的なそんなに濃くない、塩分濃度控えめのスープ。貝類や昆布、煮干などの旨味がじんわりと。京都市内のお店で既視感はありますが、確かにこれは完成度が高いなあと思いますな。黒七味が合うスープだと思います。

きらむ_2308_12

味玉は半分相方に。城陽で仕入れているようです。

きらむ_2308_13

こちらは標準の醤油らーめん¥900なり。驚くべきことに醤油ラーメンのほうがより淡い味付けにされていて、びっくり。もしや!とテーブル上の黒胡椒をしっかり目に掛けるとババーンと味の立体感が出て美味しいのだ。

15分ほどでスルスルと完食し、大満足でお店を出ると、外に、また行列が出来ているのですな。

きらむ_2308_15

看板に送り出されながら、車に戻る訳で。ま、休日のドライブついでに立ち寄るには面白いところ。お師匠筋のお店や、同じくここから10分ほどにある郊外型ラーメン店「あっぱれ屋」のように、休日ドライブする人に愛されるお店になるのでしょう。御馳走様でした~。


◆麺屋 希楽夢(きらむ)
住所:京都府綴喜郡宇治田原町南亥子90-1
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:50) 火休
TEL:不明
関連記事

0 Comments

Add your comment