FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

京GYOZA 杏杏@花遊小路

2018
24
暑い!!と・に・か・く!やたらめったら暑い京都! このネタを書いている7/22の段階で、気温が38度超の日が8日連続、37℃超えは10日?と、もうよくわからないレベルに。そんな中、祇園祭の後祭を少しだけ覗きに行こうと、土曜日のお昼前に京都市内に飛び出たのだ。

京GYOZA杏杏1

で、まあ暑いので先に取りあえずランチ!といういつものパターンに突入。今回チョイスしたのは、最近京都市内では出店ラッシュの餃子専門店。お店の名前は杏杏(しんしん)、場所は花遊小路。四条通から新京極通に上がり一本目の路地を右に向くとこういうお店が見えてくる。 7/12オープンのニューカマー。

京GYOZA杏杏2

11:00開店で、ほぼほぼその時間だったのですが、看板が裏返してあったので、やっておられますか?と声を掛けるのだ。直ぐに気付いてくれて中に入れてくれました。店内は、こんな気軽な雰囲気。全10席ちょいほどですかねえ。ちょい飲みには非常に使い易い感じ。

京GYOZA杏杏11

メニューはこんな感じ、お得なセットものが色々、それに餃子の種類はかなり豊富。みかん入りみたいな超ド級変化球はありませんが、全8種類がスタンバイ。 で、取りあえず迷った時はセットでしょう?と、餃子が二種類、それに鶏空揚げとポテサラが付いてくる杏杏セット¥980と、生ビール!に枝豆、それに餃子1人前のホロ酔いセット¥980、それに単品のハイボール¥350でお得に済ませる作戦なのだ。

京GYOZA杏杏3

で、まずは冷え冷えドリンクでとりあえず土日の休日ランチに乾杯~なのだ。ビールに合うメニュー!でこのお店を思いついたのは見え見えですな汗汗

京GYOZA杏杏4

鶏空揚げはサイズは小ぶりですが、下味はシッカリ乗せてあるタイプでなかなか普通に美味しいのだ。2個付き。

京GYOZA杏杏5

で、更に枝豆と、柔らかめのポテサラが登場。ま、特筆すべき内容は特に無いのですが、まったり~。

京GYOZA杏杏6

まずは杏杏セットの餃子。九条ネギたっぷり餃子¥390、それに特選黒豚餃子¥430なり。餃子に九条ネギを添えてあるのはいいですなあ。5個単位なので軽呑みにはピタリ。

京GYOZA杏杏7

間髪入れず、更に紫蘇と黒豚ニンニク無し餃子¥480なり。見た目はほぼ同じなので、あまり面白くは無いのですが羽根は皆無、でもシッカリ焼きという余り他店では見ない構成。

京GYOZA杏杏8

超拡大割ってみました図。皮に特徴あり。底は若干厚めでしっかりかりりとした食感なのに、サイドはむっちり!した焼き上がりになるのですな、この皮は特注でしょうなあ。餡の肉感は強めでこれはかなり!好きな部類。 

京GYOZA杏杏12

で、テーブルには通常の酢醤油以外に、甘口の味噌があるのですが、それを醤油と酢で薄めて、適宜ラー油も入れろ!というガイドがあるのが珍しい。酢+胡椒もスタンバイ。

京GYOZA杏杏9

我々は結局この酢醤油か、酢+胡椒がお気に入りですな。生九条ネギが合う!という発見。ラー油も自家製のようで、とてもいい風味。お勧めいたします。尚、味噌タレも好きな人は確実にハマるでしょう~。

ま、この近隣の餃子店では特にお手軽系になるでしょうな。書いていないお店も結構ある餃子カテゴリーなのですが、我々は気に入った、とても気軽な一軒。また梯子酒の途中で寄ると思います~。
 
 
 
◆京GYOZA 杏杏(しんしん)
住所:京都市中京区中之町565-29 藤木ビル
営業時間:11:30~22:30(L.O.22:00) 
TEL:075-212-8880


京GYOZA杏杏10

あまりに暑かったので、夕方になって日が落ちるまでこちらの映画館に退避。しかしまあ、超テクニック満載で描く50代親父の妄想に2時間付き合う!のような映画でした。(良い意味で) 達郎の新曲が気分ヨシな同世代。。
関連記事

0 Comments

Add your comment