FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

炭櫓@滋賀県近江八幡市

2019
23
春分の日のランチネタを一つ。何だかいきなり春めいてきた京都市内。折角なので早咲きの桜巡りでも!と思ったのですが、相方から春物の服を見に行こう!という魅力的提案。我が家では、そういう話になると、大体竜王方面に車を飛ばすことになっているのだ。 で、買い物前にランチでも!となって、久々に焼いた鰻が食べたいと思いつき、やってきたのは近江八幡市。竜王アウトレットから車で20分ほどで到着。

炭櫓1

お店の名前は、炭櫓(すみやぐら)、名古屋風鰻の巨大専門レストランなのだ。多分5年ぐらいぶりの再訪なのですが、過去、ここより大きな鰻専門店に出会ったことはありません。最近、京都マルイの八階にも出店されているのですが、我々は未訪問。

炭櫓2

エントランスを通ると、建物の周りを1mぐらいの高さの盛り土で囲んだ構造になっていて、その中はなんだか郊外の山村をイメージさせるような庭になっているのがお洒落。贅沢な土地の使い方ですな。
店内も、三カ所ぐらいのブースに別れていて全体は伺いしれないのですが、食べログによると全席で100席超!の巨大店。予約無しでも、ほぼ大丈夫なキャパシティ。入り口にある、昭和のお風呂やさんのような木札が鍵になっている巨大下駄箱に靴を入れ、店内に。

炭櫓5

四人席に案内される。11:00オープンで、30分程過ぎた時間帯。空いているな、と思ったのですが、鰻が売れる季節でも無いのに12:00過ぎにはどんどんお客さんが集まってきて、この規模で半数ほどの席が埋まるのだ。

炭櫓3

メインメニューがこちら。名古屋風ですので、一押しはひつまむし。特上は¥4000という良いお値段。特上鰻重も¥4000なので、色々食べたい人はひつまむしがオススメ。今時、全て税込み表示なのは嬉しい。

炭櫓4

サイドメニューもこういう鰻屋としては相当豊富な部類。写真は押さえておりませんが、鰻が食べられないのに連れてこられた人用に近江牛丼などのエスケープメニューもスタンバイという全方位体制なラインナップ。

炭櫓13

で、昨日痛飲していて(滝汗)、珍しくお酒を呑む意欲がないのですが、ご覧のように日本酒も完備しております。が、サイドメニューは食べてみたかったので、つい、二品注文。

炭櫓14

注文を受けてから鰻を焼いていると思われるので、それなりにお時間がかかるのだ。その時間待ち用に、テーブルに置いてある鰻小百科。良いサービスだと思います。

炭櫓6

まずは、う巻きで¥800なり。一度、鰻重の上にでーんと乗っけてみたかった!のですが、フワフワでなかなか美味しいのだ。

炭櫓7

さらに、普通これを注文したら呑むでしょう?な、肝焼きは¥800なり。最近、行く鰻店で全て見事に在庫切れで、なんだか久々に食べられたのですが、八個入りというしっかり量。火入れはしっかりで香ばしくウマウマ。

炭櫓8

で、15分ほどで特上鰻重が登場。鰻は関西風地焼きで蒸し行程が無いタイプが一匹分。ご飯は少な目で、私的にはこれぐらいでOK。香の物に肝吸い、それに鰻入りの超熱々茶碗蒸し付きという構成。(肝吸いは特上にしかついていないので、これにしたのですな汗)

炭櫓9

粉山椒が無い鰻屋なんて!派ですので、あればシッカリ掛けてしまうのですが、地焼きにしては皮は柔らかめで、身はほっくら、香ばしい炭の香り。期待以上に美味しく、ニコニコと頂くのだ。若干甘口傾向ですが、なかなかイケております。

炭櫓10

こちらは相方注文のひつまむし全景。こちらも茶碗蒸し付き。

炭櫓11

絶対こちらの方がご飯が多く、食べ応えあり!だと思います。これぐらいの少量なら5膳は取れます汗汗。 お茶碗によそって、まずはそのままで、更に刻みネギと山葵を添えて、さらにダシ茶漬けでと、三パターンの楽しみ方が出来るのが嬉しい。個人的には、鰻は熱々を鰻重でワシワシ頂くのが好きなのですが、ダシ茶漬けはたまに食べたくなる魅力的メニューですな。

炭櫓12

ゆっくりニコニコと頂いている相方に、「少しだけダシ茶漬け頂戴ね!」とお願いし、肝吸いのお椀に二口だけ分けてもらう汗。いやー、最高の〆に大満足でした。


鰻価格大高騰中なこのご時世。このランチで¥10000ほどになってしまうのですが、万難を排しても、たまに鰻はしっかり頂きたい!と思う今日この頃、並ばなくてもスルッと入れる良店。多分、我が家では竜王アウトレットとセットでまたやってくると思います。御馳走様でした!




◆炭櫓

住所:滋賀県近江八幡市音羽町26
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:00(L.O.21:30) 年末年始休
TEL:0748-31-3325

関連記事

0 Comments

Add your comment