FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

花鏡@三条通神宮道東入ル

2019
31
2週間ぶりのご無沙汰、¥5000ぐらい和食ランチ巡りネタ2019年版、その7です。その1がかじその2が観山、更にその3がいいもり、それにその4が悠々その5がさかいその6は藤井
で、今回のターゲットは、純和食では無くフレンチエッセンスを組み込んだ懐石料理が頂ける「花鏡(かきょう)」なるレストラン。丁度、桜が咲き始めるころなのでどうかな~、と3週間以上前には予約したのだ。生憎の空模様の中、地下鉄東山駅を降り三条通を東に。粟田神社の鳥居の前を通り過ぎ50mほどにこういうお店が見えてくる。

花鏡1

東山駅から徒歩5分ほど。マンションの一階にあり、こういうさり気ない雰囲気。12:00予約ピタリに今日初めての客として店内に。

花鏡2

上品で趣味の良い内装ですな。和食店ではなくフレンチレストラン的。ご主人は祇園の匠奥村に居られた方で、シニアソムリエで唎酒師の資格もお持ち。どちらかというと和食より洋食系好き且つ日本酒好きな我々ですが、どんな感じかな~とわくわくしつつ。

花鏡3

我々はこのカウンター席に。他に4人掛けテーブルが1かな。詰めれば全16席ですが、本日はカップル2組に5人グループで満席表示でした。ランチは¥5000コース1種類なのですが、私以外のお客様は全員妙齢のマダム客のみで、ランチは女性が自腹で来たくなるお店ということなのでしょう。

花鏡4

休日を輝くものにするため、呑む気満々!(汗)で、メニューを確認。日本酒も御覧の通りで、京都の地酒を中心に置いておられる。字が小さくて読みにくいので詳細を確認したい方は我がFacebookタイムラインをご参照(滝汗)

花鏡5

で、グラスシャンパーニュ¥1500(Royer Champagne Cuvee de Reserve Brut)を頂きながら、ワクワクとお料理を待つのだ。

花鏡6

まずは、カウンター上に前菜(八寸かな・・)の見事なプレゼンテーション。思わず「わ~っ!」と声が上がる春の賑わい。

花鏡7

取り分けました。手前左から蛍烏賊辛子酢味噌、菜の花と車エビ、胡桃胡麻ソース+ピーナッツ、奥が山葵菜・うるい・芹のお浸し、筍の木の芽和え。やってきました春!ですな。

花鏡8

で、バゲットが添えられているのがフレンチ懐石。オリーブオイルではなくてヒマワリ油、それにあおさを練り込んだバター、という微妙な外し具合も面白い。写真を忘れましたが、途中でむっちり系フォカッチャも頂けました。

花鏡9

お酒が無くなったので、シェフにお任せの日本酒をお願いする。我が街、伏見から「英勲 純米大吟醸 生原酒」なり。普段こういう良いのはあまり呑みませんが、呑みやすくてするすると行けますなあ、危険危険。

花鏡10

お次は純和風。蛤しんじょう、それに筍と若芽の椀物。ほんわりとした鰹だしが、それに筍から良いダシが出ますな。ほっこり。

花鏡12

お次は洋風。鯛のカルパッチョですが、ソースはオイルをぽってり乳化させたドレッシング的な甘酢系で、桜の香りをつけたもの。

花鏡13

更に洋風。甘ーい人参のピュレに、濃厚コンソメジュレ+生雲丹+焼き帆立貝柱。間違いないお味。

花鏡14

お次はお肉になりますが!ということなので、日本酒でしっかり目なのを、とお願いしだして頂いた「新政 Colors Ecru (生成) あきた酒こまち2018」なり。こなれた味わいでこれまた美味しい。(とはいえ、これで¥1500とは取りますな汗)

花鏡15

佐賀牛ですが、いい感じの火入れ。添えてあるのは春野菜の天ぷら(フキノトウ、スナップエンドウ、蕾菜?)、黒大根に牛蒡のバルサミコ&赤ワイン煮という充実度。本日一がコレ。

花鏡16

食事は炊き立てご飯。それに赤ワインを使った牛しぐれ煮、お漬物という布陣。なんとご飯お替りOK!なのですが、流石に腹パンでお願いしませんでした汗。

花鏡17

で、つい、こういうことをしたくなりますな。胡麻と生姜が非常~に効いております。大満足の食事の後は、甘いものが3連続で続くという、何皿なんだよ!構成です。

花鏡18

大ぶりのぐい飲みほどの可愛い器に、フルーツカクテル的な。苺にリンゴ、ブルーベリーにキウイにパイン、上からオレンジジュレという布陣。

花鏡19

更にヨモギのロールケーキは生クリームに苺と餡、アイスクリームはニッキが効いた生八つ橋味。

花鏡21

最後は、小菓子と玉露か珈琲を頂いて、ほっこりランチ完了~! シェフ2人+フロア1名の3名体制で回しておられるのですが、この皿数で1時間50分!というテンポの良さ。酒代が良いお値段なので、以上で¥21000ほど。とは言え、この構成で呑まないなんて我が家ではありえないので、納得かな。和食でもワイン派な人にもいいんじゃないでしょうか。

当日は他テーブルのマダムグループのおかげで、なんだか超賑やかで、わいわいと楽しいランチになりました。ご馳走様でした!
 
 
 

◆花鏡(かきょう)
住所:京都市東山区三条白川橋東入4丁目中ノ町203 schilf神宮道 1F
営業時間:12:00-15:30 18:00-22:30 不定休
TEL:075-771-3322
関連記事

0 Comments

Add your comment