fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

京紅葉散策23/11/4 - 京都府立植物園

2023
05
季節ネタですので、ばばばばっと早めに出しますよ!の京都紅葉ネタ2023年度版、その4です。

前日の「文化の日」は、灘にある兵庫県美術館で素晴らしい美術品鑑賞だったのですが、先に次の土曜日の京都紅葉散策ネタを一つ。やってきたのは紅葉の名所ではないのですが、四季折々の花々がとても美しい京都市民のお庭、「京都府立植物園」。 たまたま前日ネットを彷徨っていたら、植物園にはコスモスも植えられていて、丁度見頃ですよ!との情報。散歩がてら、のんびりしに行こうとやってきた9:30すぎ。

京都植物園2311_16

年に2、3回は理由を付けてやってきている気がするお気に入りスポット。そもそも総面積24万平方メートルという広大な敷地なので、人が集まる桜やバラの季節でもゆったりしているのが良いですな。更に入園料が¥200(温室は別途¥200)というのもありがたいのだ。

京都植物園2311_01

自宅最寄りの近鉄伏見駅から電車一本で来れるので、地下鉄北山駅側にある北山門から入園したのですが、その真ん前にプランターに植えられているコスモスが正に見ごろな状態。 あと2か所、お土産屋さんなどがある会館前、それにバラ園の中ほどにもコスモスが植えられていました。

京都植物園2311_02

季節外れの温かい、いや、暑い日で当日は11月なのに、最高気温25℃という半袖でOK!な日。そのなか、ふわふわと可憐な蝶、ヒメアカタテハがコスモスの蜜に惹かれてやってくるわけで。

京都植物園2311_03

のどかなのですが、流石にフード付きパーカーでは少々暑過ぎでびっくり。植物園の北側にある「半木神社」周辺の池にモミジが植えられているので行ってみようということに。

京都植物園2311_04

モミジのその1は、半木神社の東側池。

京都植物園2311_06

早めの時間帯なので普段よりもぐんとギャラリーは少な目で、のんびり園内を散策するのだ。

京都植物園2311_07

こちらが西側の池。全体的にこれぐらいの色づき加減ですな。どんどん秋が深まりつつあるよねえ、ということに。

京都植物園2311_08

イロハモミジ以外にも色々な紅葉する木々が植えられているので、赤い色が見えると落ち葉踏みしめて近寄るのだ。こちらは「アメリカハナノキ」の類。

京都植物園2311_12

こちらはモミジの類ですが、真っ黄色に色づいてこれも綺麗。

京都植物園2311_11

近づくとこんな感じ。

京都植物園2311_10

植物園会館前に植えてあった珍しい種類のコスモス。

京都植物園2311_09

陽当たりの良い場所は、少々ありえない暑さでへたばってくるのですが・・・

京都植物園2311_05

実はバラ園も見ごろで、11月中旬ごろまでは風雅な花と香りを楽しめるようです。コスモスや紅葉スポットより、断然大勢のギャラリーが集まっていました。

京都植物園2311_13

ま、一万二千種もの植物を観察できるので、気になるものだけを写真に収めていてもきりがない!のだ。(なんですかね、これは。化け狐のしっぽのような・・汗)園内を1時間ほどぐるっと散歩し、そろそろ次の紅葉ポイントに移動しようぜということに。

京都植物園2311_14

今年二回目の真如堂!へ行くぞ!ということになるのですが、徒歩ではかなり歩くのでバスかなあとマップを見ていると、植物園の南東の下鴨中通側に「北泉門」があり、門の前にある「京都府立京都学・歴彩館」にPiPPAポートがあることが判明。これはレンタサイクルだよ!ということに。

真如堂2311_14

無事2台確保し、ちゃりちゃりと移動開始。またまたその2に続きます~。
関連記事

0 Comments

Add your comment