FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Obaseで初ディナー(2)@河原町三条

2019
09
1月4日のディナーネタを一つ。相方は今年初出勤で一人家でノンビリの日。ランチは家で簡単に済ませる予定で、夜は美味しいモノを食べようとお昼前からこんな日にやっているレストランを探す。

お手頃系なお店で心当たりに電話しまくるも、ことごとくNGでがっかりし、これは傾向を変えてみようと7軒目に電話した高級イタリアンの席が取れてしまうのだ。お店の名前はObase、京町屋で京野菜を出す走りのイタリアン、イル・ギオットーネご出身のシェフが腕を振るうカウンター席中心のお店。多分5回目ぐらいでディナーは初めて。ワクワクと店内に。(ランチでもいつもの調子で呑むと¥15000は行っちゃうので、それなりに覚悟しつつ汗汗)

obase1_20190107195940187.jpg

19:00予約で、既に入り口そばの2席以外は満席。カウンター席に入れてもらう。にこやかなシェフに「何回か来て頂いていますよねえ?」と言われ、気持ち良くなる単純な二人。

obase16.jpg

実は1年半ぶりの再訪。ランチは¥4800、夜は¥9000のコース一種類と1年半前より少々お高くなっておりました。(外で撮った写真)

obase2_20190107195941c35.jpg

相方は泡グラスから、私はグラスビール→速攻泡グラスにスイッチしつつ、お料理のスタートを待つのだ。

obase4_20190107195944c86.jpg

まずは目の前で静かに渋いケトルから注がれる、スッポンのスープが登場する。

obase5_20190107195945914.jpg

白いぷにぷにしたのが手揉みのモッツァレラ。これだけがイタリアン食材で、あとはスッポン、それに椎茸に牛蒡、白菜にぶぶあられ、長文屋の七味がガツンと主張。どことなく美味しい鍋ダシ的な完全ジャパニーズな一皿。思わずニンマリ。

obase3_20190107195942588.jpg

このお店、イタリアンなのに日本酒メニューも5種類ほどスタンバイしている日本酒飲みには嬉しい一軒。折角なので、魚料理が続く前半は日本酒を呑もうよ!ということに。で、私は石川の「農口尚彦研究所 山廃吟醸」¥950を、相方は山形は「上喜元 超辛 純米吟醸」¥800をチョイス。 ワイングラスで提供されます。7勺ほどかな。

obase6_20190107195947c81.jpg

鳥取産鰆のソテー(火入れ超軽め)なり。 Obaseの特徴的お料理で、ソテーした魚に大根餅を合わせているのが面白い。刻んであるのは日野菜の漬け物!という外し度合いも素敵。それに自家製唐墨、蕪や大根のマリネを合わせて頂く趣向。柚の香りがふわんと、一口ごとに変わる食材の組み合わせが楽しいのだ。 お上手ですな~。間違いなく日本酒なお味。

obase7_2019010719595562b.jpg

これもランチで類似のお料理はお見かけしているかも。アツアツの蟹のフイルム蒸し料理。透明な料理用特殊フイルムの中には、緑に紫に白など色々なブロッコリーと蟹身・蟹味噌・蟹ダシの濃厚三点セットがグツグツと。

obase8_2019010719595798c.jpg

添えてある黒トリュフを合わせるとぐっと高級なお味に。ソース補助のマッシュポテトが蟹の味を吸い込んで超旨。蟹味噌の風味濃厚なので、これも日本酒に合わないわけが無い!わけで。

obase9_20190107195958150.jpg

更に!イル・ギオットーネ系のお店では冬になると見かける定番パスタで、河豚と九条ネギのスパゲッティー二。ほんのり柑橘系の香り。白子も入っているオイル完璧乳化系。いやー、えげつなく旨し!ですな。やはり本日一!の皿。

obase10_20190107200000e69.jpg

で、私は更に日本酒で滋賀の「松の司 選別純米吟醸」¥900なり。相方は赤グラスにスイッチ。グラスワインは¥1200~と良いお値段のが多いので、酒呑みは日本酒がお得ですな汗汗)

obase11_201901072000014f7.jpg

で、肉料理は京都産黒毛和牛ヒウチのソテー。縮れているのなど色々なキャベツ、みかんとカシューナッツ。それらをまとめるマスタードソース。噛みしめると美味しい脂がじゅわわわーん。最近赤身肉ばかり喰っているのですが、これも間違いないお味で美味しいです。(やっぱ赤だな!と思ったり汗)

obase12.jpg

肉料理の後の締めは、牛テールと百合根、七草のリゾットという意外な進行。卵黄のエスプーマに黒胡椒しっかりで、洋風たまご掛けご飯的な感じなのですが、面白いですなあ。

obase13.jpg

口直しのライムのジェラート。チョッピリなのですが、これは他店のじゃりじゃりのグラニテのような感じではなくてねっとりした食感で、はっとするほど酸味・甘みが乗っていて非常に濃厚!大盛で欲しい!ほど。

obase14.jpg

林檎とバニラアイスのクレープ包み。林檎はタルトタタンほどしっかり飴色になるまで煮込んだもの。いやはやお腹パンパンでした。

obase15.jpg

で、珈琲でほっこりしお腹パンパン、大満足なり。2軒目はあの店、この店に呑みに行こう!という作戦は木っ端みじんに。

以上でグラスビール1、泡グラス2、日本酒グラス3、赤グラス1と結構しっかり呑んでしまい¥29000ほど。ま、このお値段なので自分達用リッチなお年玉!!なのですが、期待通り美味しかったです。比較的席も取りやすく、使い勝手は良好店。イタリアンと日本酒を合わたいなら推薦!ですな。 御馳走様でした、次回は季節変わりにランチに来ます~。 
 
 
◆Obase
住所:京都市中京区河原町三条恵比須町534-39
営業時間:12:00~13:30 18:00~21:30 水休
TEL:075-211-6918

0 Comments

Add your comment