fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

牛 こうの@京阪神宮丸太町駅

2023
29
最近、隔週ぐらいで焼肉屋さんを開拓している気がする今日この頃。とはいえ、我々が狙うのはお酒をしっかり目に吞んで2人で¥20000以下の比較的お手軽なお店なのだ。で、相方のリクエストでなんだか肉気分になった祭日前の水曜日夜。仕事帰りの相方と落ち合って、やってきたのがこちらです。

肉こうの_2311_01

京阪神宮丸太町駅の4番出口を出て、南に信号を渡ったら東に50mほどの駅近物件。「黒毛和牛焼肉 牛こうの」なるお店。2日前に永観堂に紅葉を見に行った帰りに前を通りまして、あー、こんな便利な場所にも焼肉屋があるじゃん!と気が付いたわけで。気がついてからお店に来るまでは、いつもながらスピーディ(汗)

肉こうの_2311_02

前日予約で18:00にお店に入店。席数は42席で結構あるほう。一番奥のキッチン前にカウンター席が4席あり、そちらに入れてもらいました。そちらから入り口方面の風景がこちら。で、この空き席が1時間後には見事に概ね埋まる訳で。

肉こうの_2311_03

お酒の注文を取りに来てくれたお姉さんが、今日のお勧めです~と可愛らしい黒板メニューを見せてくれるのだ。で・・

肉こうの_2311_08

とりあえず、私は生ビール中(なんと¥420!以下、全て税込み価格です)、相方はいいちこお湯割り¥550を吞みつつ、さあ何を食べようかということに。 ガス台はこういう円型タイプの100均系金網。鉄製プレートを加熱して輻射熱を中心に焼く方式。鉄板が焼けるまで時間がかかるのと、全般的に火力がやや弱めなのが難点ですが、焦がしにくく、じっくり火を入れやすい型ではあります。

肉こうの_2311_04

で、お肉のレギュラーメニューがこちら。シャトーブリアン¥3500!のような高級肉もあるのですが、他は目の飛び出るような価格設定は無い納得ライン。我々的には赤身肉が3種(イチボ・ラムシン・モモ赤身)があるのが点数高し。

肉こうの_2311_05

更にホルモン系が充実しているのも嬉しい。サイドメニューがあと2ページほどあり、サラダにユッケジャンスープにチゲにビビンバ、さらにクッパに冷麺!と概ね焼肉店にありそうなものはほぼ網羅。Instagramなどではユッケジャンが人気なようです。とはいえ、うちの駄blogを御覧の奇特な方々なら、我々が白ご飯以外そういうサイドメニューに食指が伸びない!のはご存知だと思いますので省略します~(詳細はGoogleマップ参照で・・・超滝汗)。 

で、とりあえず気になるメニューを5点ほど全て塩で注文し、ワクワクと登場を待つわけで。

肉こうの_2311_09

まずは、我々はどのお店でもお願いする塩タンなのですが、このお店では「上タン塩おろし」¥1430が一押しの模様。大根おろしがついてくるのですが、撮影忘れ(汗)。 タン塩にレモンと大根おろしが意外に合うという発見。肉は薄切りにするため冷凍物なのですが、コンディションは良好でした。ウマー! 

肉こうの_2311_12

ガス台の立ち上がりに結構時間がかかるので注意ですな。鉄板が温まり切っていないうちに肉を乗せるとドリップがたっぷり出てしまうので、のんびりと焼くのが吉。

肉こうの_2311_10

お次は単品三種を盛り合わせて登場。いやー、これは見たまんま、上質ですなあ。奥側が厚切りの「ラムシン塩焼き」¥1410なり。上質な赤身ステーキのような感じで5mm厚強はある存在感抜群~な一品。右下が結構脂が乗った「赤身モモ」¥860、左下が「和牛上ハラミ」¥1760なり。

肉こうの_2311_13

ラムシンには卸しにんにく、それに生醤油が付いているのだ。標準でスタンバっているタレは2種、濃いのと薄いのがあり、テーブルには置いていないので、店員さんにお願いし両方とも出して貰いました。薄いのも洗いダレではないのですが、あっさりしてイイ感じ。塩焼きはきちんと塩が乗っていて、そのままで食べるのがこのお店のスタイルのようですが、適宜、色々つけて味を確かめたりするのも楽しいですな。我々的にはラムシン推し。

肉こうの_2311_11

で、当日お願いした唯一のサイドメニュー、「ナムル盛り合わせ」¥660なり。しっかり量で味付けもバッチリ。これまたイイ感じで。

肉こうの_2311_14

「天肉」¥750も塩で。これも冷凍でかなりの薄切り&お値段良心的。最初に注文したのがここまでで、上肉を一種類、それにホルモン系を2種追加だ!ということに。

肉こうの_2311_15

赤ワイングラスが¥550と良心的価格!なのですが、同じグラスに注いでもらうと2杯目から¥500になるサービスがありまして、ついつい2杯目も注文。生ビールもですが、全般的にドリンク類がお手軽価格なのがこのお店の美点ですな。

肉こうの_2311_16

まずは「特選レバー塩焼き」¥880なり。いつものお約束ですが、ま、エッジが立っていてこれは上質ですな。もちろん、焼いて食べます!

肉こうの_2311_18

で、ようやくタレ焼で、「ごちゃまぜホルモンセット」¥1650なり。ミノ系は入っていませんが、ホソにセンマイ、赤センにテッチャン、ハツは入っていたような。量も結構しっかりでこれまた良心的。タレ焼きは京都ではよくある濃厚赤味噌しっかり系。

肉こうの_2311_19

火入れがゆるやかなので、2つづつぐらい焼くのがペース的にイイ感じでした。

肉こうの_2311_17

で、このあと近くにある某日本酒バルに行こう~ということになり、白ご飯は抜きにして、〆はこの上肉で。「上バラおろし」¥1680なり。こちらも肉質は良好で、お肉のチョイスは非常に良心的に思えました。 卸しポン酢で頂く趣向で、さっぱりと〆られるのが嬉しい。ホルモンとかわりばんこで食べて、大大大満足でした。いやー、喰った喰った。

以上で〆て、生ビール×1に、いいちこお湯割り×3、角ハイボール×1に、赤ワイングラス×2となんだかチャンポンでむっちゃ呑んで、それでも¥14000台!という大大大良心的価格設定。飲み物が高いお店だと、酒代だけで¥6000は超えそうなので、ま、我々向き。グループ客中心ですが、カップル席も何席か確保されています。で、のんびり焼肉なら良いチョイスかと。御馳走様でした~!





◆牛 こうの
住所:京都市左京区東丸太町11-4
営業時間:17:00~LO22:30 木休(祭日の際は営業)
TEL:050-5597-8450

関連記事

1 Comments

さやか姫  

おはようございます😊

どれも美味しそうですねぇ。

2023/11/29 (Wed) 06:27 | EDIT | REPLY |   

Add your comment