fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

トラットリア ラ ブッファータ@六地蔵

2024
13
建国記念の日を含む三連休初日。特にこれ!という用事は無いのですが、近場で面白そうなお店を回ろうという作戦で、今夜のディナーにチョイスしたのが、JR六地蔵駅近く、奈良街道からチョイ入ったところに開店されたイタリアン。
お店の名前は、「TRATTORIA L'abbuffata」(トラットリア ラ・ブッファータ)。2月1日オープンしたばかりなのですが、FBでフォローしているインヴィートのシェフや、Twitterでマークしている食い意地系の方々が紹介されているのに気が付いて、前々日予約で席を押さえたわけで。

ラ ブッファータ_2402_01

久々に降り立った京阪六地蔵駅から歩いて10分弱ほど。しかし、六地蔵周辺はマンション建設ラッシュで来るたびにこんな建物あったっけ?とビックリなのですが、我々的には「うなぎのしお冨」の前を通り、現地系中華軽食店「宏鑫 拉麺」のすぐそばという立地。店内に。

ラ ブッファータ_2402_02

18:00予約だったのですが、勢い良すぎで15分ほど前に到着。我々が今日1組目でした。店内には新装開店祝いのお花やお酒がずらっと置いてあり、シェフは京都イタリアン界で色々ネットワークをお持ちの様だなあ!と想像できるわけで。

キッチン前にカウンター席が4つ、4人テーブルが5つ?ほどという超ゆったり空間。現在、シェフとアルバイトのお姉さんとの2名体制なのですが、かなり広大で2人で回すには少々もてあましそうな感じですな。で、とりあえず一杯目のお酒をチョイスしようと・・・

ラ ブッファータ_2402_04

お酒メニューを確認するのですが、とりあえず2人とも生ビールを頂きたい気分。その後、ワインに移行しようということにして・・・

ラ ブッファータ_2402_06

「ハートランド生」¥600を注文し、それを呑みつつお料理を検討することに・・

ラ ブッファータ_2402_03

お料理はお一人でやられているのですが、これぐらいの密度感のメニューがスタンバっているわけで。超悩みそうなので、前菜盛り合わせだけ先にお願いし、「メインを先に出して貰って、後のお腹具合でパスタ追加可能ですかね?」と確認してOK!を頂いて、更にあれにしよう!これが喰いたい!と激論が交わされる我がテーブルなのだ。

ラ ブッファータ_2402_07

で、まずは「前菜盛り合わせ」¥1700×2人前が登場。いやー、しっかり盛り込みが嬉しいですなあ。ゼロ時の方向から茹でたロマネスコ、自家製コッパロマーナ(豚の煮凝り的な)で上に乗っかっているのは茹で玉子とブロッコリーのサラダ的な。自家製白金豚の肉厚プロシュートコット、鶏白肝のパテ、金時人参ピクルス、揚げ蓮根、紫キャベツラペ、白菜をトマト味でくたっと炊いたものなどなど!のてんこ盛り状態。後、何種類か見落としている!と思います。。。

ラ ブッファータ_2402_10

小皿に分けたら乗り切らない!という。特に旨いなあ!と思ったのは肉厚で存在感抜群の自家製プロシュートコット、口に入れると速やかに溶けるコッパロマーナ。それになぜか昆布出汁のような旨味がする金時人参ピクルスなど! 更に丸でバターのような柔らかさの鶏白肝のパテを、非常に保水量が高い超むちむち!自家製フォカッチャに乗せると、これがまあエグ美味いわけで。

これは絶対にワインだよ!と思うのですが、ボトルは冷蔵庫にあるのでお好きなモノを選んでいただいてよいですよ~!ということで・・

ラ ブッファータ_2402_05

覗きに行くわけで。結構幅広く色々とスタンバイしております。¥4000ぐらいから、高いので¥7000までぐらいですかね。ハウスワインなら1リットル¥4500!というお手軽価格で出しておられるのですが、ちょっと呑んだことが無いようなのを見つけたので・・・

ラ ブッファータ_2402_11

ボトルについていたシェフの手書きラベルに「前菜からメインまで一本ならこれを選びます!私なら」と書いてあり、速攻でこれ!と決めた山梨はシャトーメルシャン謹製「シャトーメルシャン 藍茜(あいあかね)」¥5700なり。重すぎず、軽すぎず。いやーバランス良好で呑みやすいですな。本当に美味しい日本ワインが増えました。

ラ ブッファータ_2402_12

二品目は「白金豚サルシッチャのソテー」¥2000なり。デッカイ自家製ソーセージなのですが・・・

ラ ブッファータ_2402_13

非常にジューシー&肉ぶりぶり食感で、完熟レモンを絞って頂くと至福!ですな。先のフォカッチャに乗っけても旨し!

