FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

京都 れとろ洋食 LOCAVOでランチ(6)@丹波橋

2018
30
8月は夏期休暇のおかげで外食機会が多くてネタが豊富ですので、珍しくblogがほぼ1ヶ月休み無し更新中!、が、流石にネタが尽きてきました汗汗。で、最近撮った写真を眺めていたら、一軒、夏休み中のネタで書き忘れていたのがありましたので、書いておきます。 
京阪丹波橋駅から丹波橋通の下り坂をゆるゆる下った先にある洋食店、ロカヴォ。ハンバーグに特化したお店なのですが、我が家から徒歩10分圏内、且つ非常に丁寧で好感の持てるお料理で、我が家でハンバーグ!と言えば思い出すお店。既にこのblog6回目の登場。我ながらどれだけ好きやねん!なのですが。

ロカヴォ1

今回も開店時間の11:00少し前に電話して空いているか確認しお店に。最近は休日はとても人気なので予約をお勧めします。マンションの1階で、この写真の左手奥にPAがあります。店内に。

ロカヴォ3

我々が初めての客だったのですが、PAがあるので4人ぐらいのグループでも使いやすい一軒。みるみるお客様が集まって4人組×3と我々で満席表示に。席数は20席以上ありますが、2人で回されているので一杯にはされないのだ。

ロカヴォ2

で、メニューを選定。こういう感じでハンバーグか、フライ物か、というランチメニュー。相方はハンバーグを変わったソースをチョイスし¥980、私は定番のハンバーグ+海老フライ¥1300を。(税別価格です~) ハンバーグは150gサイズのみで、大きいのが欲しい人はもう一つを¥450!で追加できる考えられた仕組みなのだ。

ロカヴォ8

まずはお料理を待つ間に、ハートランド中瓶¥580で休日に乾杯~!ということで。


ロカヴォ4

暫しの後、まずは私チョイスのハンバーグ+海老フライが登場。1プレート構成で、たっぷり目で野菜が豊富な付け合わせサラダ、それに半円形のものがむちむちした食感が美味しいピタパン。 当然、ライスもあるのですが、我々はこのお店ではピタパン一択のお気に入り。

ロカヴォ7

切ってみた図。肉汁がじんわり染み出てくる理想的な火入れ。旨さを倍増させるのは、オリジナルの黒デミグラスソース。炒めた玉ねぎ由来なのかベースは野菜の甘味と赤ワインだと思われるのですが、この甘くて独特なソースを食べにやってきております。やっぱり、ハンバーグには旨いデミソースが相思相愛!だよねえ、とニンマリ。

ロカヴォ5

相方の注文品がこちら。ハンバーグの塩レモン卸しソースなり。

ロカヴォ6

だはは、ちと笑っちゃう小さなマウンテン状態ハンバーグ。こちらは非常にあっさりしていて、デミグラスと食べ比べると面白いですなあ。。(が!どう考えても、黒デミのほうが原価が掛かっていると思うので、他のソースはもちょっとお手頃価格にして頂けると嬉しいです)

ロカヴォ9

我が家では、ハンバーグは具沢山ピタサンドとして楽しみことになっております。ちなみにピタパンは1個¥100〈半月形が2個)なので、カップルでわけわけすると嬉しいかと。(ライスで注文しても追加可能!)

しっかり、お腹パンパンでいい感じ。いやあ、ご馳走様でした。また近日訪問している気がします!。(夜、人を集めると色々面白いものが出てくるそうなので、それも、ちと興味あり・・・)
 
 
 
◆京都 れとろ洋食 LOCAVO (ロカヴォ)
住所:京都市伏見区舞台町5-1 マンション中川 1F 奥にPAあり。
営業時間: 11:00~14:00 【Cafe】 14:00~17:30 17:30~22:00(L.O 21:00)
TEL:075-756-0717

関連記事

0 Comments

Add your comment