FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

タコシャン@出町柳

2018
26
三連休に突入する木曜日の晩御飯ネタ。やってきたのは京阪出町柳駅から歩いて5分ほどの河原町今出川交差点。百万遍周辺で仕事している相方と、仕事帰りの待ち合わせ場所にチョイスしたのがこちら。

タコシャン1

河原町今出川交差点南東角に、ま、一度見たら忘れないお店がある。お店の名前はタコシャン。店名はたこ焼きとシャンパンから来ている模様。名前の通り、「たこ焼きバル」なのだ。相方は私が出張中の仕事帰りにカウンターで呑んでいたりするらしい。 17:00オープンで、相方が仕事が終わるまで先に呑んで待っている作戦。 通常は木曜休なのですが、明日は勤労感謝の日なので開けておられたのですな。

タコシャン3

シャンパンはボトル売りで¥4480から、なので、お手軽なスパークリングワイングラス(確か¥450ほどだったかな)を頂きつつノンビリ。突き出しはしらたき明太和え的な。

タコシャン12

たこ焼きは当然あるのですが、相方が来るまでに食べていると恨まれそうなので、アテは無いかと確認。このように結構豊富なのだ。なかなか面白い構成ですな。

タコシャン4

で、お店にあれば食べているポテサラを制覇。¥390なり。マヨ系+フライドオニオン系な手堅いお味。突っついていると相方登場。

タコシャン5

泡グラスは速攻で無くなったのでたこ焼きに合うワインは赤・白どちら?ということに。分からなかったのでとりあえず両方注文(汗)の各¥580なり。白は甲州、赤は山梨マスカットベリーAと国産チョイスなのも面白い。

タコシャン2

で、たこ焼きメニューを検討。本日は生だこの仕入れが無い!ということで、下の昔ながらメニューからチョイス。どうせならあまり他で食べられないものを食べようと思ってしまう我々なのだ。

タコシャン6

まずは炙りチーズで¥550。焼きたてにチーズを振りかけ、ガストーチでばばばばーっと炙って、甘口ソースで仕上げ、という作戦。中はとろとろん、外はカリッとチーズも香ばしい。これは美味しいねえ、ということに。

タコシャン8

食べているうちにどんどんお客さんが集まって、あっという間に満席に。カウンター内の雰囲気写真。お若いお兄さんとフロア担当のおねえさんの2人体制のようです。

タコシャン7

で、たこ焼きをもう一皿。3種のカレーパウダー¥650なり。本当にカレーパウダーだけなのですが、これもなかなか乙なお味ですなあ。チリパウダーが結構ガツンと来るので慎重にどうぞ。もう少々食べたかったのですが、この後、ナイトミュージアムを見学に行く予定だったので、早めに切り上げ移動するのだ。  いやー、かなり気に入った一軒。 確実、この近隣で呑む際はまた寄らしていただく予定です~。
 
 
◆タコシャン(Tacosham)
住所:京都市上京区梶井町 446
営業時間:12:00~15:00 17:00~22:00 木休(祭日前営業?)+不定休
TEL:075-254-7254

タコシャン9

食後は、京都国立博物館のナイトミュージアムの見学に。大人気の「京のかたな展」の夜間鑑賞会にネットで抽選申し込みしたら、当たったのです。 実は2回目の見学(一回目は土曜日お昼時に有料で見ました。入館まで160分待ちでした汗汗)

タコシャン10

しかし、なんとも雰囲気ありまくりですなあ。何か出そうなほどに。

タコシャン11

当たり前ですが日中とは違いお客様は少なく、2時間ほどかけてゆーっくり見学。しかし、照明の下で艶めかしく輝く刀を見ていると、これは人を殺めたりできる武器なんだよなあと恐ろしくもなったりする不思議な体験。伊武雅刀さんの音声ガイドは必須!でした。
関連記事

0 Comments

Add your comment