fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

オステリア ルナ@七本松通仏光寺上ル

2023
30
ちょっとバタバタしておりまして更新が滞りました。
先週の土曜日。なんだかお気軽系なイタリアンが食べたい気分で、行ったことが無いお店を!と探し始める16:00ごろ。で、過去何回か行こうとして満席で断られたお店を再び思い出したわけで。お店の名前は「オステリア ルナ」、我々が休日にダラダラしていることが多い壬生のスーパー銭湯「はなの湯」から歩いて10分以内なので、お風呂上りに行こうとして振られ続けていたお店。電話すると、大テーブルのテーブルシェアになりますがイイですか~!ということで、今回ようやく席が取れたわけで。

Luna_2309_01.jpg

今回はお風呂からではなく自宅から。最寄り駅は阪急西院駅から600m弱の位置。我々はJR丹波口駅から歩いて15分足らずでした。この辺りは住宅街なので周りは薄暗いのですが、このお店だけ、まるで街の灯台のような明るさ。店内に。

Luna_2309_02.jpg

おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかな飾りつけ。奥にお一人様用カウンター席が4つで、お一人様が2名。入り口側に詰めれば8名は座れそうな大きなテーブル席があり、そちらに3人組グループ。そのテーブルの角に入れてもらう。奥側のテーブルとは壁で半分仕切られていて、奥に2人テーブルが2つ、という構成。そちらにはカップル1組かな。満席だと18人程入れる計算になるのですが、お若いシェフ1人で回しておられるので満席にはされないでしょうな。

Luna_2309_03.jpg

店名の「Luna」は、シェフが以前飼われていた猫の名前由来だそうで、あちこちに猫キャラが登場するお店。B4ぐらいの大きな紙に書きなぐり系メニューが計3枚。とりあえずドリンクメニューをチェックして・・・

Luna_2309_06.jpg

ワタシはイタリア麦酒のペローニ大¥700を、相方は、こちらのお店でハウスワインに採用されている伊シチリアの「Gatto Bianco Funaro」をグラスで。これも猫繋がりのチョイスなんでしょうな。が、ジビッボ60%・インツォリア40%ブレンドのオーガニックワインなのですが、フルーティで非常に呑みやすく、開けたてを口に含むと美味しい紅茶のような残り香が印象的でした。
これはお値段以上にウマー!と思ったので、このままボトルで頂くことに。ボトル¥3000なのですが、ありえない値付けですなあ。

Luna_2309_04.jpg

で、お酒を飲みつつ、ノンビリお料理チョイスを。前菜、メイン料理はそんなに種類豊富でなく、絞って置いておられる感じ。海鮮系のお料理がお得意だとの前情報で、折角なのでそういうのを食べようよということに。さらに!

Luna_2309_05.jpg

パスタはなんだか非常に豊富。これも前情報で超絶てんこ盛り、他店の1.5倍はある!という噂なので、とりあえず1皿だけにするのだ。 注文を聞きに来てくれるシェフに、ゆっくり目で大丈夫ですよ~とアピールし(でも、食べるのが速いので、どのお店でも大体我々のペースに合わせてくれるので申し訳ないのですが汗)お料理を待つわけで。

Luna_2309_07.jpg

前菜盛り合わせ¥1500×2人前がまずは登場。これがデッカイ皿にてんこ盛りに盛り付けたルッコラのサラダとグリーンサラダの上に盛り付けてあるので、超巨大でビックリするのだ。サラダだけの嵩で20cmぐらいのボールに超てんこ盛り量という感覚なのですが、サラダもおまけでは無く卸チーズをたっぷり使ったもので、味付けがそもそもお上手。

Luna_2309_08.jpg

取り皿にサラダ以外の自分の分をざっと盛り付けて。ゼロ時の方向から時計回りでチーズ二種は塩しっかり系のペコリーノ・ロマーノ、それにパルメジャーノ、生ハムとサラミ二種、オリーブに6時の方向の白身魚はカワハギ!のカルパッチョ、赤いのは生馬肉のマリネ。中央はフルーツトマトとフレッシュなブッラータという組み合わせ。 無条件でワインが進むのですな。

で、パスタ登場なのですが、期待通り凄かった・・・

Luna_2309_09.jpg

ボロネーゼ¥1800なり。引き絵なのであまり大きそうに見えないのですが、いやーとんでもなくパスタマウンテン!なのだ。

Luna_2309_10.jpg

いつもの麺上げ図。特に何もアナウンスがなかったので、まさかフィットチーネで出てくるか!という。ひき肉を炊いたソースではなく、多分かなり大きなお肉を炊いて、繊維までホロホロになるまで徹底的に炊き込んであるソースで、非常に濃厚でウマウマですな。ボリュームは確かに2人でもちょっと多いよ!なのですが、旨かったのでペロッと・・・

Luna_2309_11.jpg

お水を頂いたら、こういう可愛らしい水差しで登場。で、前菜とパスタだけでボトルが開いてしまい・・

Luna_2309_12.jpg

メイン料理前に白とオレンジを一杯ずつ。先ほどの白ボトルと同じ酒蔵、フナロ社のアイテムでした。これもかなり旨かったような。
で、メインにチョイスしたのが・・・

Luna_2309_13.jpg

「ズッパ ティ ペッシュ」¥3000なり。魚介のトマト鍋的なお料理ですな。直径30cmほどありそうな巨大な深皿で登場。具材は・・・

Luna_2309_14.jpg

大きなワタリガニを半分に切って一匹分。海老4匹にイカ、牡蛎、浅利というような。濃厚なトマトスープにしっかりとした魚介の旨味が加わって凄みのあるお味に。皮を剥くので手がべたべたになるのですが、こういうのを頂くと無心になれますな。いやー大充実の一品。

Luna_2309_15.jpg

相方が支払いしている間に、お店の飾りつけをパチリ。
以上で、生ビール1、グラスワイン2、白ボトル1とそこそこしっかり呑んで〆て¥12700なりという大大大大納得価格。流石にデザートなどに手を出す余力なく、大満足でした!ということに。

最近、ちゃんとしたイタリアンでボトルを空けると1人¥10000ぐらいにはなっちゃうことが多いので、気軽に来れるのが良いですな。色々食べられるように、4人ぐらいで来るのがベストではないかと。良く食べそうなお若いお客様が中心のお店なのですが、我々はまた壬生のスーパー銭湯とセットでやってきそうな予感ですな、ご馳走様でした!。


◆Osteria Luna (オステリア ルナ)
住所:京都市中京区壬生高樋町59-20
営業時間:11:00~23:00 予約の無い日休
TEL:075-963-6110
関連記事

0 Comments

Add your comment