FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

紅葉のZAC山荘の会 料理編(その2)@北白川

2018
01
で、こちらのZAC山荘会の続きです。今回、現場監督役で走り回っていたので全く写真を撮っていなかったので、参加メンバーの皆さんに写真をお借りしてご報告。全料理写真を出そうと思ったら自分の覚えのないものが多数出てきて(汗)、30枚超はありそうですので、2つに分けてご紹介。まずは肉料理編から。

ZAC山荘料理22

何はなくてもまずはお酒から。いつもSKさんが持ってきてくれるハートランドでまずは乾杯~!ということに。

ZAC山荘料理35

参加メンバーに肉大明神!肉魔人!の肉マニアDHさんが居られるので、牛肉系は食材仕入れから焼きまでがっつりお願いする。前回は焼肉的なものも用意したのですが、今回は徹底的に牛肉は塊肉を焼こう!という作戦。こちらは安曇野方面から仕入れられたイチボ、それにトモサンカク。計5kgほどですかねえ。BBQ台が非常に本格的でしっかりしたものなので、見事なファイヤーコントロールとともにいい感じで焼けていくのだ。

ZAC山荘料理15

焼き上がるまでにこれを食べておいて~!1人一切れ!とDHさん。イチボのカルパッチョなのですが、事前に肉の水分を程よく抜いてあるので塩とオリーブオイルだけで超!ウマ!

ZAC山荘料理12

なんとも艶めかしい焼き上がりですなあ。多分イチボ? 岩塩だけでウマウマ。肉が焼き上がると場がぐっと盛り上がるのだ。

ZAC山荘料理3

で、一部の牛肉、スイカ調達の鹿肉は事前に低温調理。(鹿肉は、前日からローズマリーとニンニク、オリーブオイルでマリネ済)
もちろん、低温調理機はDHさんが持ち込み。(アルミの20リットルクラスの寸胴鍋も・・・汗)

ZAC山荘料理30

ナイフ使いの名手、UMさんにお肉カットは全面的にお任せ状態。こちらはネット通販で仕入れた山口産猪。天然物ですので火をしっかり入れないと危ないので網焼きに。一部はじっくりと塊肉でローストポーク的に。

ZAC山荘料理10

見ているだけで涎! 野菜類等は最低限で別に用意している鍋料理で食べて頂くというメニュー編成。(しかし、まあ、こういう場では肉!肉!肉!ですよねえ汗汗)

ZAC山荘料理19

で、肉のインターバルに、KGさんに持ってきて頂いた練炭が熱源の酒燗器(いやー、アンティーク!)でシミジミ熱燗を頂いたり。焼き網完備ですので、イカやチーズをさっと炙ってアテにしつつ。なんとも風情ありですな。。

ZAC山荘料理11

で、昨年オオウケしたビール鶏。今回もNMさんの仕込みと見事な焼きで3匹分を用意。スパイスだけスイカ提案で、タンドリーチキン風と、スイカ家でいつも使っているガラムマサラ+しっかりホールクミンを。

ZAC山荘料理37

キッチン組メンバーにより速やかに解体され、皆の口の中に。アツアツなので旨くないわけがないわけで。

ZAC山荘料理32

様々な部位のお肉がこれでもか!と登場。これは某店から回して頂いた近江方面からのお肉のような・・・。超ウマ!

ZAC山荘料理7

豚ですが、愛農ナチュラルポークですから! いやー脂の旨味満載!なのはわかっているのですが、私は食べた覚え無し(汗)

ZAC山荘料理16

手前は低温調理の鹿?タタキ的な。鹿も山口方面から通販で取ってきたのですが、非常にお安くて想像以上にジューシーで旨かった~。結局、全ての肉で15kgほどはあったようなのですが、見事に!お肉は無くなったのだ。(本山葵があるのをすっかり忘れていて、気が付いたのが夕方ぐらい・・すみません~)

ZAC山荘料理18

お肉の合間にはBBQ台でチーズフォンデュ(これもDHさんの仕込みですなあ・・)

ZAC山荘料理36

IHでもチーズフォンデュを仕込んだのですが、ちと白ワイン入れ過ぎだったかな・・・ブランドジャガイモ、甘~いインカの目覚めやバゲット、それに豚・鹿ソーセージなどを合わせて。実は、今回のお料理のテーマが「世界の鍋料理!」だったのですが、一応、スイスの鍋料理。

で、その世界の鍋料理とアテ類編に続きます~。
関連記事

0 Comments

Add your comment