fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

めし屋エビスで晩ご飯(2)@京都市役所前

2024
18
で、珍しく平日の晩御飯ネタに行く前に枕の日記ネタから。
金曜日夜に久々に某所で持ち寄り会をやろうという作戦。会場を提供してくれるDH氏から「なんか音楽が欲しいので、CDとか持ってきてくれます?」と連絡あり。が、最近、音楽はスマホを母艦にして持ち歩き主義で、カーステレオや自宅のオーディオシステムも全部Bluetooth接続できるものに変更したので、古いCDやDVDは1年ほど前に概ね断捨離してしまったわけで。(データは概ね確保済・・)
どんなオーディオが現場にありますのん?と確認すると、チョイ古めのBOSEのCD・MDプレーヤーシステムがあるとのこと。お!それなら裏技が使えるかもです!ということで、前日木曜日、仕事が終わってから四条界隈に出てきたわけで、目指すはハンズで・・・

めし屋エビス_2403_25

こちらを購入。「Bluetooth 5.0トランスミッター/レシーバー」¥2980なり。Bluetooth機能が無いテレビやラジカセにワイヤレスイヤホンやスピーカーを接続できるようにする送信機能と、Bluetooth機能が無いテレビやラジカセに、スマホなどからオーディオデータを受けられるようにする受信機能があるアダプターなのだ。 
バッテリー駆動なので前日中に買って充電しておく作戦。で、予想通り、BOSEのほうがAUX-INがRCAプラグで、ステレオミニプラグの変換コードが必要でしたが・・・無事動きました。スマホやタブレットにSpotifyをインストールしておけば、色々好みの曲を無料で流し放題なので、古いオーディオを活用する手段としてオススメですな。

で、いきなり晩御飯ネタにワープするのですが、買い物が終わったのが18:00を少々回った時間帯。相方と合流し、明日は宴会なので軽めに晩御飯を食べようよ!とやってきたのがこちら。

めし屋エビス_2403_01

当駄blog、2回目の登場「めし屋エビス」。1回目ネタがこちらなのですが、四条河原町近くにある人気居酒屋「酒場エビス」の二号店で、なんだか使いやすいお店なので思い出したわけで。電話したら席が空いていたので速攻でやってきたわけで。カウンター席の真ん中ほどに陣取り、さぁ何を食べようかということに。

めし屋エビス_2403_02

お料理はこんな感じ。そんなに種類豊富じゃないのですが、なかなか個性的なラインナップ。更に・・・

めし屋エビス_2403_05

まだまだ朝夕は寒い京都地方。こういう温まる系が嬉しいですな。

めし屋エビス_2403_03

で、元々なんだかお酒類が超豊富で、日本酒も10種類以上スタンバっているのですが、こちらのお酒ラインナップで白眉なのが、こちらのクラフト系焼酎。前回もA4で一枚にびっしり!という書き込みが今回来たら、両面印刷で倍になっておりました。ざっと50種類以上という豊富さ。

めし屋エビス_2403_10

喉が渇いていたので、着席するなり「ダイヤメソーダ」を一気飲みしてしまい(滝汗)次の日に日本酒会なので焼酎を!と思うのですが、あまりにも種類が多く、マスターに「まずはソーダ割でおすすめを!」とお願いしたら、メニューにないのを出してくれました。
鹿児島は国分酒造謹製「桜島そつ 25度」なり。いやー、なんだか非常にいい香り。原料に桜島産さつま芋と麹米に香り米を使用し、3年以上熟成した原酒をブレンドしたマニアックな一品。 あー、これは面白いなあ!と2人とも今日は焼酎を呑む!と決めるわけで。

めし屋エビス_2403_06

相方はお湯割りをチョイス。銘柄とボトルは後程。で、速やかに一品目のおでんが登場。「だいこん」¥250、「赤こんにゃく」¥150、「厚揚げ」¥150、「豚なんこつ」¥300(以下全て税別価格~)なり。全部、半分に切って二皿に取り分けてくれるサービス良好度。お味もバッチリ。

めし屋エビス_2403_07

二品目は「鰤の塩たたき」¥1300なり。肉厚でなかなか美味しいですな。魚料理がこれとワカサギ天ぷらという割り切りなのですが、なかなか面白いチョイス。

めし屋エビス_2403_12

相方の二杯目、鹿児島は八千代伝酒造謹製「八千代伝 空なるホルン 芋焼酎25度」ソーダ割り¥700なり。自社栽培「ふくむらさき」という紫芋を使ったもので、ふわーんと小豆のような香りがあるこれまた面白い一品。

