fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

辰年絵馬の四社参り@23/12/23

2023
26
で、今年最終のお出かけ記録、いや、もう一本、年末の餅つきネタ(真如堂近くの、あそこです)を書く予定なのですが、こちらも我が家では毎年末の行事になっている年末四社参りネタを1つ。

この数年、お正月前に京都市内の神社巡りをして大絵馬を撮影し、その写真を年賀状にしている我が家。大体、12月初めから絵馬を飾られ始める神社が何か所かあることに気が付いて、我が家の恒例行事に。相方の提案でそろそろ絵馬を撮影にいこうよ!ということになった12/23。観光シーズンを外れているので、車を使えば軽めのランチ時間もコミ、3時間少々で四社巡り出来てしまうわけで。またまた相方の運転で(汗)、自宅を飛び出た10:00チョイすぎ。

辰年絵馬_2312_01

年末なので車が少々渋滞し、やってきた第一チェックポイント「護王神社」に到着したのが10:40ぐらい。猪を祀ってある足腰の神様として有名ですな。神社北側に参拝者用駐車場完備なので、するっとやって来やすいのが嬉しい。駐車場側から入門し・・・

辰年絵馬_2312_02

ちゃんとお参りするので、手水舎に向かうのですが・・・

辰年絵馬_2312_03

なんだか可愛らしい飾り付けが。で・・

辰年絵馬_2312_25

拝殿前に掲げてある、大絵馬をパチリ。毎年、こういう感じのアニメチックで親しみやすい絵柄の絵馬を出しておられます。神社ごとにキャラが違うのが毎年の楽しみです。

辰年絵馬_2312_05

で、「今年も無病じゃないが、そこそこ息災でした!」とお参りを済ませて振り返ると・・

辰年絵馬_2312_27

拝殿の中に、辰年を祝うお洒落な龍の飾り付けが。護王神社でこういう飾り付けをされているのを見たのは初めてかもです。満足し、次に移動だ!ということに。

辰年絵馬_2312_06

またまた境内脇にあるパーキングに駐車し(いつの間にか1時間¥600!になっていて、少々ビックリ。次の30分を超えると+¥200でした)第二チェックポイント「北野天満宮」到着11:10。流石にシーズンオフなので空いているのですが、大絵馬はババーンと楼門上に掲げてあるわけで。

辰年絵馬_2312_24

今年の北野天満宮の龍は、なんだかほのぼのと幻想的が混在した不思議な感じでした。


辰年絵馬_2312_07

で、北野天満宮では檀家さんが奉納している大灯篭が境内のあちこち飾り付けられているのですが、山門下の灯篭の下には龍の御紋がありますので、辰年向けに要チェック!ですな。

辰年絵馬_2312_12

山門前の手水舎はいつもながら超ゴージャス。お参りに行こうと本殿に。

辰年絵馬_2312_08

中門をくぐると、丁度「まいまい京都」のツアーのようで、20名強のギャラリーが中門の由来の説明を受けているところ。我々は本殿でお参りを済ませ、来るたびに撮影している気がする、本殿両サイドの、一番外側にある灯篭をチェック!

辰年絵馬_2312_10

本殿向かって右側の灯篭に、このような立派な鳳凰のレリーフがあり・・・

辰年絵馬_2312_09

左側の灯篭には、麒麟のレリーフがあります。見つけると物凄く得した気分(だはは)になれますので、是非チェックを。なんだか大満足し、車はここに置いたまま、北野天満宮から北東方面徒歩8分にある・・・

辰年絵馬_2312_11

こちらの某ラーメン店でお昼を済ませ(次のネタでご紹介予定ですが、お洒落で良いお店でした。)・・・、12:20ごろ北野天満宮出発。PA代は1時間分で済みました汗

辰年絵馬_2312_13

やってきたのは第三チェックポイント「梅宮大社」着、12:40。お庭がとても綺麗で、梅の名所としても有名ですが、社務所で沢山保護されている猫の神社としても有名ですな。

辰年絵馬_2312_17

手水舎でお清めを済ませ・・

辰年絵馬_2312_14

拝殿に飾り付けられている絵馬をパチリ。非常に独特で楽しい造形ですなあ。絵馬にあるように、福井県東郷子安の地蔵尊奉賛会からの贈り物のようですが、隠れFANです。干支一周分は写真を集める予定ですので、宜しくお願いいたします~。

辰年絵馬_2312_15

で、お参りを済ませてから、猫を触りに行く相方なのですが・・・

辰年絵馬_2312_16

久々に朝から2℃!という超寒い日で、猫さんも居らず、外に出ていた猫には速やかに逃げられてしまい、今日は早々に退却だ!ということに。

辰年絵馬_2312_18

で、最終の第四チェックポイント「松尾大社」に到着したのが13:00ごろ。「お酒の神様」として、我々的には毎年ちゃんとお参りしなくては!と思っているのですが、こちらも結構大きなPAがあるので大イベントが無い時期は車で来やすいところ(新車のお祓いもされていますので・・)です。

辰年絵馬_2312_19

立派な山門をくぐると・・・

辰年絵馬_2312_20

拝殿前には来年の絵馬がばばーん。こちらでは、亀と鯉は神のお使いとして崇められていて、絵馬には必ず亀か鯉の姿があるわけで。

辰年絵馬_2312_22

で、今回非常に珍しいタイミングでやってくることが出来ました。お酒の神様ですので、日本各地の酒蔵から酒樽を奉納されていて、神輿庫の前にずらーっと並べてあるのが日本酒好きにはたまらない!のですが、丁度その酒樽を新しいものに入れ替えておられる作業の真っ最中でした。(私のFacebookページのカバー写真に、こちらの酒樽の写真を使わせて頂いております)

辰年絵馬_2312_21

流石にお酒は入っていないのですが(汗)綺麗に積み上げるのはなかなか難しそうな。相方と「どういう順番で並べるのかねえ」などと暫く作業を見学。

辰年絵馬_2312_23

豆知識なのですが、授与所で頂ける「御朱印帳」がこの酒樽のデザインで、酒好きなら間違いなく使うでしょう!という(汗)。今使っているのが一杯になったら、次回はこちらを頂く予定です。

以上、師走も押し詰まる、今日の四社参りでした。多分、来年も続く予定です~。
関連記事

0 Comments

Add your comment