fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

鮨 晶(しょう)@東京 豊洲 23/12/8(2)

2023
13
久々東京旅行、その2です。その1がこちら
豊洲市場にやってきて、とりあえず飯だ飯だ!と「水産仲卸棟」へ移動。こちらの2Fに10点ほどの店舗がある小さな飲食街がありまして、旅行初日のランチにチョイスしたのがこちら。

晶_2312_01

お店の名前は「晶」(しょう)、飛び込みで入れたのでどうなのよ!と思ったのですが、期待を超える良きお店でした。一応、事前にどこで寿司が食えるかはチェック万端、市場内で特に人気は青果棟隣接の「大和寿司」、それにやってきた水産仲卸棟にある「寿司大」が二大巨頭。で、お隣の寿司大は予約満席との表示。晶は予約不可のお店で、11:00の段階で満席ですが行列は無く、やったー!と思いつつ、列の一番目に並ぶのだ。

晶_2312_03

並んでいる間にメニューを確認。「冬の特選お任せ握り」(こっぺが付いております)が¥12000、「特選にぎり8貫」が¥6500、「おまかせ12貫」が¥4800、「おまかせ8貫」が¥3500。海鮮丼やごらんのようなアテメニューも完備。

晶_2312_04

本日のネタはこんな感じ。丁度2組ほどのお客様が帰られて、5分ほどで店内に案内されるわけで。カウンターの隅っこに席確保できました。旅行中はものごとがスピーディに進むのはありがたいですな。超ニンマリしつつ。カウンター13席、2人テーブル2つのこじんまり店を板さん3名、お姉さん1名の4名体制で運営中。営業時間は、7:00~14:00です。

晶_2312_05

で、大阪発8:01の新幹線に乗れば、豊洲の鮨店で11:07には瓶ビールにありつけるわけで。折角なので、刺身4種盛りをお願いし、私が「おまかせ12貫」、相方が「おまかせ8貫」を注文。

晶_2312_06

突き出しのもずくを突っつきつつ、ビールでホッコリ。我々の前の板さんはお若いのに口達者な人で、よもやま話も旅行の醍醐味。どこでお土産を買うと良いか教えてもらいつつ、目の前で刺身が切られるのを見学するわけで。

晶_2312_07

「刺身四種盛り」は¥3800なり。ゼロ時の方向から時計回りで、今日の本鮪は常磐産。薄切りに仕立てた白身はなんだったっけ、超ウマ。更に超!旨かった舞鶴産鯵、それに北海道産帆立と言う布陣。いやー、豊洲は流石に鮪はイイのが入ってますな。

晶_2312_08

これは呑まないと!ということで、「麒麟山 伝統辛口」一合瓶で¥800を注文し、速やかにいい気分になってくるわけで。(ちょっとこなれた味わいですが、これもまた良し)

晶_2312_09

で、お鮨に移行。醤油や塩などの味付けは事前に済ませてあるので、そのままお口に直行!なのだ。まずはこちらを~と「愛知産 真鯛」から。塩で頂きます。程よい歯ごたえで上品。ウットリだなあと思った後に・・・

晶_2312_10

更に「常磐物 本鮪中トロ」。うへー!これは参りましたですな。旨~。シャリは純白、甘すぎず酸っぱすぎず、サイズもほぼ中庸ぐらいですかね。お箸で食べて大丈夫な握り加減。

晶_2312_11

更に「舞鶴産 鯵」が登場。しこしことほど良い歯ごたえ、旨味満載。板さんに京都から来たと白状し、流石に豊洲には全国から良いものが集まりますよねえ!と感想を述べるわけで。

晶_2312_13

「石川産 鰤」、北陸のように肉厚には切っていないのですが、ハラミの部分で非常に柔らかく、脂のりのり。。

晶_2312_12

これはこちらでもあまり無いですねえ、と今日の一押しだった「長崎産 はがつお」。皮を炙って香ばしさをプラス、更に上に乗っている青いものは、ニンニクと生姜、葱を合わせたペーストで、なんだか超ウマでした。

晶_2312_14

12貫だったので私にだけ登場、これも炙りなのですが火の入れ方が超抜群・・・メモが残っていないので、なんだったかな。。。確か「石川産 のどぐろ」だったような・・・(でも、味は覚えているという)

晶_2312_15

インターバルで、梅水晶(サメ軟骨梅肉和え)を大葉と生の大根スライスで挟んである一品が出て・・・

晶_2312_16

再び、「北海道産 帆立」が登場。肉厚ですな~、美味しいです。

晶_2312_17

デッカイ「大分産 車海老」が登場。ぶりぶりで申し分なし。

晶_2312_20

吞んでいるので、様子を見て出して貰った味噌汁。毎日、下した魚が入るようで、程良い感じで魚ダシが利いていて超ウマ。いやー、良いですな。更に十二貫のワタシ分のみ、「富山産 シャコ」も登場。これまた大きくて食べ応えあり。ツメの甘さが程よい感じで。いやー、ウマ!

晶_2312_19

玉がインターバルで登場。甘味はありますが、甘い!というほどそれほど甘くないタイプ。十二貫のワタシ分で、「いくら軍艦」、「雲丹軍艦」で超にっこり。いやー、これも美味しい。

晶_2312_21

晶では一押しらしい「煮穴子」なり。市場内のお店から仕入れられているようなのですが、驚くほどふわふわで超ビックリ。甘さも程よく、これが一番驚いたかもです。 八貫注文の相方分の鮨はこれで終了で・・・

晶_2312_23

で、十二貫の〆がこちら。(十三貫でした・・・ニッコリ。)「中落ち手巻き」なり。海苔が香ばしくていいですな。最後まで大大満足なのですが、板さんからまだ握ります?と確認され、おもわず2人とも、1貫だけ追加を。

晶_2312_24

折角江戸前に来たのだから、これは食べておきましょう!ということで「こはだ」なり。いやー、こんなに肉厚で、酢の乗りも程よい(酸っぱすぎない)のを食べたのはあまり記憶がないのですが、旨かったです。

で、以上で〆て、瓶ビール1の日本酒1合とチョイ飲み込みで¥14900!という大大大大納得価格。伝票がしっかりしているので間違いはないですな。お店の外に出たら10人程の行列ができておりました。
そんなに鮨経験が無い我々なのですが、これは少々次元が違うレベルだなあと。めっちゃ気軽に行ける雰囲気なので、ま、お近くに立ち寄られたら、オススメいたします。いやー、超良かったです~。



◆鮨 晶(しょう)
住所:東京都江東区豊洲6-5-1 水産仲卸棟 3F
営業時間:7:00〜14:00(LO) 水・日・祝休(水は豊洲市場に準ずる)
TEL:03-6633-0041
関連記事

1 Comments

さやか姫  

こんにちは😊

どのお寿司も美味しそうですねぇ。

2023/12/13 (Wed) 13:12 | EDIT | REPLY |   

Add your comment