fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

BanhMi Kyoto製パン@深草

2023
05
9月になったのに暑い日が続いて、なんだかぐったり~!な土曜日。こういうときは朝からスーパー銭湯に入りに行って、近場でランチを食べてからエアコンの効いた部屋で夕方までだらだらしよう~と堕落一直線なことしか思いつかないのだ。

で、9:00前にはお気に入りの「竹田 力の湯」に到着。サウナ→水風呂→スチームサウナ→外気浴のローテーションを3セット。すっかり整ってお風呂を出たのが11:00ちょい過ぎ。相方に近くで面白そうなランチ場所に心当たりがあるよ!と、車で移動し、やってきたのがこちら。

バインミー京都_2309_01

「BanhMi Kyoto製パン」なるベトナム軽食店。竹田街道にある「にぎり長次郎 竹田店」の東側50mほどにあります。駐車場はありませんが、お隣にコインパーキング完備なのだ。たまたまGoogleマップで発見したのですが、多分7月末ぐらいにオープンされたばかりのニューカマー。超!気になっていたのですが、やっと来れました。

バインミー京都_2309_03

イートインがありそうなのでやってきたのですが、4人掛けテーブル席が2つのこじんまり店。メインはお持ち帰りかもしれませんな。お若いベトナム人のお兄さんが御店主で、奥様と二人三脚でやられている模様。 御店主が怪しい日本語で一生懸命接待してくれました。

バインミー京都_2309_04

店名の通り、ベトナムのオープンサンド「バインミー」のお店。御店主曰く、バインミーを出すお店が沢山出来ているがパンは輸入のお店が多く、御店主はその味が気に入らなかったので、ベトナムからパン用オーブンを輸入し、ベトナム風のフランスパンから作る!という面倒なことに挑戦されているのだ。 他店よりもかなりお安い値段設定ですなあ。 京都市内でバインミーを出しているお店にも自家製パンを卸されているようです。

バインミー京都_2309_05

風呂上りなのでビールが欲しかったのですが、こういうソフトドリンク系が中心。とりあえずドリンク2種と、パンに何か挟んだ系なお料理は大好きなので、わくわくと2種類、それに甘いものを1つ注文。 ご店主からパクチーと辛いソースが入るが大丈夫か!と説明があったので、一杯入れてOK!とお伝えするわけで。

バインミー京都_2309_02

お料理担当は奥様の様で、注文を受けてからオーブントースターでパンを焼いて、具を詰めるのですな。電話でお持ち帰りの注文もあったようでノンビリお料理が出来るのを待つわけで。

バインミー京都_2309_06

ワタシは「パッションフルーツジュース」¥220、相方は「STING」なるイチゴフレーバーソーダ¥330を注文。(以下全て税込み価格~!)ペプシブランドでベトナム産のエナジードリンクのようです。ま、どちらも甘ーいのですが、しみじみ異国のお味なのは間違い無し。

バインミー京都_2309_07

と、丁度パンが焼き上がり時間だったようで、見せてくれました。一段にパンが15個乗る業務用オーブン台で、店内に香ばしい香りがぶわーんと広がるのだ。奥のキッチンでオーブンから出して入れ替える場所が無いようで「ちょっと暑いけどごめんなさいね~」とご店主。大きめのコッペパンぐらいのサイズがあり、1個¥100で販売もされています。

で、約15分ほどでバインミーが登場。

バインミー京都_2309_08

こちらは、「ベトナムハム バインミー」で¥550なり。ベトナム産のプレスハム(豚)とシャキシャキの野菜類がサンドされていて、味付けはマヨネーズ、それにベトナム産チリソース(多分、我が家でも近所のベトナム食材屋で定期的に購入している「CHIN-SU」ではないかと)、ポイントはパクチー!という構成。 確かにほんわりと塩味が利いた、超軽いフランスパンがサクサク且つ香ばしく美味しいのだ。大口開けてかぶりつけ!ですな。

バインミー京都_2309_14

ベトナム語の「バインミー/Bánh mì」とはサンドイッチではなくて、「パンの総称」を指している模様。お店の外にバインミーの歴史が貼ってあったのですが、フランス軍がベトナムのホーチミン(旧サイゴン)に進行し、フランスパン(バゲット)を持ち込んだのが1859年、サイゴンにフランスパンを焼くお店が出来たのが1958年のようです。それ以後、ベトナムでは国民食としてすっかり定着し、日本でもあちこちで頂ける状態になったわけで。

元々、軽い食感を得るためにベトナム産のバゲットには小麦粉と米粉を混ぜた生地を使っていたらしいのですが、次回はご店主に米粉を使っているのかお聞きしなくては!(宿題) 

バインミー京都_2309_09

こちらは「スペシャルバインミー」¥660なり。タレ焼きの豚肉がサンドされていて、ベトナムハムサンドよりもボリューム感&香ばしさあり!な一品。個人的にはこちらを推薦!かな。旨いです~!

バインミー京都_2309_10

かぶり付きましたの図。具沢山なのでぎゅっと握りつぶして頂くのですが、パンチのあるチリソースとしゃきしゃき野菜のハーモニーが肝。我が家ではお好み焼きの隠し味に使っているベトナムチリソース「CHIN-SU」なのですが、マヨネーズと合わせるとサンドイッチにも合うなあ!という発見。お勧めいたします。

ボリュームしっかりなので、これ1つでランチは程よい感じなのですが・・・

バインミー京都_2309_11

折角なので甘いものも行っておこう!と注文した、「チェー・コム」¥440なり。元々は温かいデザートで、蒸した青いもち米とココナッツミルクを使ったベトナム風ぜんざい。で、こちらでは一緒にボールにアイスキューブを入れて持ってきてくれて・・・

バインミー京都_2309_12

氷をカップに入れてから、スプーンで底からよく混ぜて、ムチムチの柔らかいお米部分とミルクを混然一体化させて頂くのだ。これがですねえ~。

バインミー京都_2309_13

中にサツマイモチップスと大きな茹でた豆類がごろごろ、程良い甘さと蒸し米のお餅が超合いますな。多分、日本人でもほとんどの人が嫌がらないのではないと思われる自然な甘さ。ココナッツの千切りも入っているので、お通じに超良さそうな一品でした。2人でシェアしても十分過ぎるしっかり量なのでご注意。

実はバインミーも想像以上に美味しいのですが、更にうめえや!と思った本日一がこちら。間違いなく、次回も注文予定ですな。(できれば、ミックスチェー¥440が食べたかったのですが、売り切れでした汗)

バインミー京都_2309_15

合計¥2200!(PayPay支払い)で良いランチだよなあ!と大満足。ご店主においしかったです!とご挨拶し、お店を後にしたのですが、もしかするとビールもお願いすれば出てくるかもしれませんですな~。
間違いなく、また来る気満々店。近隣の方々でアジアン的なモノを食べたい人に超プッシュいたします。御馳走様~。



◆BanhMi Kyoto製パン
住所:京都市伏見区深草フチ町14−85
営業時間:9:00~19:00 火休
TEL:090-8792-6804
関連記事

0 Comments

Add your comment