fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ピッコロ バンビーノ@伏見桃山

2023
26
うっかり書き忘れていた、既に10日ほど前の1人ランチネタを1つ。
実はこの紅葉巡りネタの枕で、磁気情報がぶっとんだキャッシュカードの取り換えに三井住友銀行に行ったのを書いたのですが、行員さんの親切な対応で意外に素早く30分少々で手続きが終了。銀行を出たのが1:15過ぎ。折角の午後半休なので、これは有効活用だと、まずは伏見桃山近辺でランチにしようということに。

ピッコロバンビーノ_2311_01

洋食が良いな!久々にコートレットだ!と、大手筋商店街の裏路地を西進していると、随分前に1度行ったイタリアンの前を通りかかったわけで。席が空いていそうなので入ってみようということに。お店の名前は、ピッコロ バンビーノ。元々、小倉にあったイタリアンで、2017年に蕎麦屋の玄太さんの斜め向かいに引っ越しされ、既に6年目。店内に。

ピッコロバンビーノ_2311_04

なんだか奥行きのあるお店で、35席もあるかなりの大箱。全く覚えていなかった(滝汗)ので少々びっくりしつつ、カウンターに案内頂くわけで。平日のランチ時13:00なのですが、中高年の地元のお客様で大盛況。6席あるテーブル席は1つを除いて埋まっているのだ。人気ですなあ。 実はイタリアン店が非常に多い伏見桃山界隈。こちらが一番席数があるので、入りやすいというのはあるでしょうな。で・・

ピッコロバンビーノ_2311_02

ランチはこういうセットを提供されているのだ。光って見えなくなっているのが、メインの皿が出てくるメインランチ。パスタランチでもデザートとお茶付きですので、非常にお手頃。ガス窯焼きですが、ピッツアもスタンバっております。

ピッコロバンビーノ_2311_12

当日のパスタやメイン料理がこちら。この後、結構歩くつもりなので、今日は軽めにパスタセットでいいよなあ!と決めて、「牛すじ肉のボロネーゼ」を+¥150で生パスタにアップグレードし、わくわくとお料理を待つわけで。待っている間にカウンター席にお一人様が2名来客し、いよいよ盛況な店内。シェフご夫婦とフロア担当の女性の3名体制で運営されていました。

ピッコロバンビーノ_2311_05

折角の休みなので白グラスをお願いする。確かシャルドネで、ハウスワインで無くちょっと良いのを頂いたような。確か¥800だったかな。この後、どこへ紅葉見物に行こうかなあ?と、スマホを眺めつつ検討していると・・・

ピッコロバンビーノ_2311_06

まずはパスタ前にグリーンサラダが登場し、

ピッコロバンビーノ_2311_07

温めたパンが登場。1つはガーリックトーストになっていて、程良くワインのアテになるのが嬉しいのだ。

ピッコロバンビーノ_2311_08

概ね満席近かったので、想像したより短時間の、着席10分で「牛すじ肉のボロネーゼ」がどどーんと登場。このスピード感が人気の秘密かな?と思いつつ。御覧のように盛りは非常に良好ですな。

ピッコロバンビーノ_2311_09

生パスタなので芯があるアルデンテでは無くて、むちむちむっちりした食感でソースが良い感じで絡んで美味しい。ソースタップリ。

ピッコロバンビーノ_2311_10

牛スジ肉は、喫茶店系ボロネーゼでありがちなミンチ肉ではなくて、カレーに入っていそうな若干大きめのものがゴロゴロ!入っているのも嬉しい。赤ワイン系ではなくてトマトしっかり系な味付けですが、これはイイお味だなあ!ということに。パンで皿に残ったソースまで余さず頂くわけで。で・・・・

ピッコロバンビーノ_2311_11

パスタを食べ終わった絶妙なタイミングで、お願いした珈琲と、栗風味のセミフレッドが登場し、暫しほっこり。

ピッコロバンビーノ_2311_03

食べ終わったころに後ろの席が空いたのでパチリ。PayPay支払いOKで¥2400ほどという大大納得価格でした。御馳走様、この辺りのイタリアンではかなりお手頃価格な一軒でしょうな。また来ます~。



◆Piccolo bambino (ピッコロ バンビーノ)
住所:京都市伏見区魚屋町573 川口ビル 107
営業時間:11:30~15:00(14:00LO) 17:30~0:00 月休・第三火休
TEL:075-574-7427
関連記事

0 Comments

Add your comment