めし屋エビス_2403_08

三品目、「桜肉の炙り生つくね」¥900なり。これがですね~・・・・

めし屋エビス_2403_09

卵黄をまぶしましたの図。小ぶりなハンバーグぐらいのサイズ感ですが、表面に焦げをつけただけで中はほぼ生。とろみのある甘醤油系のタレをまぶしてあり、これは文句無しで旨いなあ!と。

めし屋エビス_2403_14

ワタシの三杯目。マスターに「今度は、お湯割りでなにかオススメを!」とお願いしたら相方の一杯目ソーダ割と同じ銘柄でした。鹿児島は八千代伝酒造謹製「八千代伝 熟柿 25度」お湯割り¥600なり。これも薩摩芋と米麹で仕込んでいるのですが、確かに熟し柿のようなほのかな香り・甘みが印象的な一杯。 

めし屋エビス_2403_11

四品目は「桜肉ひもの炙り」¥900なり。「ひも」とは馬のバラ肉で、かなりレアな焼き加減なのですが臭みなど全然なく超旨。これは毎回食べる予定の、肉好きには無条件でオススメしたいお気に入りの一品。

めし屋エビス_2403_13

お料理五品目、「わかさぎの天ぷら」¥600なり。ま、いいアテですな。 初めに注文したお料理が全部出たので、どうしようかなということに。とにかく焼酎が面白い&聞くとマスターが色々教えてくれるので調子に乗って(滝汗)、更に焼酎と軽いアテを注文するのだ。

めし屋エビス_2403_16

相方の三杯目は八千代伝酒造謹製の3種類目。「千代伝 色なるモノリス」ソーダ割り¥700なり。食用で超甘い!シルクスイートを一か月以上糖蜜熟成したらしく、これも芋の甘味がほんのりわかる一品。いやー、焼酎と言えども、このクラスは一升で¥4000以上するのですなあ。

めし屋エビス_2403_15

アテにお願いした「セロリの特製酢醤油漬け」¥450、更に「クリームチーズの醤油漬け」¥480なり。セロリの醤油漬けは自宅でもたまにやるのですが、お酒のつなぎにナイスな一品。クリームチーズもイイ感じで醤油に浸かっていて、こちらはしっかり濃い味で焼酎より、日本酒の方がいいかな。ま、正統派アテなのだ。

めし屋エビス_2403_17

で、何か面白いものを!とお願いし、濱田酒造謹製「CHILL GREEN SPICY &CITRUS FRAVOR 」のソーダ割り¥550。麦焼酎ですが、台湾製のスパイス「マーガオ」が入っているボタニカル焼酎という設定。

めし屋エビス_2403_18

マスターが「自家製のサワーに使っているのですが、マーガオってこういうものですよ!」と見せてくれました。見た目は黒胡椒なのですが、レモンのような爽やかな香りがするのだ。いやー、我々が知らない間に焼酎の世界はここまで広がりを見せているのだ~!と感動しつつ。で、最後の〆は・・・

めし屋エビス_2403_20

「釜揚しらすごはん」¥700なり。いま、オンシーズンなので、食べておかないと!ということで。

めし屋エビス_2403_21

イイ感じでお腹パンパン。いやはや大充実でした。
明日が日本酒会なので今日は控えめに!と来たのですが、気が付いたらで結局焼酎をソーダ割り、お湯割りで計9杯も呑んで(滝汗)、〆て¥12000程という大大大納得価格。ま、半分は呑み代ですな(汗) また、熱い最中に焼酎ソーダ割りを呑みたくなったら、間違いなく思い出すであろうかと思います! ご馳走様でした。


◆めし屋エビス
住所:京都市中京区下丸屋町401-5
営業時間:17:00〜23:00 不定休
TEL:050-5590-0459


めし屋エビス_2403_22

今年はバタバタしていて淀の河津桜の満開は見逃したのですが、(先週は綾部で雪景色でしたが・・)三条大橋西詰の河津桜には出会えました。いよいよ、春本番近し!ですな。
関連記事

0 Comments

Add your comment