fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Phở OHAYO(フォー オハヨー)@伏見区京町

2024
08
京都市長選だった日曜日。午前中に投票を済ませ、その足で近場でランチを食べようということで、我が家から徒歩圏に昨年末、出現したベトナム料理店に行ってみることにしたわけで。
このネタで男山団地周辺でベトナム人向けのガチベトナム店が増殖中!と書いたのですが、丹波橋の我が家近隣にもベトナム食材屋さんは3軒ほどあり、レストランは今回ご紹介するお店で2軒目。 実は、3か月以上前からGoogleマップには何かベトナムのお店が出来る予告が出ていて気になっていたのですが、住宅街の中に忽然と現れる系レストランなのだ。行ってみたら、想像以上に美味しいお店でしたので、しっかり目にご紹介。

OHAYO_2402_01.jpg

お店の名前は「フォー オハヨー」。一戸建て物件の改造レストランなのですが、この看板は超目立ちますな。
地元民でないと説明しにくい場所にあり、近鉄伏見駅から東に徒歩2、3分の位置にある交差点(道向かいに、「ラーメン荘 地球規模で考えろ 伏見本店」あり)を南に入って直ぐの位置。Googleマップでは、9:30オープンになっていたのですが、この手のお店の傾向として、ちょっと時間が経ってからのほうが良さそうだと10:40過ぎに到着し、店内に。

OHAYO_2402_02.jpg

こういう小上がり席完備なので、元々居酒屋か何かだったのでしょうな。4人掛け座卓が3つに・・・

OHAYO_2402_03.jpg

4人掛けテーブル席が2つ。この時間帯の初めての客が我々のようです。ベトナムの雰囲気バリバリで現地っぽい店内ですな。(いや、行ったことはないのですが汗) お若いお兄さんが1人で店番されていて、メニューを持ってきてくれるわけで。

OHAYO_2402_04.jpg

メニューは至極シンプル。店名のようにベトナムではメジャーな米麺で平麺のフォー、それに丸麺のブンがあり、スープは牛ダシ、鶏ダシの2種で全5種類。トッピング類が色々あるのが嬉しい。ベトナム料理店でフォーの替え玉があるのを初めてみた気がします!メニューを裏返しますと・・・

OHAYO_2402_05.jpg

サイドメニューが数種類、ドリンク類などが登場。ハリケンビール(汗)はちょっと楽しい気分ですな。サイドメニューの「おなゆ肉」(写真から察するに、ミンチ肉を乗っけたお粥だと思われ・・・)それに「ネムチュアクオーン」(揚げた豚ソーセージ的な)が滅茶、気になるのですが、多分量が多いので、今日は麺類に挑戦。注文しようとすると、お兄さんがほぼ日本語が喋れなさそうなことが判明し、メニューを指さして何とかオーダーを通してもらうのだ。

OHAYO_2402_06.jpg

お休みですので、超さっぱりしているベトナムビール¥610を頂きつつ、お料理を待つ10:45。で、10分ほどでお料理が登場。

OHAYO_2402_07.jpg

なかなかに素晴らしいビジュアルの「レア牛肉フォー&ビーフボール」¥1080なり。薄切り大面積の牛肉チャーシュー的なのが数枚、赤身牛肉をしゃぶしゃぶしたレア肉、ということになっているのですが、もう少々火が入ったお肉が結構しっかり量沈んでいて、更に肉団子がごろごろ、というしっかり具沢山な麺なのだ。クリアな牛出汁ベースで優しいお味のスープが美味しい。

OHAYO_2402_08.jpg

いつもチャレンジャーの相方は、丸麺のブンが良い!と即断即決。「ブン・マン・ガー」¥1020を注文。こちらは丸鶏を煮込んだクリアな鶏スープで、鶏肉と鶏団子、それに筍がトッピングされたもの。どちらも生レモン1/8個付き。

OHAYO_2402_09.jpg

お兄さんから一生懸命「パクチー?」と確認されたのでお願いしました。¥150なりですが、多分2人前分。パクチーは少量なのですが、ミントの葉、それに水菜とプリーツレタスを混ぜたミニサラダ的なもので、こういうあっさり麺に乗せると超!美味しいのでお忘れなく。

更に、中国では朝のお粥に合わせる揚げパン、中国では油条、ベトナムでは「クオイ(quẩy)」¥150×2も注文。フォーに入れてスープを吸わせると、これがまた旨いのだ。

OHAYO_2402_11.jpg

で、野菜乗っけの麺リフトアップ写真! ミントの爽やかさが加わり、ぺろぺろ麺がなんだか二日酔いの日に丁度良い感じで(汗)、これは美味いなあ!と思っていると・・・

OHAYO_2402_12.jpg

お若い店員さんがこの食べ方マニュアルを持ってきてくれて、テーブルに乗せてある味変アイテムを使えと、身振り手振りで一生懸命、教えてくれるわけで。

OHAYO_2402_13.jpg

テーブルには、オイル分少な目の具沢山唐辛子と、ニンニクスライスの酢漬け、それにベトナムチリソースがスタンバイ。(器はまったくの日本風ですが汗)このニンニク酢漬けを入れると超ウマでした。唐辛子は少量で超効くので慎重に。個人的には唐辛子は必須ではないかと。

OHAYO_2402_10.jpg

こちらはブンのほう。柔らかい麺ですが、フォーよりはこちらのほうが若干腰アリです。どちらも過去食べたベトナム麺の中でも飛びぬけてウマー!なのですが、私は牛ダシ推し、相方は鶏ダシ推しでした。甲乙つけがたし!

OHAYO_2402_14.jpg

フォーのほうの茹で牛肉。これが4枚ほど乗っておりました。結構食べ応えアリ。更に!

OHAYO_2402_15.jpg

揚げパンそのものには味が無いのですが、揚げパンをスープに入れると、揚げ油の効果でスープがまた美味しい気がします。更に旨いスープがしみ込んだ揚げパンはなんだか健康的になれそうな感じ。麺だけでは少々物足りない場合にぜひ!という感想。いやー、お腹パンパンなり。

以上で税込み価格なので、〆て¥3310なり!という大大大納得価格。食べ終わる前にもう1人、店員のベトナム人のお兄さんがやってきてレジを打ってくれたのですが、しっかり目に日本語を話せる方でした。

で、彼に確認したところに寄りますと、想像通り、京都駅前にあるベトナム料理店「OHAYO VIỆT NAM RESTAURANT & KARAOKE」の系列店であることが判明。そこで食べたフォーはここまで美味いとは思わなかったのですが、こちらは非常に旨ー!という感想(ミントと、揚げパンのおかげかも)。

ご近所にガチなベトナム人にも人気のレストラン「Quê (クエ)」があるので、今後の動向に注目!なのですが、我々的には早めのランチに便利なので、機会を狙ってやってくる予定です。御馳走様でした。




◆Phở OHAYO(フォー オハヨー)
住所:京都市伏見区京町十丁目1117-9
営業時間:9:30~22:00 無休?
TEL:不明です~
関連記事

0 Comments

Add your comment