fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

おこのみチエ@今熊野商店街

2023
02
またまた週末の書きやすいネタから順次書くのですが、日曜日のランチネタを1つ。
特に用事の無い日で、今日も竹田「力の湯」で朝湯でだらだら~からスタートした日。お風呂を出たのが11:00チョイ過ぎでそろそろランチだよねえということで、前日ネットを彷徨っていて見つけたお好み焼屋さんに行ってみようということに。

おこのみチエ_2310_01

やってきたのは京阪東福寺駅から北に5分少々の今熊野商店街。泉涌寺道の交差点を北に進み、信号がある一つ目のT字路の反対側にこういう路地が見えてくるのだ。奥に見える白い提灯が目印。いやー、想像以上に隠れ家物件だよなと思いつつ路地の奥に。

おこのみチエ_2310_02

お店の名前は「おこのみチエ」、店名は某アニメ繋がりで大阪っぽいのですが、この5月にオープンした広島お好み焼を出す店なのだ。階段を登り二階にお店が有ります。

おこのみチエ_2310_03

店内から賑やかな声が聞こえてくるので、席があるかなあとおずおずと店内に。入り口の前に巨大な鉄板に向かって、カウンター席が6席。奥は座敷席で、小さなお子様連れなら6人用の鉄板付き座卓が2、4人用座卓が2という想像以上に大きなお店でした。
座敷に3人組が2組、カウンターにおっさんカップル1組という状況。カウンター席の角っこに入れてもらうのですが、もう固定客が居られるようで、30分ほどで全テーブルが埋まる状況。これまた想像以上に大人気。予約したほうが固そうな感じ。

おこのみチエ_2310_06

しゃきしゃきと料理を仕上げるしゅっとしたお姉さんが御店主で、ドリンク担当のお姉さんの2名体制で運営中。
広島のお好み焼店らしく、目の前の巨大鉄板で次々と新しいお好み焼がどんどん生産されているのをかぶりつきで見ているだけで楽しい。鉄板はごらんのように超ピッカピカ。いやー、大阪・京都の人気店もこの辺りは見習ってほしいなあと思いつつ。メニューを確認。

おこのみチエ_2310_16

お好み焼きは肉玉麺無し¥680からというお手軽価格。トッピングの追加もOKで、5種類、売れ線のお得メニューも完備。我々的には、まずは「すじスペシャル」¥1100を注文するでしょう!ということに。

おこのみチエ_2310_04

更に少々字が小さいですが、アテ類もなんだか非常に豊富。この手のお店ではかなり多い部類でしょうな。風呂上りビールに合いそうなものが欲しいので、御店主に「一品の注文、この時間帯も大丈夫ですか~?」と確認し、もちろんOK!。

おこのみチエ_2310_05

で、私は生ビール(麒麟一番搾り)¥520、相方はノンアルビール¥380で、風呂上りビールを大満喫! ご店主が見事な手さばきでお好み焼やアテ類を素早く仕上げていくのを眺めつつ、お料理を待つわけで。

おこのみチエ_2310_07

焼いている時の写真を忘れたのですが、「とん平」が¥680なり。

おこのみチエ_2310_08

切りますと、中から半熟卵がとろーり。 他店であまり見かけたことがない調理方法だったのですが、まず鉄板に豚バラ肉の薄切りをきっちり4枚ほど整列して四角く並べて、かなりじっくりと火を入れて、その上に粗めの刻み葱と千切りキャベツと天かすを乗せて、中央に生玉子を落としてひっくり返し、火が入ったらひっくり返してソース&マヨ!というような手法だとお見受けました。豚バラがベーコンのようにカリッと仕上がっていて、甘口ソースとイイ感じに合うわけで。

おこのみチエ_2310_09

食べながら次に注文しているお料理が仕上げられているのを見学。牛スジ入りメニューは、一食単位で袋詰めしてある下茹でしたスジ肉を使われるのですが、これが結構しっかり量!なのでスジ肉ファンは嬉しいのだ。

おこのみチエ_2310_10

スジ入り焼うどん醤油味で¥700+目玉焼き乗っけ¥100なり。ソース味もお願いできるのですが、今回は醤油味で。オリジナル甘口醤油ダシでじゅわわわーとうどんをほぐすのですが、醤油強くなく、肉の旨味満載且つ塩分控えめで意外にさっぱり頂ける一品。

おこのみチエ_2310_11

うどんはノーマルな太さの柔らかめ。京都風ではないですが、相方、超ニッコリ。

おこのみチエ_2310_12

とん平だけでビールは制覇したので、アルコールが欲しいなあ!と白グラスを追加で。なんとなんと¥380というお手軽価格。

おこのみチエ_2310_13

我々が食べるペースに見事シンクロしつつ、間髪入れず「すじスペシャル」¥1100が登場。いやはや、きちんと綺麗な形で焼こうという強い意志を感じる一品。¥1100に刻み葱トッピングは含まれています。これまたスジ肉超しっかり!

おこのみチエ_2310_14

具材に、きざんだイカ天、それにモヤシが含まれる、正に正統派広島風ですな。こういう風に切ると綺麗な断面がしっかり見えるのだ。事前に塗ってあるソースはオタフク謹製だと思われるのですが・・・

おこのみチエ_2310_15

ココは京都、赤瓶は、赤シャバ系ソースのそこそこ辛い「辛」。黒瓶は、神戸と同じようなぽってりした泥ソース的な「大辛」。さらに「甘口」と三種類のソースがスタンバイ。 広島はそんなに辛くないソースのお店が多いので、辛いもの好きは超嬉しい。「大辛」で我々的にはイイ感じの辛さ。マヨネーズもしっかり完備かけ放題!と言う仕組み。いやーこれは、良いですなぁ。

お好み焼は、広島には広島の、大阪・京都には大阪・京都の良さがあるよ!と思っているのですが、こんなにでかいお好み焼!食べきれるのかよ!と思っても、キャベツとモヤシが超絶てんこ盛りなので軽やかにペロッと頂けるのが広島お好み焼の美点。ざく切りキャベツが甘い! 京都市内でこれが頂けるのは超嬉しいなあ!と思いつつ、楽しく頂けました。

以上、PayPay支払いで¥3860という風呂上りマッタリ価格。超!気にいったのでまたランチ時にお邪魔する予定です。お好み焼好きには大推薦、たまにはベタ焼以外のものも是非。



◆おこのみチエ
住所:京都市東山区今熊野椥ノ森町24-6 魚市ビル 2F
営業時間:[月~土]11:00~14:00(L.O13:30) 17:00~22:00(L.O21:30)
       [日・祝]11:30~21:00 木休・金ランチ休
TEL:075-746-3233
関連記事

0 Comments

Add your comment