fc2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

立ち呑み カシラ@柳小路

2024
03
で、GWネタその8です。その7が河原町三条上ルのスパイスカレー店でした。そのカレー店の後、まだちょっと呑み足りないよねえ?!とやってきたのが裏寺方面。

カシラ_2404_01_1

で、12:00過ぎから開いている立ち飲みを発見。柳小路の串焼き系立ち呑み店「カシラ」なり。柳小路には人気の立ち飲み焼鳥屋さんや蕎麦前が旨い蕎麦店、日本酒バルなど良いお店が集まっているのですが、こちらも2022年12月にオープンしてから気になっていたお店。通りかかったら開いていたのでするっと店内に。我々が1組目でした。ネットでは15:00オープンになっているのですが、土日は12:00オープンのようです。

カシラ_2404_02_1

こういう詰めればカウンター立ち飲みスペースが10人分ほど。それに・・・

カシラ_2404_03_1

外の柳小路に向かって風座り呑み席が4席あります。後程カップルが1組こちらに。柳小路のお店は遅めスタートのお店が多いので、土日の12:00から呑めるのはこちらだけでしょうな。お若い女性ご店主、それにアルバイトのお姉さんの2名体制でした。で!

カシラ_2404_05_1

メニューはこういう関東系のやきとん串がメイン。店名の「カシラ」は名前の通り、脂の乗った頬肉、頭肉を下茹でしてから串焼きで提供されているのだ。ストップをかけるまで、このカシラがどんどん出てくるシステムなので、色々食べたい人は先に色々注文を入れておいた方が良いでしょうな。

カシラ_2404_06_1

それ以外のアテ類がこちら。梯子酒目的なのでランチは軽めにしたのですが、ま、更にこの後どこかにいきそうな予感!なので、様子を見つつ注文を。

カシラ_2404_08_1

呑むのは呑むので、私は「角ハイボール」¥490、相方は、「麦焼酎ソーダ割り」¥490からスタート。(以下、全て税別価格です)

カシラ_2404_09_1

串焼きは焼いた順に登場します~。まずは店名でもある「カシラ」¥160から。何も下味をつけない状態で出てくるのですが・・・

カシラ_2404_07_1

テーブルに置いてある甘味噌をでろっと付けて頂く趣向。上の写真の倍以上付けたほうが旨いです。塩、一味、粉山椒などもスタンバっているのでお好みで。ねっちりとした濃密な食感で、脂の旨味を楽しむ串でしょうな。結局、ワタシが4本、相方が2本でストップを掛けました。お肉系の串はこれだけで・・・

カシラ_2404_10_1

相方は野菜串一直線。限定の「竹の子串」¥200なり。いやーなんだか超良心的。

カシラ_2404_04_1

日本酒やマニアック系焼酎も色々揃っていてALL¥600という安心安全価格(グラスですが)。相方は・・・

カシラ_2404_11_1

なんだったかな~、また微発泡系にごりを吞んでおります。程よいバランスで旨かったような。

カシラ_2404_13_1

ワタシは、鹿児島は国分酒造謹製「クールミントグリーン 26°」のソーダ割りを。特にミントが入っているわけでは無い白麹系芋焼酎なのですが、確かにミントを思わせる爽やかさ。ソーダ必須の夏向けな一杯。

カシラ_2404_12_1

更にカシラの間に挟んだ、野菜系串。「プチトマト」¥200、「椎茸」¥200なり。椎茸はバターを乗せる細やかさ。

カシラ_2404_14_1

で、どこででもポテサラ食べる家族ですので、こちらでも。「燻製チーズポテサラ」¥380なり。想像を超える濃厚燻製味でびっくり。なかなかな変化形剛速球という。全然納得。

以上で滞在時間45分、全然お店のやきとんの実力を計れていない!のですが、〆て¥4500ほどという大大大納得価格。いやー、使いやすいですな。2階もあり、予約可能なようですので、大勢でも大丈夫。京都市内立ち飲みツアーの手駒に是非。多分、また来ます~。



◆立ち呑み カシラ
住所:京都市中京区中之町577-9
営業時間:【月~金】15:00~22:00
       【土・日】12:00~22:00 不定休
TEL:075-585-4696
関連記事

0 Comments

Add your comment