fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

パーラー koyaji@柳馬場通松原下ル

2024
31
1月からどういう運の巡り巡りあわせか、我々好みのお店が続くですが、今回もそういうお店でしたので気合シッカリ目でご紹介。お店の名前は「パーラー koyaji」、こちらも、京都にお洒落居酒屋を展開する「五十家グループ」ご出身のご店主が、昨年11月にオープンしたばかり。koyajiとは「コジャレたオヤジ」の略(汗)だそうで、既にInstagramに書き込み多数!で気になっていたのですが、なかなか席が取れず、3回目の予約電話で、ようやく訪問機会をGET。

koyaji_2401_01.jpg

場所は柳馬場通松原下ル。周りに飲食店があまり無いのでこのお店の照明に引き寄せられますな。15:00~23:00の通し営業!ということで、19:00予約でお願いしていたのですが、ちょっと早く行けそうなので電話して18:00に変更してもらったわけで。店内に。

koyaji_2401_17.jpg

入り口奥側に4人掛けテーブルに3人掛けテーブル各1。奥に向かって長ーいL字型カウンター席が8席ほどですかね。既にあらかた満席の状態で、カウンターの中央が開いていてそこに入れてもらうわけで。お店は、男前のご店主とお酒担当のお姉さんの2人体制ですが、これはかなり大変そうだと思いつつ、メニューを確認。

koyaji_2401_03.jpg

お料理メニューは2枚構成。まずは冷菜系。カテゴリーでいうと、和食材を取り入れたイタリアン系ワインバルなのですが、ま、お手頃居酒屋価格なのが嬉しい。

koyaji_2401_04.jpg

更に2枚目。なぜか「自家製焼売」があり、オススメが「鴨カツ」というなんだか面白い組み合わせ。酒に間違いなく合いそうな、趣味の良いものが並んでいるので目移りしますな。先にドリンクをお伺いします~ということで・・・

koyaji_2401_02.jpg

こちらがドリンクメニュー。奥にワインセラーがあり、ワインはボトル売りが¥3800~という良心的価格設定。おっ!これは面白い!というのを1つ発見し、我々はその変化球を攻めようと思いつくのですが、とりあえず喉が渇いているので・・・

koyaji_2401_05.jpg

ワタシは「麒麟ハートランド生ビール」¥580、相方は「二階堂お湯割り」¥550を注文。多分、このお店で焼酎お湯割りを注文する人はほぼ皆無であろうなあと思いつつ、中でお湯を沸かすのに鍋に火を掛けてもらい、あたふたしているお姉さんを観察するわけで(汗)

koyaji_2401_06.jpg

一品目。またまたどこのお店でもポテサラ注文家族!ですので、「アンチョビポテトサラダ」¥550は当然注文。(最近、ポテサラを注文し忘れると、相方から突っ込みが入るのだ・・汗) マヨ成分多めの緩い感じで、その中に漬物類の刻んだものがコリコリとはいっているのが美味しいですな。そんなに塩辛い味付けでなく、バランス良好。

koyaji_2401_08.jpg

二品目は「ワイルドクレソンと炙り和牛のサラダ 山葵ドレッシング和え」¥950なり。これが非常に美味しくてですね・・・

koyaji_2401_09.jpg

上から振りかけてある白いのは、粉チーズでは無くて、レフォール(西洋わさび)をチーズ卸しですりおろしたもの。しっかり刺激と香りがあり、しゃきしゃきと歯ごたえの良いクレソンの独特の風味に、イイ感じで合うのですなあ。オススメいたします。

koyaji_2401_07.jpg

先のドリンクは呑んでしまったので、メニューで見つけた「ご当地ワンカップ酒」各¥800を注文してみようということに。こういう形で冷えているのを全部見せてもらえるので、お好きなのをチョイスする仕組み。いやー、これは楽しいですな。可愛い柄のカップが多いのですが、希望があればコップの持ち帰りもOK!です。 結局・・・・

koyaji_2401_24.jpg

写真の4つのカップをお持ち帰りしました(汗)。左の白いハトが書いてあるのから順に呑んでおりまして、まず大分は久家本店謹製「一の井手 上撰 ワンカップ」→静岡は志太泉酒造謹製「にゃんカップ 純米吟醸」→和歌山は九重雑賀謹製「錦郷 ウラシマカップ」→岐阜高山の平瀬酒造店謹製「久寿玉 手造り純米 さるぼぼカップ」と進行。そんなにヒネタ感じの日本酒はなく、アル添でもブレンドがお上手な蔵が多いですな。どれも美味しく頂きました。

