FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

麺処 楠@東向日駅東口

2018
26
焼売と言えば横浜!が思いつくほど大メジャーなのですが、最近阪急京都線の東向日駅東口前に、自家製の色々なバリエーションの焼売が売りにしたラーメン屋さんがオープンしたとの情報。お店の名前は麺処 楠(くすのき)実は焼売はかなりの好物なので、どんなんかな~!?とやってきたお店前。

楠1

11:30オープンで開店時間ピタリにお店に。PAはありませんが、駅の西口側にはコインPAが沢山あるので、そちらに車を留めてやってきたのだ。暖簾には「拉麺&海鮮焼売」の文字が。

楠2

一階はキッチンとその前のカウンター席が4、壁にくっ付いたカウンター風席が3というこじんまりさ。2階に4人掛けテーブル席が2あるそうだ。キッチン前のカウンター席に。間違いなく蒸したての焼売が頂ける!という気配のキッチン。

楠3

メニューはこんな感じ。ラーメンは名古屋コーチン丸鶏と近江軍鶏がらから取ったダシがベースで、塩、醤油、担々麺がスタンバイ。私は塩叉焼麺¥900を、相方は豚角煮高菜麺¥780を注文。 売りの焼売は、計5種類もスタンバイ。4個セットで¥350なのでそれをお願いするのですが、向日市と言えばの激辛メニューもスタンバイ。それも焼売!という。激辛焼売¥100もつい2個注文。

楠10

アルコール類は御覧のキリン一番搾り中瓶¥500のみ。喉が渇いていたので一気に呑んでしまったのですが、これは焼売まで取っておくべきですので、呑兵衛諸氏は覚えておいてください~。

楠4

暫しの後、相方の豚角煮高菜麺が登場。名前通り、具は厚み1cm超!のトロトロな上出来豚角煮と高菜漬とミンチ炒め、メンマに刻みネギという構成。

楠5

麺リフト写真。若干太めでぷりぷりした腰のある多加水ストレート麺。スープが非常にスッキリしたもので上品で癖が無く、どことなく鴨ラーメンの枚方麺麓を思い出すスッキリさなのだ。

楠6

で、こちらが塩叉焼麺なり。見事な大面積レアチャーシューが4枚で、柔らかくて食べ応えあり! 角煮のほうと麺は同じかな。
塩は更にアッサリと頂ける非常に健康的なお味。が、個人的にはパンチがもう少し欲しい。テーブルに粒胡椒があると嬉しいのですが、その手の味変アイテムは特に置いていないのが、やや不満かな。私は醤油の方を推したいですな。

楠7

ラーメンをあらかた食べ終わった所で、注文してから蒸し上げる焼売がいよいよ登場! さて開けますよと。

楠8

まずは焼売4種盛り。カラフルで可愛らしいですな。黄色いのが豚と海老ミンチタップリの楠焼売、緑色のが烏賊野菜焼売、白いのが肉焼売で、うっすら赤いのが海老焼売。どれも一口では食べきれないボリューム感! 
特に推薦したいのはトンでもない海老量、ほぼ海老ミンチ?でぷりぷりむっちりの海老焼売、豚肉と海老のバランスが良い楠焼売かな。かなり!イケております。醤油と辛子はテーブルにスタバっているのですが、しっかり味が付いているので、辛子のみで大丈夫。

楠9

更に激辛焼売¥100も登場。見た目のように唐辛子が利いていて確かに辛いのですが、まったく激辛ではなく旨味も充分。なかなか乙なお味ですな。うわ、これはビール!と思ったのですが、既に呑んでおりました汗汗。

ラーメンはコッテリ好みの我が家では好みとは少々違うのですが、呑んだ後の〆には適切な感じですな。焼売は何だか非常にお得でボリューム感あり。ま、寄る年波で徐々にコッテリが厳しくなっておりますので、拉麺はだんだん好き度がアップしそう。なかなか面白いお店ですので、お近くに立ち寄られたら是非。 次回は担々麺系を制覇しに来ます~。



◆麺処 楠(くすのき)
住所:京都府向日市寺戸町西田中瀬2-15
営業時間:11:30~14:00 18:00~22:00頃 水休
TEL:非公開
関連記事

0 Comments

Add your comment