fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

出し巻と一品料理 宮(14)@丹波橋

2023
05
特に用事を入れていない週末のある日のネタ。
大体、こういう日は遠くに出かける根性がない場合が多いのですが、まさにそういう日。概ねそういう日でもいきなり飛び込みでお店に出かけることは少ない我が家。17:00ごろに電話し、我が家から徒歩10分圏内にある、こちらの席を押さえたわけで。

宮_2311_01

我が駄blog、14回目のご紹介「出し巻と一品料理 宮」。ご店主は京都市内の某有名鰻専門店の料理長を務めた方で、和食全般をなんなくこなす敏腕の持ち主。このお店が自宅そばにあるので、我が駄blogで和食店の新規開拓が進まないのですな。(だはは) とはいえ、このネタ以来なので半年ぶりの訪問。

宮_2311_03

カウンター席に常連さんが1名と我々と同年代カップル、テーブル席には常連さん3名グループ、関東方面からやってきた観光客3名グループ、という状況。我々がカウンターに入って満席に。さぁ、何を食べようかと目の前のメニュー短冊を注視するわけで。

宮_2311_02

基本、京都中央市場が開いている日しか営業していないお店。皿に並ぶ魚は、季節の流れに応じてしょっちゅう入れ替わっているわけで。この規模なので、今日の刺身は全部当たり!という日は長期休暇明けなのですが、間違いのないものが出てくるのだ。いつものごとく、刺身は盛り合わせでお願いし・・・・・

宮_2311_04

私は生ビール、相方は麦焼酎お湯割りをお願いし、更に短冊とにらめっこするのですな。

宮_2311_05

まずは、お決まりで八寸が出てくる仕組み。右の青い小鉢には「食用菊と蟹身の酢の物」、左の小鉢は「胡麻和え」で胡瓜、椎茸、薄揚げ入り。赤いモミジを象った器には超ウマ、「雲丹蓮根」、赤いモミジに隠れているのが、松葉にささった「銀杏」に「カステラ玉子」、「揚げた稲穂」、手前「蕗の山椒煮」という布陣。まあ、お手軽系居酒屋さんでは出てきそうにない手の掛かりよう。日本酒を誘うお味。

宮_2311_06

で、結構な大皿でお任せの刺身盛りがババーンと登場。これが¥2300!なのだ。嬉しくて笑っちゃいますな。時計のゼロ時方向から時計回りで、ヨコワにクロダイ、いさき、六時の方向がアオリイカ、カイワレの下に隠れているのが生だこ、カンパチ、鰆。真ん中が平目という8種盛り~。本日一が脂乗り十分で蕩ける鰆、それにブリブリの黒鯛(チヌ)でした。イヤー、大納得の大満足。

宮_2311_07

最近、刺身に添えておられる刺身用の胡麻。TVで見かけてこれは面白い!とネットで調べて、最近出すようにされている模様。京都産かと思ったら、長浜の「鍋庄商店」なるお店謹製でした。ちゃんと山葵の風味がして、白身に合うように思いました。

宮_2311_08

で、いつものごとく、「浦霞」→「立山」→「乾坤一」と制覇したような。一合¥1000ぐらいの安心安全価格。

宮_2311_10

満席でお料理が立て込んでいるときは、女将さんから時間つなぎで落花生のサービスがあるかもです。ニッコリ。

宮_2311_09

これまた、京都の数多の居酒屋で提供されていると思われる、この季節の定番「くもこ天ぷら」¥1200なり。蓮根にヤングコーン、モロッコの後ろに隠れていますが、非常に軽やかな揚げ上がりで、正に蕩ける食感で超旨。これにも先ほどの胡麻が合うかも~と思いつつ。

京都外から来られた3人組様が新幹線に間に合うようマッハで、常連のお一人様もその後お帰りになられてから、店内は少々マッタリモードに。お隣に座られたカップルが「中書島の楓fuさんで教えてもらったのですよ~」とご店主と話されていて、我々もです!と意気投合してしまうわけで。(後のテーブル席の方々もそうだった模様ですな。。世間は狭い~)

宮_2311_11

特大の活けの車エビ塩焼きは2個注文。いやー、超熱々でぶりぶりな食感で旨しですな~。これまた大満足。

宮_2311_13

本日来た理由が実家からミカン10kgが送られてきたので、御裾分けなのですが、女将さんから「これも九州からの御裾分けなので呑んでいってね!」と、まず自分では買わないようのを。

宮_2311_12

煮魚で美味しいのは!とお願いし、今日はご店主お勧めの「赤ハタ」¥2500で。金目鯛も美味しいのですが、深海魚は身が柔らかいので、身のほくほくした食感が好きならこちらですな。味付け共々、超大好きでした。いやーニッコリ。

もう、お腹も結構イイ感じなのですが、今日はこれで〆よう!ということに。

宮_2311_14

「白石温麺(うーめん)」¥700なり。半田素麺と同じくらいの太さ。長さが通常のソーメンの半分くらいでつるつる感最強!な、まさに〆麺に超適切な一品。柚子が利いた上品なダシが旨い、麺が旨い、結果、大大大満足~な一品。
〆メニューは色々揃っているお店で、京都風の味付けのあっさり親子丼や天丼、季節のかやくご飯(松茸ご飯、竹の子ご飯に出会えると超幸せ)も超ウマですが、ま、今日の気分にピタリでした。

以上で〆て¥12000をチョイ割れるという大大大大納得なお支払い。今年はうっかりして松茸やこっぺ蟹の季節に来れなかったのですが、今後とも季節ごとに覗きにくることになると思います~。御馳走様でした、いいお店です。




◆出し巻と一品料理 宮
住所:京都市伏見区東大国町1022-3 コーポ大黒1F
営業時間:17:30~LO21:00ごろ 水休
TEL:090-7351-6252
関連記事

1 Comments

さやか姫  

おはようございます😊

八寸綺麗ですねぇ。その他も美味しそうです。

2023/12/05 (Tue) 06:08 | EDIT | REPLY |   

Add your comment