ラ ブッファータ_2402_14

三品目はメイン料理から豚づくしで「白金豚骨付きロースのグリル」なり。¥1200/100gで300gから!というしっかり量で提供。お店の名前のL'abbuffata(ラ ブッファータ)とは、イタリア語で「暴飲暴食!」という意味だそうなのですが、面目躍如のてんこ盛り。

ラ ブッファータ_2402_15

脂の質が非常にさらっさらで口の中の温度でも速やかに溶ける感じで、ボリュームはしっかりあるのですが、全然サクサクと軽やかに頂ける豚でした。ふわんとハーブが香り、味付けも塩と胡椒とレモン、以上!というような潔さ。素材が良いのでこういうシンプルな調理が良いですなあ。 

ラ ブッファータ_2402_16

こういう肉料理でナイフが切れないと超イライラする派で、他店でメンテされていない蝉マークのカトラリーで「ムキー!」となっているのですが、こちらのナイフは超切れ味良好で気持ちよくお肉が頂けるわけで。
調べますと、スイスのナイフメーカーVICTORINOXの「トマトベジタブルナイフ」でした。柔らかいトマトを薄切りできるということですな。お値段も手頃なので自宅でも導入したくなった逸品。

で、まだパスタ1皿なら断然大丈夫!ということで、超悩んで、追加をお願いしました。

ラ ブッファータ_2402_18

「ポルペッティのトマトソース ルパン風」¥2200なり。ポルペッティとは伊太利の肉団子。ミニハンバーグサイズぐらいのが2個ババーンと乗っている存在感抜群な一品。ルパン風とは多分、カリオストロ方面からのネーミングだと思われる(滝汗)のですが、ま、期待を裏切らないわけで。シェフは我々と同年代だよなあ!と思いつつ。

ラ ブッファータ_2402_19

小分けにした図。しっかりと濃ゆい、パスタにしっかり絡むトマトソースなのですが、ソースに茹で白えんどう豆を少量忍ばせてあるのがトロミの秘密。太目で芯が程よく残ったアルデンテパスタに、これがまたピタリとマッチ。フォカッチャでソース一滴残らず頂きました。イヤー大充実。

普段なら、これぐらいの量で大大大満足!もう帰ろう!となるのが最近のパターンなのですが・・・・

ラ ブッファータ_2402_20

目の前に、色々と甘いものがスタンバっている冷蔵庫に目が釘付けなわけで。しかし、1人でなんだか超作り込まれていますなあ。前菜盛り合わせ用の野菜類も色々と。(お持ち帰りも可能な模様・・・)

ラ ブッファータ_2402_17

概ね、このようなものがスタンバっているのですが、メニューに書いていないものもありそうなので、注文前に聞いたほうが更に幸せになれそうです。

ラ ブッファータ_2402_21

で、少々悩んで私は「ボネ」、相方はメニューには無かった「いちじくのパンプディング」、各¥700で大充実〆! 最近寄る年波で「暴飲暴食」する前に潰れるパターンなのですが(汗)、我々的にはこれで大大大満足!というしっかり量。〆て、ほぼ¥20000!という大納得価格でした。イヤー喰った喰った。

地下鉄、JR、京阪とも駅近で周辺住民でなくても来やすい場所。ガッツリイタリアンが好きな、胃袋に自信のある方にオススメしたい一軒でした。多分、またお邪魔すると思います~。御馳走様でした。




◆TRATTORIA L’abbuffata (トラットリア ラ ブッファータ)
住所:京都府宇治市六地蔵町並39-21
営業時間:11:30~15:00 17:30~21:30 火休・月水木夜営業休
TEL:0774-34-1410
関連記事

2 Comments

たかこ  

大好きなシェフのお店です。10年前に知り合って
お店を変わられるたびにそのお店へと足を運んでいました。
ご自身のお店のオープンをずっと楽しみに待ってました。
こうしてブロブに載せて下さり
自分のことのように嬉しいです。

2024/02/13 (Tue) 15:34 | EDIT | REPLY |   

suika_cotaro  

Re: タイトルなし

書きこんでから速攻でシェフに見つかってしまい、メッセで御礼状が。
(色々聞いていたので、お酒担当のお姉さんに当てられた模様)
これからもお世話になりそうな予感です~。

2024/02/15 (Thu) 19:30 | EDIT | REPLY |   

Add your comment