fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

鉄板と煮込み どんぴしゃ@⾼倉通四条下ル

2023
23
仕事場が変わって、概ね、仕事上がりが16:30ごろになった相方。今日は仕事帰りにFB友とご一緒して、京都高島屋で開催されている「ときめきトゥナイト展」を見に行くのだ!とのこと。が、丁度私も四条烏丸界隈で通院予定の日。それならその後、一緒に晩御飯食べなんてどうよ!ということに。
今年の食べ歩きテーマの1つに「お手頃価格で美味しい居酒屋」というのがありまして、今回はそういう気分の日。最近出来た居酒屋さんに行ってみようと前日予約で席を押さえてもらったわけで。

ドンピシャ2310_01

で、やってきたのが⾼倉通四条下ル。お店の名前は「鉄板と煮込み どんぴしゃ」。お手軽系な鉄板焼き料理と、もつ煮込みが一押しのお店なのだ。ま、選択理由は病院のあるビルから徒歩3分以内だったというのもありますが(汗) 相方とMDRさんは30分前には入店済。一階はなかなかお洒落なカウンター14席。二階に通して貰うのだ。全46席という規模感。

ドンピシャ2310_05

とりあえず瓶ビール(アサヒドライ¥700)と、突き出しで出てくるサラダ、それに1品で時間つぶししていたお二人にお待たせー!ということで、ご挨拶のいつもの乾杯から。ナチュール系白ワイングラス¥700、私は生ビール麒麟一番搾り¥660からゆるゆるとスタート。

ドンピシャ2310_03


概ね週末だけ食べ歩き人なので、平日に京都市内中心部に出てくることは超少ないのですが、こちらに来る前に、お店前を通ってきた人気店は、シッカリ満席だよねえ!などと意見交換しつつ、お料理を確認。名物メニューがこちら。とりあえず煮込みは食べておけ!ということでしょうな。しかし、どこかのメニューでも見たようなフォントだと思いつつ。

ドンピシャ2310_02

更に季節限定系なものがこちら。

ドンピシャ2310_04

更にこちらがグランドメニュー。基本、お好み屋さんが出すお料理の変形版的なものがお手軽価格で色々と、という構成。お肉料理はそれなりに、アルコールはなんだかオリジナルサワー類はやたら豊富。ワイン系が少なそうなので、今日はサワー類を色々呑んでみましょうよと言うことに。

ドンピシャ2310_19

こちらが突き出しで¥450/人。豆腐ドレッシングと塩昆布が掛かった生ハム乗っけ系サラダという健康的な布陣。サイズ感が解らないのですが、3人前分が一盛りでどーんと出てきたようで、到着時はワタシ分だけになっておりましたが・・

ドンピシャ2310_20

更に、これまた私が到着前に注文していた「アテ生ハムとチーズ」¥800なり。こういうしっかり度数の高そうな酒に合いそうなものも色々と・・なのだ。では本格的に何か注文しようということで、4品ほどを先に通して貰う。


ドンピシャ2310_07

まずは速攻で登場した名物「赤煮込み」¥580から。甘辛醤油ベースの牛筋煮込みという、居酒屋メニューの定番。お洒落イタリアンでパスタが盛られていそうなお皿で、量は多くは無いなあ!と思ったら、嵩増しの蒟蒻などは入っていない、正統派スジ煮込みでした。添えられている一味をしっかりかけて。

ドンピシャ2310_08

更に「白煮込み」¥580なり。こちらはホルモンの煮込みで、酒粕の風味がある白味噌風味。これまたなかなか美味しい。

ドンピシャ2310_06

どこででもポテサラ食べる男ですので、またもや注文しております。「里芋ととびっこのポテトサラダ」¥490なり。ジャガイモではなく、里芋なのでねっとりとした食感と、コリコリしたとびっこの食感の調和がポイント。マヨ系ではないサッパリした和風な味付けなのがイイのだ。

