fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ホルモン 豚金@元田中

2023
24
9月まで衣笠にある某キャンパスが勤め先だった相方。丹波橋からは結構通いにくい場所で、以前からその前に勤めていた百万遍にある某キャンパスに再就職する!という野望を抱いて活動し、この10月から見事再就職を果たしたわけで。またまた出町柳界隈のネタがこれから増加しそうです。

で、この週末は百万遍周辺で落ち合って晩御飯を食べようや!ということになるのですが、そうだ!あそこに行こう!と久々に思い出したお店に訪問することに。お店の名前は「ホルモン 豚金」、京都市内では多分ここだけだと思われる、新鮮な豚ホルモンを焼肉スタイルで食べさせる専門店なのだ。 前日予約でオープン時間の18:00予約が取れて、うきうきやってきた出町柳。

豚金2310_01

最寄りは叡電元田中駅で底から徒歩5分ほど。久々にやってくる元田中なので、京阪出町柳駅から「界隈にどんなお店ができているかなあ~」と視察しつつ(汗)、ゆるゆる20分ほど歩いてやってきた17:50。もうお店に暖簾が出ていたので店内に。

豚金2310_02

お昼から結構な雨模様だったせいか、今日のゲストは我々だけという珍しい日。たしか以前来たのはもう随分前で、今回たしか3回目。前回はネット上からもう消失したeo-blogの時期。8年ぶりくらい?と思いつつ、さぁ、何を食べようかということに。

豚金2310_04

豚ホルモン盛り合わせはしっかり300g入りで¥2000なり。こちらにはお皿にどんなホルモンがどういう順で盛り付けてあるかと、各ホルモンの焼き時間ガイドが表示されているのだ。(つまようじを目印にさしてある頭の良い作戦!) 塩・タレお好みで!なのですが、ここは半々でお願いしたほうが幸せになれそうな予感ですな。更に・・・

豚金2310_03

カウンター方面に目をやると、沢山短冊がぶら下がっていて、なんだか非常に気になるのですが・・・

豚金2310_06

奥の壁の張り紙なので少々字が小さいのですが、「鶏ホルモン金土日のみ」に目が止まる訳で。これもミックスで¥1000なので、こちらはタレでお願いするわけで。

豚金2310_10

とりあえず、瓶ビール¥600をお願いし、暫しほっこり。で、我々だけなので・・・

豚金2310_07

10分ほどで豚ホルモンが登場。いやはや、ピカピカと光輝く新鮮ホルモン、掃除も完璧。先ほどの絵のように爪楊枝が刺さっているのがハツ、という仕掛け。塩・タレを半々でお願いすると、概ね塩味付きで一部タレが掛かった状態なのですが、真ん中に漬けダレが置いてあるので、一切れづつ自在に調整して頂けるのが嬉しいのだ。

豚金2310_08

更に今回初挑戦の鶏ホルモン。時計の2時方向から時計回りで、スナズリ、ハート、レバー、茄子を挟んでセセリという布陣。鶏焼肉店は京都市内でも増加中!なのですが、モモ、ムネが無い鶏ホルモンのみ!という潔さがなんだか楽しい。

豚金2310_11

後はひたすら焼くべし焼くべし!喰うべし喰うべし!ですな。火の上においてしっかり炙りつつ頂くのですが、いやー、どれも超ウマ。ポイントは、焼き時間はガイド通り守りつつ、表面には結構しっかり目に火を入れること。辛いのが好きな人は適宜、七味・一味で調整を。

豚金2310_09

キャベツ盛りは¥300なり。タレのセット物が色々スタンバっていて、博多風ポン酢味やら、ドレッシング、ウスターソースとマヨネーズなど色々あるのが楽しい。今回は生でかじったり、焼いたりしたかったのでタレ類は何もなしで。焼いて焼肉の漬けダレで頂くのがなんだか美味しいのだ。(ウスターソースとマヨネーズもお好み焼的な味になって面白いです) 結局、あとでお替りまでするという好き度です。

豚金2310_12

多分、ドリンク類が麦酒とハイボール、各種サワー!という感じで少ない目なのが我々的にはちょっと残念~なのですが、この割り切りが、このお店のキャラにはマッチしているような。ウマウマホルモンとセットで私はハイボール、相方は麦お湯割りを頂きつつ、更に円やか気分が加速するわけで。

豚金2310_05

で、始めのミックス2皿で45分経過。そろそろ追加なのですが追加のお肉は、概ね¥500で一人前という設定。この一覧表と、店内にぶら下がっている短冊を眺めて、超悩んで3種を追加注文。(単品追加時は、ご店主にこれはタレですかね?塩の方が良いですかねえ~?とお聞きしたほうが幸せになれます)

豚金2310_14

2皿に分けて、ババーンと登場。まずは短冊メニューからチョイスした「豚特上タン」¥800なり。「タンモト」のようなのですが、牛タンとは違って噛み締めたときのコリコリとした食感はそのままに、肉厚なのに全体的には柔らかくて食べやすいのだ。いやー旨いですな、これは。

豚金2310_15

更に、肉厚に切ってある「カルビ」(バラ)、それと「シロコロ」(マルチョウ)どちらも¥500が登場。カルビは一度塩で食べたので今度はタレで。シロコロは当然タレで。美味しい脂がぎっしり!で・・・

豚金2310_17

焼くとぷっくり膨らんで、焼肉ファイヤー!が楽しめるのだ。いやー、一味パッパでこれまた美味しい。

豚金2310_16

これはお酒が進みまくり!ということで、追加でバイスサワー¥500を。スッキリ系甘口ですが、脂っこいものにイイ感じで合いますな。

豚金2310_18

で、いよいよ〆ご飯。白ご飯と一緒に頂く〆肉も合わせて注文。超ウマ!だと思ったので、再び「ハツ」¥500、それと「ハラミ」¥500で〆ということに。ハラミは牛と同じく横隔膜筋なのですが、シコシコとした食感で程良い脂の乗り。炙ると旨味がぐぐんと活性化。このハラミも超ウマ!なのを再確認。

豚金2310_19

いやはや、大満足の大満腹。結局、瓶ビール1、ハイボール1、焼酎お湯割り1、バイスサワー1と呑み量はかなり控えめなのですが、食べるのは超しっかりで¥9000程の大大大大大納得のお支払い。いやー、期待通りお手頃価格でした。
帰り際に御店主から「今日は人が少なかったので、いいお肉が当たったね!」と言われて更にニッコリ。相方の業務状況をみて、これは忘れずにまた来ないとなあ!と思った良店。大満足でした、オススメです!。




◆ホルモン豚金
住所:京都市左京区田中西大久保町14-5
営業時間:18:00~23:00(LO22:00) 月水休
TEL:090-1151-5934

関連記事

3 Comments

さやか姫  

こんにちは😊

どれも美味しそうですね

2023/10/24 (Tue) 11:51 | EDIT | REPLY |   

スイカ小太郎。  

ワタシの吞み友にも非常に人気が高いお店で、定期的に覗きに来たくなる筆頭店。豚焼肉!というあまり見かけないジャンルなのですが、お安い&美味しいので、豚肉好きなら無条件で推薦です~。

2023/10/30 (Mon) 21:02 | EDIT | REPLY |   

-  

百万遍の美味しい店を紹介していただき、誠にありがとうございます。
百万遍でお店を探していたので助かりました。

おそらくご存知だと思いますが、百万遍の北側にある「割烹有原」は日本酒を飲まれる方ならお値打ちかと思います。

2023/11/19 (Sun) 20:04 | EDIT | REPLY |   

Add your comment