fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

L'Harmonie (ラルモニ)@滋賀 竜王

2024
29
で、GWネタその3です。その2がツツジのこちら
GWに突入した土曜日。買い物したいと3日ほど前に思いついて、竜王のアウトレットへ。で、いつものパターンでその周辺でなにかランチを!と探しまして、気になっていたフレンチ店に、食べログでネット予約を入れたら席が取れたわけで。

ラルモニ_2404_01

場所は、竜王アウトレットから5分ほど北東に進んだ「川守」という集落。平地ですが、戦国時代にはお城があった場所が集落になっていて周辺はなんだか非常に広大な田畑で少々ビックリしつつ、予約時間ほぼピタリに到着。(30分以上余裕を持って来たのに、高速が事故渋滞していてヒヤヒヤしました汗) お店は御覧のような一軒屋物件なのですが、可愛らしい昭和の喫茶店のような佇まい。店内に。

ラルモニ_2404_04

2022年9月オープンで、余計な装飾が無いスッキリとした店内。どことなく、北欧系カフェのような感じ。お店の名前は「L'Harmonie」 (ラルモニ)、まだお若いシェフとスタッフのお姉さん方2名の3名体制でした。通常はカウンター席4つ、2人掛けテーブル2つの8名運営なのですが、当日はご近所だと思われる8名のマダムグループが入られていて、我々が2組目。カウンター席に入れて頂くわけで。

ラルモニ_2404_05

ドリンクメニューを確認し、さあ何を頂こうかということに。

ラルモニ_2404_03

ハンドルキーパーの相方は、仏産のノンアルコールスパークリングワイン「 Maison Goubet sémillon pétillant」をチョイス。オーガニックで且つ無添加手法で作られているらしく、蜂蜜ニュアンスのある葡萄ジュースですが呑み応えあり。グラス2杯取り分で¥2600と良いお値段なのですが、相方はかなり気に入った模様。で、

ラルモニ_2404_02

ワタシは泡グラスを。仏ブルゴーニュから「Crement de Bourgogne Cuvee」。お手軽泡ですが、シャンパーニュと同じ作り方で当然瓶内2次発酵。たまにこういうお店でお見掛けする一杯ですが、非常~にハイコスパだと思った¥1300。

ラルモニ_2404_06

お料理は突き出し1、前菜2、メイン1の4皿+デザートが付いてくる¥4800(税込み)をお願いしました。
まずは一品目。左手は「竜王町産新タマネギの温かいポタージュスープ」ですが、浮き身にほんのり火を入れた蛍烏賊、刻んだ生ハム、プリっとした茹でグリンピースという組み合わせ。右手はチーズを練り込んだシュー「グジェール」。ま、どちらも手堅いですな、美味しいです~。

ラルモニ_2404_07

二品目。前菜です!と出てきてそのボリューム感に少々ビックリした「北海道産マスの軽い燻製」ですかね。マスは皮はパリッと火を入れてあるのに、身は水分を十分に抜いて燻製感のある魚ハム的な仕上がり。マスの旨味がぎゅっと濃縮されていて美味しい。
下に敷いてあるのは、ジャガイモで作ったクレープ。白いレモンクリームと皿の上のバルサミコソース、それに揚げたパセリを崩して、マスに絡めて適宜味変しつつ、楽しめるのが良いですな。このお店がググっと好きになった一皿。

ラルモニ_2404_09

お次の料理をお聞きして、白をお願いしました。仏ブルゴーニュから「Malandes Saint Bris」なり。爽やかな香りなのにドライな味わいで、これも非常に好みでした。ブルゴーニュで唯一ソーヴィニヨン・ブランを作っている地区だそうです。グラス¥1000は良心的。

ラルモニ_2404_12

三品目。これがまた良かったのですな。「モンゴウイカのクネル」なり。クネルとはフランスで食べられる魚を使ったムースと言うか、はんぺんのようなお料理なのですが、味付けも抑制的でふわふわに仕上げてあります。それに合わせるソースはオマールベースで桜海老、それにあおさ海苔を入れたそんなに重くないもの。他店でもたまにクネルを食べるのですが、ここまでさらっとした味付けにしてあるお店はあまり思いつかないなあ!と思いつつ。。

ラルモニ_2404_10

それに、近江八幡産の白子竹を合わせてあります。相方共々、次のメインとどちらが本日一か?超悩んだ一品。いやー、超オススメ。

ラルモニ_2404_11

メインは、「大山地鶏のパイ」なり。ソースは赤ワインとマデラ酒を合わせたオーソドックスなもので、添えてあるのは甘ーいサツマイモ。

ラルモニ_2404_13

こういうのは綺麗に切りたくなりますな。下の層は鶏ミンチ主体でレバーなど色々な部位が入っていそう、その上から薄く切った胸肉で包んで、更にパイ皮で包んで、というような。こりゃ、手の掛かる物を出されますなあ。多分、8人組グループが居られたので、お相伴に与れたような気がします!

で、デザートは、クレームブリュレ、焼きプリン、それに焼きスフレの3種がスタンバイ。スフレは注文後焼き始めるので20分ほどかかるのですが、折角なので!とプリンとスフレをお願いするわけで。

ラルモニ_2404_14

焼きプリンはこんな感じ。これまた手堅く文句無しな一品。が・・・

ラルモニ_2404_15

お隣のグループも全員こちらをチョイスされていた。焼きたてのスフレ。注文を受けてから生地を泡立てるところからスタートするのですな。火傷しそうなほど超熱々!なのですが、よもぎのジェラートを合わせてサッパリ頂けるようにしてあるのが工夫。

ラルモニ_2404_16

オレンジ風味で、添えてあるジェラートがこれまたスフレに良く合うのですが、よもぎとローズマリーを合わせた非常にハーブ感の強いレモン系のような味わいで、これも美味しい。

ラルモニ_2404_17

最後にお茶か珈琲、エスプレッソで〆。小菓子が付いてくるのですが、お土産として¥100/個で販売されている自家製カヌレ、それに生チョコという鉄板な構成。カヌレは小ぶりですが、外はがりっと、中はむっちり理想形。最後まで大充実の2時間一本勝負。

シェフは滋賀県竜王町ご出身で、東京、フランス、モナコ等で勤めた経験もある方なのですが、なんだか実直そうなまだ35才。パートタイムの近所のお母さん方がサービス陣で、そんなに接客に慣れている雰囲気が無いのですが、とても一生懸命でホッコリ。以上で〆て¥14500という大大大納得価格。また、竜王に寄る前に予約を入れておきたくなるお店が増えました。多分、また来ることになると思います~。



◆L'Harmonie (ラルモニ)
住所:滋賀県蒲生郡竜王町川守548-1
営業時間:12:00 - 15:30(LO13:30)18:00 - 22:00(LO20:00)日月休・火水木夜休
TEL:080-5838-8072
関連記事

0 Comments

Add your comment