FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Bistro四川食堂で、旨辛ランチ(2)@近鉄伏見駅

2018
04
台風24号のおかげでネタ少なめの先週末なのですが、金曜日にご近所にできた中華料理店に1人で行ったネタを書いたら、私よりも更に辛いもの好き相方が「明日のランチはここ!」と宣言。で、早速の再訪というわけで。お店の名前は「Bistro四川食堂」、駅の真裏側(南側)の細い住宅道路沿いにポツンとある中華バル的なお店。

四川食堂ランチ1

お店の外観は前回ネタをご参照あれ。9月に出来たばかりで看板は無いがカッコいいロゴが目印。お店に入ると前日の今日なのでご主人は私を覚えていてくれて、相方を連れて麻婆豆腐を食べに来た!と宣言するのだ。

四川食堂ランチ2

で、お休みですので、いつものごとく赤白グラス各¥500を頂きつつメニューを確認。昨日、担々麺は頂いているので、日替わりにしようと確認すると、今日はピリ辛の肉団子とのことで、それと麻婆豆腐!ということに。麻婆豆腐は本格四川風とお子様向け辛くないものがチョイスできる。前日、辛い物が好きだ好きだ!と猛アピールしていたので、「肉団子に入れる辛いのがありますよ!」と教えて頂く。

四川食堂ランチ3

麻婆豆腐は御覧のような角型の土鍋で、超!アツアツ状態でサーブされるのだ。 花椒の香りがたまりません~。

四川食堂ランチ5

でまあ、我が家ではこういう状態で頂くことになるのだ。結構深い土鍋なので量も十分ですなあ。ラー油、唐辛子の辛味もドウチの旨味も十二分! いや、激辛好きなら、程よいバランス、と言うかな・・お子様には不可能レベルですが。私には程よい辛味で、やはり期待通りで旨かったのだ~。相方も納得!

四川食堂ランチ6

で、こちらはランチについてくるおかず。太い春雨に揚げたての春巻き、それに塩辛過ぎない、程よい塩加減のザーサイ、というゴールデントリオ。ちゃんと美味しいです。

四川食堂ランチ7

で、本日の日替わりも登場。今日はこちらも土鍋入り。唐辛子が入っていなければほぼ広東系かも?な旨甘口な一品なのですが、そこはマニアックなご主人、こんな隠し技があるのだ。

四川食堂ランチ9

御主人がどうぞ~、とそっと出してくれた唐辛子の塩漬け的な辛味調味料。いやー、かなりな辛味ですが、ガツン!ではなくて、じわーと熱さがお腹に広がる系ですな。。美味しいです!(ほぼ、相方が食べましたが汗汗) 辛いのが好きな人は、アピールしてみましょう!

四川食堂ランチ8

付いてくる卵スープまで抜け目ないお味でちゃんと美味しいのだ。おまけじゃないですな。(個人的には、もう少々塩分控えめだと更に嬉しい汗)

四川食堂ランチ10

多分、御主人は京都中華料理界では顔が広い方なので、前日も、また今日も如何にもプロですよ!的なご夫婦がカウンターの反対側に座っておられたりするのですが、辛い辛い!と喜んでいる我々を見て、食べてみる?と一寸分けてくれた辛くないほうの麻婆豆腐。ちゃんと旨味満載で子供には超ウケしそうなのですが、我々にはなんとも頼りないお味でした(滝汗)。。

辛いもの好きな相方も「このお店は嬉しすぎ!」という感想。いやー、自宅晩御飯頻度が低下しそうな一軒。過去の日替わりランチでは、エビチリ!や回鍋肉!も登場した模様ですので、近隣でお勤めの方はお忘れなく、なお店ですな。 もちろん!また来ます~。

 

◆Bistro四川食堂
住所:京都府京都市伏見区奈良屋町1084-10
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:30 月休
TEL:075-748-8808



関連記事

0 Comments

Add your comment