FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ラ・メール・ギキ@高辻通麩屋町東入

2018
26
クリスマスイブを含む三連休初日。前日夜は忘年会で、食べる系予定は最終日に入れているだけ。
で、朝、パソコンを眺めていたら神奈川県に移転するため閉店した「ラ・ターブル・オ・ジャポン」の跡地に南仏料理のお店がオープンしているのを発見。お店の名前は「ラ・メール・ギキ」、祇園にあるフレンチ「キャレドミュー」などにおられたシェフが独立して興されたようです。アップされていたオマールの写真にクラクラっとなり、速攻で予約電話。と、クリスマスディナー¥8000になりますが!いうことでお願いしたのですな。(クリスマスにレストランでディナーなんて何年ぶりだろう・・・)

ラメールギキ1

お店は高辻通沿い、麩屋町東入にある。ご覧の京町屋リノベ物件。ダイナミックな改装で一階はPA、二階屋根裏がレストランという建物なのだ。

ラメールギキ2

ラ・ターブル・オ・ジャポンは、傍に近寄らないと何のお店なのか解らなかったのですが、今回は大きな看板があるので、とても解りやすい。オマールだよね~、と思いつつ、急な細い階段を登り二階へ。

ラメールギキ3

基本、ラ・ターブル・オ・ジャポンと店内の印象は大きくは変わらないのですが、少々明るくなった印象。オープンしてまだ2ヶ月たらず。二人用テーブル5、カウンター席4、かな。こじんまりした、が、清潔でお洒落な空間。先客はカップル2組。現在は、シェフ独りで回されている模様。(ランチ時は奥様がフロアに入られることもあるようです)ここも隠れ家的と言えば非常に隠れ家のような雰囲気なのだ。

ラメールギキ4

取りあえず泡グラス¥700をお願いし、お料理を待つ。ワクワク!

ラメールギキ5

アミューズは、ご覧の玉子料理、ウフ・ブリュリエ。揚げガダイフが鳥の巣的なビジュアル。流石に鳥の巣部分は食べないのですが汗

ラメールギキ6

柔らかいスクランブルエッグにトリュフたっぷり! なのだ。

ラメールギキ7

で、速やかに出てきたパン。パリッとしたバゲットに、もっちりな自家製のイカスミパンという2種。添えてあるのが、ガーリックがほんのり効いたトマトと黒オリーブのペースト。これは、ついついパンが進みますな。(パンお代わりOKだったので、ソースを頂くため、ついつい2個づつ注文汗汗)取りあえず白だよね、とグラスのソーヴィニオンブランとシャルドネを注文。それぞれ¥600、¥750のお手軽プライス。

ラメールギキ8

で、前菜は鹿児島産ツムブリのカルパッチョ。合わせるのは九条ネギのソース。ツムブリなんて魚、初めて食べたように思うのですが、確かに鰤らしく脂のりのり!本鰤のようにむちむちっとした食感は無いのですがでとろける食感ですな。それに九条ネギ!を主張するソースにビネガーをまとった蕪の薄切りが合わさって良い仕事をするのだ。

ラメールギキ9

お次はクリスマスディナー用なのかフォアグラと大根のブレゼ。やわやわの大根に程よい濃度の甘口ソース。合わせるフォアグラソテーに茹で空豆、それに春菊の芽。間違い無さすぎなお味。

ラメールギキ10

で、これを食べに来ました。多分このお店では必殺技的スペシャリテ、オマールのビスクソース! ビジュアルも良好なのですが、とても柔らかい火入れでバッチリ!過ぎな一皿。旨味満載なのに重くないソースも、追加したイカスミパンで一滴残らず頂きました。激しくお勧めいたします。

ラメールギキ11

メインは鴨肉ソテー。シェフ曰く、あえて薄口に仕上げてあるので、添えてあるワイン塩で調整してくださいね!とガイドされる。ワイン塩を乗せると、ぐんと鴨肉の旨みが際立ってくるのが面白い。これも手堅いお味。

ラメールギキ12

デザートはクリスマスらしく、濃厚ガトーショコラと可愛らしいサンタ苺。こういうちょっとした工夫が嬉しい。珈琲と紅茶でまったりし、充実ディナー完了。フレンチを食べた!感しっかりなのにお腹はほどよくパンパンなり。シーフードにウエイトを置いているから、でしょうな。味付けもお上手です。

以上で泡2、白4とそこそこ呑んで¥21000という納得価格。酒飲みとしてはグラスワインが弱い(泡1赤白各2)のが少々残念なのですが、ビストロ価格設定。ディナー¥6000からあの!オマールが頂けるので気軽に来れるのが嬉しいですな。 更にランチは¥2500から!と更にお手頃価格。メイン付きの¥4500も検討中、とのことでした。夜はアラカルトもOKのようです。

オーソドックスなお料理ですが、雰囲気も良く上品なので、また来たくなって速攻で来年の予約を入れてしまいました。また、気の合う仲間にお声掛けし、やってくる所存です~。ご馳走様でした。
  
 

 
◆ラ・メール・ギキ (La Mer giki)
住所:京都市下京区茶磨屋町228-2
営業時間:12:00~15:00(L.O.14:00) 18:00~22:30(L.O.21:00) 火休
TEL:075-371-4343

関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/02 (Wed) 15:17 | EDIT | REPLY |   

suika_cotaro  

Re: はじめまして^^

鍵コメント様、お返事遅れてすみません~。


> スイカ小太郎さんはいつもどこから新しいお店の情報をGETしておられるのですか??i-101
> オープンして間もない…など最新のお店事情、情報のスピードが素晴らしくて…♪
> 差支えなければお教えいただきたいなと思いコメントさせていただきましたm(_ _"m)

実は、私がネットで初めて紹介したお店のネタというのは、ほぼありません。
大阪に住んでいた8年前までは、食べログ等々ネット上の情報源を読んで行ってみる
パターンが主だったのですが、最近は、Facebookで知り合った食べ歩き系な人から
お教えいただく場合が増加中です。現在はネット・人から教えてもらう比率が半々
ほどです。私の趣味を知っている、リアルに繋がっている人からの情報に勝るもの
はないですね。

食べログでも自分と同じようなお店に行って、同じような感想を持たれている書き手さん
をマークして参考にさせていただいておりますねえ。ちなみに食べログでお店情報を
「ニューオープン順」で見る機能がありますので、それで新しい店を探しています。

情報の少ない新店にも行くので、年に10~15%ぐらいは地雷も踏むのですが(汗)
基本、そういう合わないお店のネタを書きませんので、好きな傾向のお店ネタだけに
なっておりますね。

2019/01/05 (Sat) 11:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment