FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

2018年紅葉記録その1 東福寺@2018.11.11

2018
11
季節ネタですので、久々に早めに書いてみる紅葉ネタその1です。 (とはいえ、今年はその2・3に続くかは微妙・・・2016年ネタはこちらからどうぞ

良い天気になった日曜日。数日前からFacebookの京都系ページでリアルタイム情報がアップされているのを眺めていると、今年はどうも紅葉が昨年よりちょっと早い感じ。折角なのでランチ前にちょこっと紅葉見物に行ってみる?ということに。

東福寺1

丹波橋の自宅から、京阪丹波橋駅へ。京阪の普通電車に揺られて11分、東福寺駅から徒歩5分ほどでこういうところに着くのですから、京都住まいは楽しいのですなあ。。

東福寺2

で、やってきました臥雲橋。東福寺の無料ゾーンで、紅葉シーズン以外は、普通にご近所さんが通行する木造橋なのだ。まだちと紅葉全開!には早いタイミングだったので、これぐらいのギャラリー。多分来週末や再来週の連休はこの200m前からぎゅうぎゅう詰めの人波になるのですな。。

東福寺3

2018年11月11日、11:00ごろでこういう紅葉レベルです。いやー、この数年ではもっとも早い紅葉でしょうなあ。。

東福寺4

当然、日陰はまだまったく紅葉していないのですが、日当たりのよい通天橋周辺(前に見えている橋)はなかなかな眺め。

東福寺5

まだランチ迄は時間があるので、通天橋を渡ってみよう!ということに。数年前からコースが変わっていて、入場料を払うとまず谷を下りてから、再度上がり、開山堂を見学して帰りに通天橋を渡って戻ってくる一方通行コースになっているのだ。

東福寺6

で、無事チケット購入。入山料は¥400ですが、この季節は値打ち有りまくり!ですな。

東福寺7

入り口わきのトイレ横(汗)の紅葉が、毎年度肝を抜かれるほどの真っ赤!な紅葉。いや、今年もここがベスト!でした。

東福寺8

通天橋と同じ高度の日陰のモミジは、まだまだまったくの青モミジ。お楽しみはこれからだ!なのだ。

東福寺9

が、すでに紅葉しているポイントはギャラリーで大盛況。

東福寺10

紅葉の木の葉は赤い色素で染まっていくのではなくて、緑の色素が寒くなって薄くなると、葉が赤くなるそうなのですが、そういう経過中なモミジがこちら。葉の先から色づいてくるのが面白い。

東福寺11

で、更に進むと、谷底から開山堂を目指して上るコースに入る。

東福寺12

全体的に紅葉度は30%、というところなのですが、こうゆう緑→赤のグラデーション進行中なのも好きなのだ。眼福眼福!

東福寺13

で、開山堂に。お庭周辺には座り込んでマッタリしているギャラリーが30名は居られましたかねえ。本当はゆっくりしたかったのですが、四条でランチ予約しているので、我々は足早に最強の紅葉ポイントへ移動。

東福寺14

で、我々は最後の見どころ、先ほどとは逆で東側にある通天橋から、西の臥雲橋を見下ろすビューポイントを目指す。

東福寺15

これぐらいの紅葉度。いやはや、これは綺麗! 超ぎゅうぎゅうではないので、まだゆったり写真ポイントを探す余裕アリ!です。

東福寺16

で、こちらは通天橋から、更に東側の東福寺方丈方面を眺めた図。こちらもそろそろ色づいている感じ。

というわけで、今年はいきなり全面が真っ赤!という色づきではなく、日当たりの良いところから順次色づいております!というような状況ですな。というわけで、今年は長い期間紅葉が楽しめそうです。多分、2週間後の3連休まで持ちこたえそうな予感。来週はどこにいこうか超!悩む~のだ。
関連記事

0 Comments

Add your comment