ドンピシャ2310_12

普通ならワインをボトルでもらおうや!となるのが我々のいつものパターンなのですが、¥6600と結構いいお値段なので、このお店ではサワー系とかの方が面白そうだよね!と、次のお酒を。左は相方注文のど定番「角ハイボール」¥550、真ん中は私注文「手作りトマトサワー」¥550(アサヒなどが缶で販売しているトマトカクテル濃度で美味しい。)、右はMDRさん注文の「クラフトエルダーフラワーサワー」¥680を。(たしかにエルダーフラワー!スッキリ系ですが、やや甘口~)

ドンピシャ2310_09

19:00ちょい過ぎ入店で、30分ほどで2階席はほぼ満席!という状況。満席になる前に撮った雰囲気写真。3~4人ぐらいのグループ客がほとんどで、お客様平均年齢は我々を除くと(滝汗)30才に行かないであろうなあ!という。しかし、二階は屋根裏部屋的で少人数でこそこそするにはイイ感じ。個室もあるようです。

ドンピシャ2310_10

韓国料理店でビビンバが入っていそうな熱々の石鍋で出てきたのは「極出汁煮込み」¥800なり。鶏・鰹・昆布の合わせダシで煮込んだ「おでん」なのですが、花かつおてんこ盛りで登場。 具材は三種、でっかい大根、玉子、でっかいジャガイモで、確かにお味もなかなかだったアイデア勝負な一品。火傷にご注意。

ドンピシャ2310_16

満席になってきたので、お料理の出は流石にゆっくり目。お酒の提供スピードは速いのでついついお酒のピッチが速まるのですな。で、せっかくなので名物だという「オリジナルサワー」3種各¥660を制覇しておこうよ!ということに。

サワーは、黒、緑、赤の3種がありまして、黒は炭パウダー+リンゴ+レモン+パイン。見た目より全然スッキリ味。 緑はほうれん草+小松菜+オレンジ+キウイで、これが我々的には一番人気でした。赤はビーツ+人参+アサイー。これも全然悪くない感じ。度数も5度は無さそうで、お酒に強くない方なら吞みやすいのではないかと。

ドンピシャ2310_13

名物の「どんぴしゃトンテキ」¥1800なり。厚さ2cm以上ありそうな、予想以上のしっかり量。低温調理?のような柔らかさでなかなか美味かったです。ソースは甘口醤油系の和風なものと、玉ねぎピュレを合わせるのも工夫。オススメ!

ドンピシャ2310_15

全然、お手軽鉄板焼店でお願いしそうなものを注文していない!と思ったので追加した「とんぺい風オムレツ」¥750なり。これがなんだかお得系で、薄焼き玉子に、2cm角ぐらいありそうな豚の肩ロース角切り肉がゴロゴロ入っていてボリューム大。これまたオススメ。

ドンピシャ2310_14

更に、「すなずりガーリック焼」¥550なり。いやー、お好み焼店定番アテですが、これまた普通に美味しい。

ドンピシャ2310_18

最後に〆とドリンクを注文。速やかにドリンクは提供されるのですが、右は「葡萄おろしサワー」¥500、左は梅干し入りの「青じそおろしサワー」¥500なり。どちらも癖なく、ノンアル気分でごきゅごきゅイケます。多分、アルコール度数はかなり低いと思われるので、全然酔っ払わないのですがお腹は膨れます~。

ドンピシャ2310_17
 
〆にチョイスしたのがこちら。「春菊和牛スジお好み焼」¥880なり。セルクルのような丸い型を当てて焼いていると思われる、柔らかーい一品。刻んだ春菊とキャベツ入り、それも徹底的に細かいのが入っている超変化球! が、これもなかなか普通に美味しいのだ。いやー、色々と考えられますなあ。

以上で、ドリンク写真を何枚かわすれているかも?なのですが、1人あたり¥5000チョイというお支払いでした。¥5500で呑み放題のコースがお願いできるので、3人以上で呑むならそのほうが色々飲み食いできるので良いかも!でした。 ちょっと普段とは違うものをお手軽価格で!ならアリえる一軒。四条界隈をうろうろしている方なら、手駒にぜひ。



◆鉄板と煮込み どんぴしゃ
住所:京都市下京区高倉通四条下ル高材木町221-4
営業時間:【月~金】17:00~23:00
       【土・日】16:00~23:00  年末年始休
TEL:050-5600-5655
関連記事

0 Comments

Add your comment