FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

オーボンモルソーでランチ(2)@河原町通三条上ル

2019
20
最近、ちょくちょく書いております、平日一人ランチネタをひとつ。またまた用事が重なりお休みした日。場所は三条辺りで取りあえず一つ目の段取りを済ませたら丁度ランチ時。取りあえずお腹はいい感じに減っていて、どこかで何か食べよう!ということに。

ボンモルソー1

何だかお肉系なモノで、ワインなど頂ければ良いな!とやってきたのがこちら。フレンチ食堂のオーボンモルソー。時間は11:50ほどで、中を覗いたら前客はまだ1組だけ。全然席が空いているので一人で行けますか~?と確認し、一番奥のテーブル席に。

ボンモルソー2

が、よく見ると予約なのか、ほとんどの席にカトラリーがセットされていて、実際、予約で満席だったのだ。更にランチは12:00オープン汗汗で、たまたま早めに開けておられた模様。私1人が滑り込みセーフ!の客だったようです。

ボンモルソー3

で、ランチはお手軽なサンドイッチ系のメニューや¥2000のプリフィクス、それに夜のアラカルトまで注文可能という柔軟性のあるシステム。1年前に相方とやってきた際には、ランチでアラカルトで注文して有り得ないほどお腹いっぱいだったのを思い出し、今回は¥2000ランチをお願いするのだ。(前回頼んだタルタルステーキに後ろ髪をひかれつつ・・・汗)

ボンモルソー5

当然、お休みは呑む!ことにしておりますので、お手軽カラフェがあるのが嬉しいのですが、今日は大人しくグラスで注文。ソーヴィニオンブランのビオで¥600だったかな。。

ボンモルソー4

で、ワインを呑みつつお料理を待つ。カトラリーレストがなんだか可愛らしかったので、ついパチリ。
12:00を超えた時点で、お客様がどんどん、それも女性同士のカップルかグループ客が集まりだして、私が出る12:45には私以外のお客様が全員女性で満席になりました。平日なのでどえらい人気です。

ボンモルソー6

前菜はさっぱり系な小エビのサラダ。御覧のようにしっかり野菜が取れる健康的な一品、それにグレープフルーツのような、爽やかでほのかな苦みが非常に美味しい。ワインがガンガン進みますな。

ボンモルソー8

パンの出し方が変わっていて、薄切りのカンパーニュが紙袋に入って出てくるのが面白いのだ。ソース類を根こそぎ頂けるタイプで、好みです!

ボンモルソー10

メインは+¥500のハラミのステーキをお願いしました。いやー、前回来て分かっていたのに、ここでステーキ的なものをお願いすると、こういう感じでフレンチフライがてんこ盛り盛りなのを失念しておりました。某ハンバーガーチェーンのLサイズぐらいの量がステーキの下に敷かれている。絶対に腹いっぱいで客に帰ってもらおうという強い意志を感じますな(笑)。。 当然赤グラスでカリニャンのビオ¥500も注文。

ボンモルソー11

ステーキは甘くなるまでしっかり炒めた玉ねぎを使った赤ワイン系のソースで「シャリアピンステーキ」のような感じ。柔らかくて、火入れも程よく美味しいですな。量的にも十分で(120gはあるかな・・)これまた赤ワインが進む感じ。ポテトも程よい塩加減で、ついつい頂いたのですが、お腹パンパン!なりでした汗汗。

ボンモルソー12

お茶は別ですが、しっかりデザートも付いております。本日はブランマンジェでした。ほっこり。

おっさんが、1人で昼ワインをたしなむには程よい感じなのですが、お客さんが女性ばかりなので少々浮きますな(滝汗)。とはいえ、このボリューム感とお味なので、空いていればお邪魔したい一軒。ご馳走様でした、次回はまたタルタルステーキを食べに来ます~。

 


◆カフェビストロ オーボンモルソー
住所:京都市中京区河原町通三条上ル東入恵比須町534‐1
営業時間:[朝] 8:00~10:00 [昼夜] 12:00~24:00 月一不定休
TEL:050-559-8100
関連記事

0 Comments

Add your comment