FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

定食堂 知屋@伏見桃山

2018
23
京都に越してきて早7年目。が、京都で常連です!と言えるお店は多分両手ぐらいしかない我が家。(それも、ほぼお酒を呑むところ・・汗汗)好きなお店は沢山あるのですが、長大なローテーションで回っているので1年に2回以上行くことは稀なのだ。

とは言え、普段使いの、それも超疲れているときに、近場で晩御飯を頂けるお店は何件お気に入りがあっても困らないので、近所のお店で新しく出来たところは、確実に覗きに行っているのですな。で、結構ご近所になかなかイケている定食屋さんができたのでご紹介。お店の名前は、定食堂 知屋なり。

知屋1

お店は京阪伏見桃山駅・近鉄桃山御領駅から徒歩3分ほど、大手筋から京町通を上がって100mほど。一部に熱狂的ファンが居るラーメン店、大黒ラーメンの斜め向かいほどにある。 まだ開店されてから1か月ほどのニューカマーなのだ。

知屋2

便宜的に中華カテゴリーで書き始めているのですが、基本定食屋さん。が、マスターはホテル中華ご出身の模様。中華系の定食と、焼き魚!の定食が充実しているのが嬉しい。店内に。

知屋3

カウンターが5席、4人掛けテーブルが2のこじんまり店内。メニューは外で決まっていて、速攻で東坡肉(トンポーロウ)定食¥1000、それに赤魚の西京焼定食¥900を注文。 で、ハイボールが確か¥500だったので、とりあえずお料理が出てくるまでのーんびり。

知屋4

それほど待つことなく、お料理がじゃじゃんと登場。こちらは東坡肉定食。メインの皿につやつや炊き立てご飯、小鉢が2種(水菜のお浸しに、肉じゃが)にお漬物、それにあおさが入った程よい濃度のお味噌汁、という布陣。多分、出来合いのものはお漬物を含め、1つもありません。良いですなあ~。

知屋5

東坡肉は、超ちゃんとしております。八角の香りが本格的!でとろとろん。

知屋6

で、こちらが赤魚西京焼。いやはや正しい日本のお昼ごはん!という感じですな。ふっくら焼けていて上等! ご飯は少なめで!とお願いしましたが、しきりにフロア担当の女性(おかあさま?)が、お替りできますよ!と声をかけてくれるのだ。

知屋7

東坡肉はま、こう頂くのが王道なわけで。 しかし、この定食の良さを倍増させているのはあおさの風味がよい、ちょい塩分薄目ぐらいに調整されたお味噌汁。濃い目のおかずとよく合いますな。。いやはや、ほっこり。

知屋8

ちなみに夜メニューがこちら。こういう中華系のメニューと・・・

知屋9

気軽なワンカップ(しかし、渋いチョイス・・)で、いい感じで酔っ払えそうな感じ。ワインはハーフボトルで、という体制。 こちらも、このお店同様、もう晩御飯の用意は無理だ~!というときにお世話になりそうな予感ですな。 ご馳走様でした、近日夜、呑みに来ている気がします!
 
 

 
 
◆定食堂 友屋
住所:京都府京都市伏見区京町大黒町137-1
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00(LO21:00) お休み不明
TEL:075-601-0587
 
 
 
関連記事

0 Comments

Add your comment