FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

和み鉄板 きたで晩御飯(2)@伏見桃山

2018
30
またまた晩御飯なんて作る気力は無いよ!となった金曜日ネタ。最近、伏見桃山周辺で良いお店に遭遇する確率が高い我々。今回は焼き肉屋さんを目指すのですが、見事に満席。取りあえずディナー難民に。

きた1

で、今回はご飯を食べた後に、中書島にあるお気に入り日本酒バーを目指すのが第二の目的。その近所で思い付くところ!でやってきたのがこちら。 お店の名前は「和み鉄板 きた」、中書島~伏見周辺でも最近、特にお気に入りお好み焼店。二階は10名以上の団体客が入っているようで、カウンター席前のキッチンは正に戦場! カウンター席端っこに陣取るのだ。

きた2

取りあえず、メニューを選ぶ間に先にボトルワインを貰って暫しノンビリさせてもらうことに。前回も頂いたお手軽ハウスワイン白ボトルで¥2700なり。スッキリ系の白で呑みやすくCP良好です。

きた3

非常にメニューが豊富なお店で、日替わりメニューがこちら。大体、お酒のアテになるものですな。非常に我々向け。

きた9

前回ネタにはお好み焼メニューをアップしましたので、今回は鉄板焼き系メニューをアップ。字が小さくてごめんなさい。ざっと40種類ほどは常時スタンバっておられる感じですな。二階に宴会が入っているので早く出てきそうな厳選アテ4種をまず注文。

きた4

まず、チョイスしたの炙りユッケで¥760なり。既にお好み焼き店メニューではありませんが、どういう仕入れなのかいやあ~、ちゃんと旨し!なのだ。とろけますな。

きた5

お次は鉄板焼メニューなのですがひねりのある一品。とろろかき焼で¥730。目の前の鉄板にセットしてくれたお兄さんから「牡蠣は火が入っているので直ぐ食べられますが、焼くと美味しいですよ!」とアドバイス。具は焼き牡蠣と紅生姜、ネギぐらいでダシ入りとろろでまとめました!的な。刻み海苔を振りかけ頂くのですが、なかなか乙な味です。

きた6

牛筋煮込みは¥650。お得なお店なのにこれだけ少々高い?と思ったら、他店の倍ありそうなしっかり量! 辛味付けはコチジャン? 甘辛口&お肉はトロトロでウマウマですな。

きた7

で、お好み焼きの前に創作鉄板焼で変わったものを!と注文した「和み焼」で¥700なり。店名がついているメニューは率先して食べることにしているのですが、前回は見落としておりました汗。これは大きなお皿に乗って登場。

きた8

切ってみました。ほぼとろろな生地をしっかり焼いてあるのですが、具は豚肉、キャベツと紅生姜。それに目玉焼きを乗っけて、刻みネギたっぷり鰹ダシの餡を掛けて頂く趣向。お好み焼ではありませんが、これもなかなか美味しい。面白いことを考えられますなあ。ボリュームもしっかり!

結果、お腹は程良くポンポンで、〆はネギたっぷりのスペシャルネギ焼¥1000(有りえない超CPメニュー)で!という野望は見事に打ち砕かれた(汗)のですが、以上で白ボトル一本空けても¥5000チョイという大納得価格。いやはや使いやすいですな。また思い付いたら来ま~す!
 
 
 
◆和み鉄板 きた
住所:京都市伏見区西大手町315-4
営業時間:17:30~24:00 (L.O.23:00) 月休
TEL:075-622-0753
関連記事

0 Comments

Add your comment