fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

肉のよいち 伏見桃山@大手筋商店街

2023
10
我が住まい、丹波橋から伏見桃山界隈は、実は結構焼肉店が多い地域。その中で大手筋商店街に、名古屋方面で人気の焼肉チェーン店が京都初出店!との情報。大手筋商店街はテレワーク後散歩で歩き回っているので開店数日前にお店前でちらしをGETし、早々にやってきた土曜日ディナーなのだ。

肉のよいち2311_01

念のため、お昼過ぎに予約して向かったのですが、当日、大手筋商店街はお化けが出るイベントの真っ最中。想像以上に大勢のギャラリーが行きかう商店街を抜けて、やってきたのが「肉のよいち 伏見桃山」なり。いやー、予約しておいてよかったですな。元は日本酒バルがあった場所。お隣はこの、なかなか美味しいラーメン店。 店内に。

肉のよいち2311_04

想像以上に奥行きのあるお店に改造されていてびっくり。一番奥のテーブルに通して貰う。全45席!なので、こういう排煙装置完備のテーブルが10個以上ありそうです。この6人席以外のテーブルと我々が入ったテーブル以外は概ね埋まっているようでした。京都人は新しいお店が好きだよねえ!と相方と感想を述べつつ(我々もですが汗)、メニューを確認するわけで。

肉のよいち2311_03

お肉メニューがこちら。御覧のように売りは炊き立て釜炊きご飯。白飯と肉を食え!という方針は超明確。特に上肉設定はなく、ホルモン類が味付け違いで幾種類かスタンバっているのですが、部位はそんなにない感じだなあ!ということに。ま、お値段はかなりお手軽設定。

肉のよいち2311_05

お酒系はこちら。こちらも、お手軽設定なのが嬉しい。

肉のよいち2311_02

ご飯は時間がかかるので、先に注文することをお勧めしています!という、フロア担当のお姉さんのアドバイスに速攻で乗っかる訳で。(これは入り口に掲示されていた説明書) お肉の天肉と心臓系がなさそうなので、相方はこの時点で少々不満顔なのですが、タンの盛り合わせが非常に良さそう!なので、それを2人前お願いしてあとは気になるものを何種類か注文。

肉のよいち2311_06
 
とりあえず、私はトリビー¥490(以下、全て税別価格)、相方は麦焼酎ソーダ割り¥490を注文し、お料理を待つわけで。オープンが11月1日なので、このお店が初めて経験する超満員状態であろうかと思うのですが、店内が少々パニ食っているのを見学するのが結構好きな我々です(汗)

肉のよいち2311_07

で、まずサーブされたのが、「釜炊き白ご飯」!(一合¥490)というのがビックリ。なんと固形燃料で炊かれていて蓋の上に22分ぐらいでデジタルタイマーがセットされて登場。これが意外にちゃんと炊き上げられるわけで。

肉のよいち2311_08

キムチは、白菜と胡瓜、カクテキ(大根)が事前にマゼマゼ状態で出てくる「まぜキムチ」¥490、それに韓国海苔¥150を注文したら、こういう8枚入りパックがそのまんま登場。メニューごとの振り切った割り切りが楽しいわけで。キムチをつっつきつつ、お肉を待つと、まずはこちらが登場。

肉のよいち2311_10

今日はこれを食べに来ましたという気合で、「大将牛タン食べ比べ」¥1490×2!を注文。11/1のオープン数日前に、お店の前にメニュー入りのチラシが置いてあって、その写真のまんま瓜二つな状態で登場して、ビックリ。
まちがいなくチルドの上肉!。薄切りタンは超極薄ではなくて、噛みしめると肉汁しっかりな若干厚切り。超厚切りは厚み2cmはあろうかという、ちょっとしたステーキ並みの存在感抜群な一品で、奥に小ぶりに切られた中落ちタンも想像以上に量しっかり。肉質や内容は超納得感高しですな! 

とはいえ、個人的には卸しニンニクは別添え少量でOK!(いや、無くても全然OK!)ではないかと。

肉のよいち2311_19

テーブル上に味変メニューは特に置いていないのですが、注文すれば出して貰えます。レモン1/4で足らない方は追加でレモンダレを。(我々は、コチジャンと山葵を出して貰いました)

更に、これも良いなあ!と思ったのが登場。

肉のよいち2311_09

赤身肉は、これだけしか置かれていない「和牛カイノミ」¥1290なり。これも厚み20mmほど、120gくらいありそうな塊肉!という、なかなかチャレンジングな一品なのだ。

肉のよいち2311_12

焼いている写真を忘れている!とようやく思い出すわけで。ガスロースターで、焼き網は使い捨てではない太目のメッシュ(交換も可能)なのだ。塊肉は四面をじっくり焼いて、じわじわ楽しめるのが良いですな

肉のよいち2311_13

ハサミがあるので、適宜好きな大きさで。いやー、旨しです。熟成タレ+コチジャンがお気に入り。

肉のよいち2311_11

で、上肉がスタンバっていない!珍しいお店。こちらはたしか「よいちカルビ」¥890なり。いやー、全然普通に美味しいですな。柔らかさ重視系ですが、もちょっと厚みがあればなあ!かな。

肉のよいち2311_14

更に、「よいちハラミ」¥1290なり。カルビより、ハラミの方がお高い!という設定ですが、これまた普通に旨しです~。

肉のよいち2311_15

で、ご飯を蒸らしおわったので、頂くことに。炊き立てご飯の香りが嬉しい。想像以上にイイ感じの炊きあがりでした。お肉には白い飯!な人なら大好きであろうなあ!という。

肉のよいち2311_16

我々は酒も飲みつつ。結局、よいちハイボール¥490や陸ハイボール¥490など、合計6杯ほど制覇したような。
で、〆肉はホルモン系も食べてみたいということで・・・

肉のよいち2311_18

名物だという「やみつきとんちゃん」¥490を。豚大腸ですが、脂は取ってあるのでぷりぷりと食べやすい一品。牛肉メニューの間にこういうシミジミ系なオカズも白ご飯にはイイ感じ。更に!

肉のよいち2311_20

「辛ホル」¥590を。お値段を安くする代わりに、どの部位を食べたい!とお願いは出来ない仕組みなのですが、2切れづつぐらいでてっちゃんに、マルチョウ、ハラミの端っこや先ほどのとんちゃんなどがわさっと。ボリュームはこのお値段なので超納得。ミノ、レバー、ハツは無い模様なのが残念。

肉のよいち2311_17

あとは色々焼いて、焼肉 on the ライス!で大満足~という作戦。お若い人にはウケそうな予感ですな。イイ感じでお腹いっぱいになった1時間10分少々。(いつもながら食べるの早し・・・汗) で、チェックお願いします~!とお声掛けすると・・・

肉のよいち2311_21

こういう御猪口で、口直しのお味噌汁が出てくるのも、少々斬新! 結局、色々お酒類は6杯ほど、白ご飯付きでこの構成で¥12000ほどというお支払い。全然納得だったのですが、好き嫌いが結構はっきり分かれそうな焼肉店ですな。肉には白ご飯派!タン好きならかなりイイ感じではないかと。御馳走様でした~。




◆肉のよいち 伏見桃山
住所:京都市伏見区東大手筋町749 フロムファーストビル1F
営業時間:【平日】17:00〜23:00
       【土】 11:30〜14:30 16:00〜23:00
       【日祝】11:30〜14:30 16:00〜22:00
TEL:075-623-8811
関連記事

0 Comments

Add your comment