FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

リストランテ 野呂@JR二条駅

2018
22
特に予約を入れていなかった日曜日。ダメ元で、こちらの京都グルメblogや、我がFB友にも人気上々のリストランテに行ってみよう!と電話してみた10:00。思いがけなく12:30からの予約が通り、ワクワクと電車でやってきたのだ。 JR二条駅から御池通を東に8分、神泉苑の西側100m、というところ。

リストランテ野呂1

お店の名前はリストランテ野呂。ちなみにリストランテとはイタリア語では「高級レストラン」なのですが、先に書いておきますと「オシャレイタリア洋食堂」のようなメニュー編成。しっかりイタリアン!なのはパスタだけで、他の前菜や揚げ物系、メイン料理は日本の美味しい食材を巧みに取り入れた伊+仏+日本の洋食というような美味しいとこ取りなメニュー構成で、これは京都で人気になるのが分かるわい!という感じ。
久々に我々のストライクゾーンにズバーンと超剛速球が。結果、またまた気合を入れてご紹介。 入店すると1Fは奥に長ーいカウンター12席ほど、2階席もあり4人テーブルが2つある模様。洋食堂ですがお手頃店ではありません、高級店ですな。

リストランテ野呂2

で、とりあえず泡グラス¥900で乾杯~! 伊ヴェネト州のBellenda Valdobbiadene Superiore Brutなり。お手軽なのに美味しいので覚書。量もしっかり。

呑みながら確認するランチメニューは2種。¥1800の洋食店のようなランチセットは、スープにサラダ、メインの皿はメンチカツにトンテキ、それに鶏ももローストからチョイス出来て、食後のお茶(珈琲&紅茶)、という布陣。で、+¥1000で日替わりパスタがつけられるのでイタリアンかも?、さらに+¥500でデザート付、という構成なのだ。更に贅沢なランチコースは¥4500で、前菜2種にパスタと、魚・肉の皿にデザート、という布陣。で、確認したら、ランチセットのパスタを半分こ出来るのが判明したので、¥1800+500+500で¥2800(税別/人)をお願いしたのだ。

リストランテ野呂4

まずはスープからうほー!とビックリ。黄色いのですが温かいトマトクリームスープ、それも酸味はすっぱ!と感じるほど相当強め。類似のものをインド料理店で食べた経験有りですが、ずっと濃密で非常に美味しいのだ。良いですな~。
  
リストランテ野呂5

更にサラダが登場。これもおまけではなく、非常にちゃんとした構成。ポテサラはクリーミージャガイモにころころと甘ーいサツマイモ角切りが忍ばせてあり、甘口まろやか系。キュロットラペには粒胡椒サイズぐらいの超ミニ干しブドウをしっかり量で合わせたレシピで小憎い~!ですな。キッチリ美味しいです。 

リストランテ野呂6

で、熱々バゲット。ソースと合わせると非常に映える、クープは大きめなのにむっちり系。バターが添えられているのが、イタリアンというより洋食店(か、フレンチ)!

リストランテ野呂7

パスタは2皿に分けてくれる。小エビとホタルイカを合わせた軽めのトマトソースに、芽キャベツのフリット(というか素揚げかな)を加えたスパゲティ。更にカラスミパラパラ!という、これが¥500なんて有りえない充実度。いやー、言うことなしですな。。
この時点で白グラス2(NZのソービニヨンブランが¥850、甲州が¥800)を追加し、超!まったりモードに。

リストランテ野呂8

シェフの野呂さんから、この芽キャベツを使っていますよ!とプレゼンテーションがあるのも楽しいのだ。で、いよいよメインの皿。

リストランテ野呂9

私チョイスは、トンテキ。青森長谷川自然豚、という初めて聞くブランド豚。それに絡めるのは甘酸っぱいリンゴ醤油ソース!という鉄板に美味しそうな構成。これが、もう!なのですな・・・。

リストランテ野呂10

火入れ状況。厚みは15mm弱、という存在感しっかりな量。添えてある軽いトマトソースでクタクタになるまで煮たキャベツ&練り辛子と合わせると完璧!

リストランテ野呂11

で、京都平井牛を使ったメンチカツ。でっかいです、これは。デミグラスソースはワインよりトマトを感じるなんだか古風な感じなのですが、それに煮詰めたバルサミコを加えるとぐん!とお味が立体的に。

リストランテ野呂12

火入れ状況。我々が好むような血が滴る寸前、では無い、ピンク色がほぼ見えない古典的洋食店的な穏やかな火入れ。が、これまた旨い。辛子が偉大!

リストランテ野呂13

相方とこれは凄いのではないの?と話し合っていたら、出てきた甘いもの。3種類スタンバっていて、手前はグレープフルーツのプリン、奥は抹茶とチョコのセミフレッド(エアインアイス、的な)という布陣。京都人でグレープフルーツのプリン、というと某ビストロを思い出すと思うのですが、ビターなカラメルソースを加えているのが工夫。フルーツの酸味と合わさって、甘いものまでしっかり手堅い。

リストランテ野呂14

で、しっかりお茶で超充実ランチ完了。いやー大満足なり!以上で泡1・白2・赤1で¥10000割れ、という、この質なら超納得価格。 夜はイタリアンのようなフレンチのような和食材を巧みに使った洋食アラカルトが目白押し!  これは夜にも来ないとね、という感想。ご馳走様でした、大推薦しつつ、また来ま~す!
 
 
 
◆リストランテ 野呂
住所:京都市中京区西ノ京職司町67-14
営業時間:11:30~14:30(L.O.13:30) 17:30~22:00 月休/月1回火休
TEL:075-823-8100
関連記事

0 Comments

Add your comment