fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

京都紅葉散策23/11/20 - 南禅寺・天授庵・永観堂

2023
21
季節ネタですので、ばばばばっと早めに出しますよ!の京都紅葉ネタ2023年度版、その9です。

夏の猛暑のおかげで、今年の京都の紅葉はどうもサッパリとダメだ~と落ち込んだ前回の紅葉パトロールネタなのですが、夏の間にもきっちりモミジに水やりしているお庭なら大丈夫であろう!ということで、月曜日もなんやかんやと調整して無理矢理お休みにしたわけで。(前日、綾部まで大人の遠足だったので、その疲れもあるであろうということで・・・・。そちらは忘れないうちに明日書く予定です~)

で、ちょっともたもたして8:40には自宅を出発し、50分少々でやってきたのがこちら。

京都紅葉_231120_02

いよいよハイシーズン突入の南禅寺。朝から駐車場にはバスツアーの大型バスが5台以上駐車中。とはいえ、境内が広大なので、そこまで大混雑!という感じではありませんでした。清水寺はとんでもない状態なのだろうなあ!と思いつつ、先に好きな紅葉ポイントに。

京都紅葉_231120_11

こじんまりしているお庭がとても綺麗な天授庵。うおー、これは期待できそうな紅葉度合いだなあ!とワクワクしつつ。ほぼ毎年見に来ているお気に入りポイントなのですが、今年も¥500をお納めし・・・

京都紅葉_231120_04

本堂のガラス越しの紅葉にうっとりするわけで。

京都紅葉_231120_03

で、お庭のほうに移動。半数は海外からのお客様、という状況ですが、ま、それなりにギャラリーは多し。

京都紅葉_231120_05

ベスト!ではありませんが、色づく前に茶色くなって枯れ落ちている葉は少な目で、ちゃんとイイ感じのグラデーション。

京都紅葉_231120_07

奥にある池の周りもとても綺麗なので、奥へ奥へ。先ほどの窓越しの紅葉の裏側がこちらで、イイ感じに色づいているのだ。いやー、これは綺麗ですな。

京都紅葉_231120_08

池の周りの紅葉その1に・・・

京都紅葉_231120_09

その2。皆さんマナーが良くて、一か所でじっとしているカメラマンがいないので、意外に人のいない写真が撮れるのですな。ま、平日の役得!ということでしょう。

京都紅葉_231120_10

まだ、完全に紅葉が進んだ!わけではないのですが、我が家的にはこれぐらいのグラデーションに色づいている、ちょっと空いている京都のお庭が好きなわけで。自分的には一番見たいタイミングで来れました。

京都紅葉_231120_06

大満足で、天授庵を後にして・・・

京都紅葉_231120_13

折角なので南禅寺の無料ゾーンも見ていこうということに。自分達で前撮りをしている中国人カップルなど海外からのお客様も結構居られるのですが、日本人観光客もかなり戻っておられるように感じました。

京都紅葉_231120_12

京都紅葉_231120_14

一応、お約束写真もパチリ。南禅寺水路閣周辺のモミジはこの小さな木だけが真っ赤で、あとはまだまだ緑な状況。満足し、それでは今日のメーンイベントだ!ということで。。。

京都紅葉_231120_15

徒歩10分ほどで、京の紅葉の名所と名高い永観堂に到着。東福寺の紅葉も一斉に色づくと超圧巻!なのですが、面積が広いので夏の天候に左右されやすいように思います。こちらは紅葉の季節に集客するために、お庭のメンテナンスが超行き届いているようで、他の紅葉があまりよくない年でも、綺麗な紅葉が見られる気がします! 大期待で¥1000をお納めし、中へ中へ。

京都紅葉_231120_16

朝は曇っていたのですが、抜けるような青空に。本堂でお宝が特別公開されているので、先に本堂に入ることに。

京都紅葉_231120_17

本堂内のお庭その1に・・・・

京都紅葉_231120_18

本堂内のお庭その2。まだピークではなく、今週末の飛び石連休で良い感じになっているのでは!と思われますな。お宝やご本尊は写真撮影不可なので、お参りだけ済ませて、いよいよ外のお庭に。

京都紅葉_231120_19

御影堂の前がこんな感じで・・・

京都紅葉_231120_20

お庭の周りは、今まさに見頃ですよ~!という状況。

京都紅葉_231120_21

毎年、同じような写真を出しているのですが、今年もまた同じようなのを(汗汗汗)

京都紅葉_231120_22

このお向かいに団子を出すお茶屋さんがあるのですが、40席以上ありそうな縁台はすべて満席!という大人気状態の10:30過ぎ、という状況でした。

京都紅葉_231120_23

お昼から別の用事があるのですが、もう一か所、やっぱりあそこには行かないと!ということに。後半に続きます~。
関連記事

0 Comments

Add your comment