fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

肉料理 焼肉遊食庵@男山竹園商店街

2024
06
2023年の我が家の食べ歩きテーマは、①焼鳥屋の新店巡り ②若者向けお洒落居酒屋 ③ランチに使える焼肉店 とお手軽なお店を中心にあちこち食べ歩いていたのですが、京都での2023年ラストランチは焼肉!と意見一致。

こういう時用にブックマークしているお店は数多あるのですが、丁度行こうと思ったスーパー銭湯「竹取温泉 灯りの湯」の近くに見つけていたお店に行ってみようということに。休まれるお店も多い12/30、それもランチ時なのですが、開店1時間前に電話したらすんなり席が取れるのだ。数えること、今年23軒目の焼肉店でした。だはは。

遊食庵_2312_01

お店は男山団地の中心ほどにある「男山竹園商店街」の中にあります。商店街の共同駐車場があり、焼肉店に行く人はそちらに駐車すると3時間無料券が頂ける仕組み。この商店街は今回初訪問だったのですが、大晦日前日なので、流石に閑散としておりました。ちなみにこの後行く、灯りの湯まで500m足らずの徒歩圏内。

遊食庵_2312_02

で、お店を探し当て、店内に。お隣は最近、現地系中華料理店と同じぐらいの勢いで京都で増殖中!のベトナム食材屋さんでした。靴を脱いでフローリングに上る方式で、店内は個室で仕切られているので全体像はよくわからないのですが、入り口そばの6人は入れそうなゆったりした個室に案内頂くわけで。ネット情報によると、全60席ある結構大きめの箱。

遊食庵_2312_03

予約していたので、既にタレなどがバッチリセットされていました。トングを事前に席数分置いてくれるお店は、とても良いお店ですな。

遊食庵_2312_06

ランチメニューがこちら。案内してくれたお姉さんに「アラカルトは注文できますか~!」と確認し、OK。「遊食庵セット」¥2500(以下、税込み価格です~)を1つお願いして、白ご飯をシェアし、後はアラカルトでお願いすることに。セットのご飯は大中小ありますが!と確認され、中でお願いしました。注文は、そちらからお願いします~ということで・・・

遊食庵_2312_05

タブレットで注文可能な仕組み。コロナ渦中で導入されたお店が多数!ですが、これがあるお店は、ほぼ注文漏れもありませんし、支払い額がチェック前に分かるので、我々的には非常に良い仕組みだと思います~。で・・・

遊食庵_2312_12

タレ類等はテーブルに何もセットされていないのですが、これも無料でタブレットからお願いできる仕組み。レモンやネギは有料ですが、味噌ダレやワサビやヤンニンジャンは無料でした。当然いつものパターンで、ヤンニンジャンは先に出して貰うことに。

遊食庵_2312_04

アラカルトメニューは一覧性の良い紙バージョンもスタンバっております。このあとお風呂!なので、そんなにガッツリは食べないのですが、赤身系から「特選モモ」¥1300、「ツラミ」¥850、「ホルモンミックス」¥1200はいっとこか~!という作戦。

遊食庵_2312_07

で、いつものごとく相方にちょっとだけ遠慮しつつ、「生ビール」¥550で速やかにほっこりモードに。

遊食庵_2312_08

一品目は、「特選モモ(塩)」¥1300なり。基本、特選や上メニューは国産黒毛和牛で、ハラミやツラミ、その他各種ホルモン類はUSだったりオージーだったり、色々なところから仕入れている模様。こちらは確かに非常に上質、且つ大面積。ハサミで半分ぐらいにきったほうが良さそうでした。お味も大納得。

遊食庵_2312_09

排煙機能しっかりのテーブル一体型ガスロースターを採用。100均網ではなく、かなり肉厚な鋳造製?プレス製?なのでイイ感じで焼けます~。(100均網の場合は、肉に火を当てる使い方をすると、それはそれで美味いのですが。ま、大事なのは火力ですな)

遊食庵_2312_13

で、「遊食庵セット」のお肉が登場。サイドを固めるのは、豆もやしのナムル、白菜キムチ、なぜかコーンが乗っているキャベツ、それにブロッコリーのサラダ。で・・・

遊食庵_2312_15

お肉は奥の1枚物が厚切りタン、大きめの3枚が赤身肉のマルシン、角切りで5個付の特カルビ、という布陣。イヤー上質ですなあ。多分、タンはチルド肉だと思われるのですが、4mm厚ぐらいの存在感のある切り方。とはいえ、厚切りかというと、食べやすい厚みですな。ちゃんとレモンも付属しております。

遊食庵_2312_14

もちろん、白ご飯中と、程良い濃度感のわかめスープ付き。写真忘れなのですが、「韓国海苔」¥250で10枚!もいつものパターンで注文。

遊食庵_2312_11

最近、相方が気に入って注文している「サニーレタスと味噌」¥450も追加の方向で。あとは焼くべし!喰うべし!なわけで。タレは醤油系で若干とろみがある中庸なタイプなので、我々的にはヤンニンジャン必須。

遊食庵_2312_17

しっかりタレに付けた、柔らかいマルシン乗っけご飯!で大満足していると・・・

遊食庵_2312_10

「ツラミ(タレ)」¥850が登場。木の葉型の好きな切り方で、このお値段なので全然納得レベルでした。

遊食庵_2312_16

「ホルモンミックス(タレ)」¥1200は、脂しっかりのホソ、テッチャン、レバーが各4切れ。ま、このお値段なので全然納得なのですが、家族向け店なのでホルモン愛は少々少な目ですかねえ。これらの結果から、上肉一直線!が大正解だと思われるお店。次回はぜひハラミを食べなくては。

以上で程良い満腹感!で、〆て¥7000チョイというお支払い。焼肉店で〆でビビンバやクッパに行くお若い人の参考になるのか!なのですが、カップルならお手軽系のセットを2人前注文し、好きな肉を追加で!のほうが、お手頃且つお腹いっぱいになりそうです。
この近くのお手頃焼肉店というと、「牛宗 まるなか」もお手頃で良いお店なのですが、お気に入りスーパー銭湯の近くですし、PA完備で使いやすい感じ。また、お風呂とセットで来そうな予感ですな。御馳走様でした! 多分、また来ると思います~。



◆肉料理 焼肉遊食庵
住所:京都府八幡市男山竹園2-1
営業時間:11:00~14:00 17:00~22:00 月休
TEL:075-925-6429
関連記事

0 Comments

Add your comment