FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

麺麓menroku@大阪府枚方市

2018
11
まだ続くGWネタその13、後半の旅行ネタの途中に割り込ませる5/3ネタを1つ。
寝屋川市の相方の実家に遊びに行く日。お昼過ぎに行くので~、ということで、どこかでランチを食べてから、ということになるのですが、枚方に2016年オープンし、最近非常に人気のラーメン店に行ってみることにしたのだ。お店の名前は、麺麓menroku。フレンチ出身のお若いご主人が、紀州鴨に拘った、他に類を見ない「鴨そば」を出されている一軒。

麺麓1

場所は、枚方市にあるJR片町線藤阪駅、津田駅徒歩20分、幹線道路のR307沿い。我々があまり近寄らない地域なので、開店時間の11:00狙いで車でやってきたのだ。で、5分ほど前についたのですが、既に8台ある駐車場は半分近く埋まっていて、4組目ほどに並ぶことに。 暫しの後開店したのですが、20席あるので、1周目のカウンター席確保!という状況。流石人気ですな。スタッフは計5名ほどは居られましたかねえ。

麺麓2

メニューを確認。和歌山県有田市産の紀州鴨に拘り、それも無化調が売りのお店。あっさり醤油系の鴨出汁そば¥780、鴨がらからしっかり出汁を取った鴨白湯そば¥880、それにつけそば¥930の3種がメインメニュー。 

麺麓3

で、最近、運転はすっかり相方に依存しておりますので(滝汗)、¥600のこちらを頂く。ビールはエビスだけの拘り、ドリンクから高級路線ですな。

麺麓4

で、暫しの後、ラーメン登場。 私チョイスは、鴨出汁そば¥780に、紀州鴨チャーシュー3枚トッピングで+¥320なり。 鴨チャーシューは、もも肉とロース肉からチョイスできるので、もも2枚、ロース3枚でお願いしました。 鴨出汁なのですが、非常にすっきりした味わい。似たメニューで日本蕎麦店で食べられる鴨南蛮があると思うのですが、そうか~、和のかつおだしってある種、超濃厚なんだな~と思ってしまうスッキリ度合い。 それにあくまでもレア!な鴨チャーシューが激しく合いますな。。。

麺麓5

それに細打ち全粒粉のこのストレート麺が良い感じ。いやー、最近食ったラーメン店でも夢に出そうな旨さ!でした。

麺麓6

で、こちらは相方チョイスのつけそば小の玉子付きで¥930なり。麺の器に塗られているのは酸っぱい、フランス産のカシスソースという面白さ。

麺麓7

こちらは平打ちのフィットチーネぐらいありそうな、しこしこと存在感抜群の麺なのですが、ツユが非常に強いので美味しいですな。相方は、ここは良いわ~!、チャーシューは大盛りにしないと!と非常に気に入った模様。 この濃厚ダシで〆の割りスープも美味しいのだ。

麺麓8

で、また芸があるのが、この味変アイテム。これも有田産のぶどう山椒が入っている自家製のタップナード。先の鴨出汁そばに加えると、爽やかな柑橘系の香りが更に食欲を誘うのだ。

麺麓9

ご飯食いなので、当然丼物は押さえております。これも超!旨かった鴨丼中¥480なり。 鴨チャーシューのヘタ丼的なものですが、いろんな部位が入っていそう。これもバルサミコソースがかかっているフレンチの気配濃厚なもので、ざっと炙ってある鴨がもう泣けるお味ですな。。大盛りでお願いしたい! 一日に鴨を30羽を消費するお店だからこそ、できるメニュー。超!お値打ち。

帰る際には当然満席、店内の待合は一杯で外にも数人待ち人がいる状況。大人気なのですが、納得の一軒。鴨好きならぜひ!お試しくだされ。 次回は、鴨白湯そばのチャーシュー6枚トッピング、¥1470なり、のお大尽メニューに挑戦する予定です~。ご馳走様でした!
 
 
 
◆麺麓menroku
住所:大阪府枚方市大峰元町1-6-30
営業時間:11:00~15:00(L.O)  17:30~22:00(L.O) 火休・第2・第4月のディナー休
TEL: 072-396-6749


関連記事

0 Comments

Add your comment