fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

中國料理 宏鑫@京都現地系中国料理店巡り32@山科 椥辻

2023
22
で、なんだか久々に書く京都食い意地ネタなのですが、書きやすいのから先にご紹介。一部のマニア系知り合いには評判が良い、久々の京都現地系中国料理店巡り32!です。

やってきたのは山科区、最寄り駅は地下鉄椥辻駅なのですが、800mほど西に進んだ住宅街の中にある中国料理店、宏鑫(こうしん)なるお店。この10月にオープンしたばかりでネットでの評判も上々。やってきた土曜日のランチ時。お店前にPAはあるのですが満車で、近隣のコインPAに車を停めてやってきたオープン時間の11:00を20分近く過ぎた時間帯。

コウシン_2312_01

西野道沿いにあるこういう佇まいのお店。店名は「中國料理 宏鑫」(コウシン)。店名や、この赤い看板から察するに、六地蔵にあり、餃子が超旨かった「餃子閣」の系列店であろうかと想像されるのだ。六地蔵には同じ店名の現地系ラーメン店もあります。店内に。

コウシン_2312_06

窓に向かうカウンター席が2席、4人掛けテーブルが4つのこじんまり店内。がっちり系のご店主とお若いお姉さんの2名体制なのですが、お二人とも中国に起源がある方の様で、お二人とも日本語は概ね大丈夫そうな感じでした。
4人テーブル2つは既にカップル2名が入られていて、お姉さんの「お好きな席へどうぞ~」に促され、奥角のテーブル席に着席。

コウシン_2312_02

速やかに本日のランチメニューがテーブルに出てくるのですが・・・

コウシン_2312_03

夜のアラカルトメニューもテーブルに置いてあり、Googleマップに掲載されていた内容からブラッシュアップされていました。Googleマップの写真では「メーニュ」と大書されていた(現地系店メニューでは、こういう日本のお年寄りがやるような間違いが結構あります・・・汗)ので、ご店主は日本語Readingも出来そうだなあと思いつつ、内容を確認。この規模感で全8ページほどありますので、3ページほどご紹介。こちらが前菜系で・・・

コウシン_2312_04

こちらが肉料理の一部。多分、豚角煮系は間違いなく旨そうだと思いつつ・・・

コウシン_2312_05

更に麺類にご飯物。ヨーポー麺もスタンバっていて久々に食べてみたい!のですが、今日は相方は定食気分!ということなので、「上海風玉子煮定食」¥900をお願いし、私は当初にランチにもスタンバっていたメニューで絶対食べようと思っていたのがアラカルトのみになっていたので、それと餃子2種をお願いしてみることに。

コウシン_2312_07

注文8分後に、相方注文の「上海風玉子煮定食」¥900がババーンと登場。ご飯は2人でシェアする目的で普通量でお願いしたのですが、一緒に取り分け用のお椀が出てくる気の付きよう。メインの「上海風玉子煮」と一緒に豆腐、それに人参入りの玉子スープ、ザーサイ、それにキクラゲ入り中華風塩マリネ的サラダが付いてくるのだ。ご飯量がかなりしっかりある&おかず量が多いので、1人なら全然お腹いっぱいな税込み¥900!なり。

コウシン_2312_08

こちらが「上海風玉子煮」、具材は柔らかい玉子炒めに、太い春雨、豚肉に玉ねぎ、韮と言う布陣。いやー、ガッツリ系街中華店よりも塩分は全然控えめ。で、オイスターソース系の甘口野菜炒め的な普段使いの健康的な味付け。たっぷり、汁だくなのでご飯に乗せて頂くと丁度いい感じ!という感想。旨いです~。

が!狙っていた、現地系店では結構定番の一品が想像通りイイ感じ!だったわけで。それがこちら。

コウシン_2312_09

ババーンですな。「豚角煮とじゃがいも煮」¥1000なり。いやー、引き絵なので分かりにくいのですが、驚くべきことに豚肉量が概ね半量近いしっかり量! ちゃんと皮付三枚肉!という泣かせる構成。とろみのある甘口タレで煮込んであるのですが、過剰に甘すぎない程よい味付けでこれまたバッチリ。ジャガイモは揚げてから煮てあるのですが、ホクホク!

コウシン_2312_10

で、当然白ご飯を半分づつシェアし、おかずをしっかりご飯に乗っけて大満足。これはまた良いお店を発見できたわー!と大満足なのですが、この後の餃子がまた美味しいのだ。六地蔵の餃子閣も閉店されてしまったので、ワクワクと登場を待つわけで・・・

コウシン_2312_11

で、ババーンと登場、餃子二種。奥が「手作りニラ焼き餃子」6個で¥500、手前が「手作りキャベツ焼き餃子」¥500なり。テーブル上にしっかり効く具沢山の自家製ラー油、酢と醤油を合わせた餃子タレがスタンバイ。

コウシン_2312_12

いやー、現地系店とするといいお値段なのですが、超納得な内容。焼き加減は皮パリパリザックザク、齧り付くと熱々のお汁がじゅわーん!という理想形。こちらは、キャベツ焼き餃子の断面写真。具材を全くケチっていない、超お肉しっかり量。ある種、ソーセージ的なお肉感。更にニラ餃子の具は半分ほどはザクザクに刻んだニラで、そちらのほうがこのお店らしいと思います。大推薦!

京都市内で、このお店のニラ餃子とおなじくらい美味しい餃子は、両手で足りるのではないかと思われるハイレベルさでした。以上で税込みで諸事情でお酒を飲んでいないので〆て¥2900!という安心安全明瞭価格。これはイイお店だよ~と大満足でお店を後にしたわけで。また機会を狙ってやってくる気満々店。ま、現地系中国料理店とすると、入店するハードルはとても低いお店ですので、お近くなら是非チェックを。



◆中國料理 宏鑫(コウシン)
住所:京都市山科区東野舞台町36-7
営業時間:11:00~14:30 17:00~23:00 月休
TEL:090-9710-3793
関連記事

1 Comments

さやか姫  

こんにちは😊

ボリューム満点ですねぇ。

2023/12/22 (Fri) 14:57 | EDIT | REPLY |   

Add your comment