余談ですが、カップの後ろに映り込んでいる木の棒のようなものが、先ほどのクレソンサラダに使われていた「レフォール」(西洋わさび)なのだ。

koyaji_2401_23.jpg

三品目は、「旬のフルーツとブラッターチーズ」¥1200なり。果物は梨、シャインマスカット、それにイチゴ。実は昨年から類似なメニュー(季節の果物+マスカルポーネチーズ+蜂蜜+生ハム少々)を自宅でも作っていて、その際は概ね白ワインかスパークリングに合わせているのですが、日本酒ワンカップでも全然合うなあ!という発見。これまたオススメです。

で、入店30分ほどで奥のテーブル席にもお客様が入り、ほぼ満席状態。その中でワンオペのご店主は、涼しい顔で着々とお料理を作られるのを見ているだけで結構楽しい我々です。

koyaji_2401_10.jpg

これもうめえよなあ!と感心した四品目。「よだれ鴨to柿」¥850なり。

koyaji_2401_20.jpg

前日食べた、INUIの「よだれ鶏」のようなパンチのある味付けじゃないのですが、良く熟した柿の甘味とピリ辛タレの調和がこれがまた非常に美味しいわけで。

初めに注文したお料理がここまでで、〆では無くて、もう2つぐらいアテを貰おうと意見一致。

koyaji_2401_15.jpg

まずは、お隣のカウンターに提供されているのを見ていて、これは!と思ったお料理を追加。注文すると目の前にあるコンベクションオーブンが動き出し・・・

koyaji_2401_13.jpg

暫しの後、五品目「チーズスフレオムレツ」¥650が登場。焼きたてなので超熱々の超ふわっふわ。蕩ける食感の玉子がたまりませんなあ。

koyaji_2401_14.jpg

スプーンですくいましたの図。ココットの底にミンチ肉が沈んでいるので、よく混ぜたほうが美味しいと思います~。玉子好きは必食!

koyaji_2401_18.jpg

もうちょっとだけ何か吞みたいと、「トマトサワー」¥650を注文し、まったり。で、〆の一品にはリゾット、パスタ(当日はサーモンとキノコだったっけ・・・)がスタンバっているのですが、我々は・・・

koyaji_2401_19.jpg

名物の「鴨カツ」¥1200を注文。しゃばっとした軽やかなウスターソースで自家製のようなのですが、なんだか鴨をサッパリと頂けるのが工夫。鴨はジューシー、サイズは小ぶりですが全然大納得な一品。いやー、良く呑み、良く食べました。

以上で滞在時間は約2時間。生ビール1に焼酎お湯割り1、ワンカップ4つ、サワー1と結構しっかり呑んで、支払いはPayPayが使え、¥10380!という大大大大納得価格でした。こりゃ使いやすいですなあ。

koyaji_2401_22.jpg

多分、このお店でワンカップで喜んでいる客は我々ぐらいなのでは!と想像するのですが(超滝汗)、帰る前にのぞかせてもらった、奥のワインセラーがこんな感じ(全部で、この3倍量ほど)。自然派など色々と幅広く扱っておられる模様。
こちらのお料理を合わせるならワインバル的に使う方が幸せなのですが、色々使いやすいので、またまた非常に気に行った一軒でした。こちらも、どなたかをお誘いしてこじんまり呑みたいものです~。


◆パーラー koyaji
住所:京都市中京区柳馬場通松原下ル忠庵町299-5
営業時間:15:00~23:00(L.O.22:00) 水休・不定休
TEL:075-585-5559
関連記事

4 Comments

さやか姫  

こんにちは😊

どれも美味しそうですねぇ。

2024/01/31 (Wed) 12:05 | EDIT | REPLY |   

ドライブおすすめスポット  

すてきなお店ですね。

西洋わさびで食べるサラダが気になります。
トマトサワー・鴨カツも気になります。
掲載画像どれも素敵でお使いになっている
カメラも気になっています。

2024/02/04 (Sun) 07:17 | EDIT | REPLY |   

くまいぬ  

行きたいです

子供がブッラータチーズとフルーツの組み合わせが好きなので、ここも行ってみようと思います。予約取れるかな・・・
秋にソローノさんでいただいたブッラータチーズとキャラメリゼした柿の組み合わせが絶品でした。機会があればぜひ♪

2024/02/05 (Mon) 15:32 | EDIT | REPLY |   

suika_cotaro  

営業時間が長い(15:00~23:00)ので、2人なら予約は入れやすいと思います~。
4人以上なら席争奪競争は激しそう。

2024/02/07 (Wed) 19:27 | EDIT | REPLY |   

Add your comment